【WH厳選】おすすめサプリメントまとめ

【アーノルドクラシック2018】メンズフィジーク結果:アンドレファーガソン優勝、レイモントエドモンズ2位

メンズフィジーク

アーノルドクラシック2018、メンズフィジーククラスの結果です。

  1. アンドレ ファーガソン
  2. レイモント エドモンズ
  3. ブランドン ヘンドリクソン
  4. ローガン フランクラン
  5. ジョージ ブラウン
  6. スティーブン カオ

2018 Arnold Classic: Andre Ferguson Wins First Arnold Men’s Physique Title

アンドレファーガソンが優勝

出場者28人中、トップ6はすべてアメリカの選手という結果になりました。

1. アンドレ ファーガソン

アメリカ
賞金:5000ドル(約52万円)

ミスターオリンピア2017「メンズフィジーク」ではジェレミーブエンディアに敗れ、2位だったアンドレファーガソン。
ここへきてアーノルドクラシックのビッグタイトルをゲット。この勢いでミスターオリンピア2018でジェレミーを打ち破れるか。

関連記事:ジェレミーブエンディア、手術から復帰後の脚トレーニングを公開

2. レイモント エドモンズ

アメリカ
賞金:2000ドル(約21万円)

ミスターオリンピア2017では4位だったレイモントがここへきて上がってきましたね。
手足が長く、全体的なバランスがとても良いまさにメンズフィジーク的な身体をしています。
ミスターオリンピア2018にも必ずエントリーするでしょうから、ジェレミー、アンドレとの戦いに割って入れるか、期待大です。

3.ブランドン ヘンドリクソン

アメリカ
賞金:1500ドル(約15万円)

アーノルドクラシック2016の優勝者、ブランドン。レイモントの勢いに押されたか。
個人的に好きな選手なので頑張っていただきたい。

4.ローガン フランクラン


(写真右)

アメリカ
賞金:1000ドル(約10万円)

ウェストが非常に細く、バランスの良い筋肉をしていますね。

5.ジョージ ブラウン

アメリカ
賞金:1000ドル(約10万円)

腹筋のブロックが大きく、分厚いです。

6.スティーブン カオ

アメリカ
賞金:500ドル(約5万円)

IFBBプロとして、アーノルドは2回目のショー(コンテスト)だったというスティーブン。それで6位を獲ってしまうあたり、将来性を感じます。
アジア系というのも日本人からすると応援したくなるところ。

スコアシート

アンドレファーガソンが断トツで優勝というわけでもないようです。レイモントとの差は4ポイントなので、ミスターオリンピア2018ではひっくり返る可能性もありますね。

  • アンドレファーガソン:6点
  • レイモントエドモンズ:10点
  • ブランドンヘンドリクソン:15点

 

スコアシート

スコアシート

動画:ファイナル審査

ひとこと

「アンドレファーガソン」と「レイモントエドモンズ」がデッドヒートを繰り広げたアーノルドクラシックになりました。

彼らはミスターオリンピア2018にもエントリーしてくるでしょう。

そこで気になるのは、絶対王者「ジェレミーブエンディア」の手術からの回復具合。
どこまで身体が戻り、進化するのか?

おもしろい三つ巴の戦いになりそうです!