>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

アナバイトの効果・飲み方を解説。オススメだが、競技者は注意

アナバイトパッケージ

ビタミンやミネラルは、筋肉をつくるのに重要な栄養素ですが、BCAAなどのように「その場ですぐ効き始める」サプリメントではありません。

体感しにくいために、大切なのにも関わらず、軽視されがちです。

ですが、今回紹介するギャスパリニュートリション社の「アナバイト」は、ビタミンミネラルサプリにしては体感が強い方だと感じました。

特徴としては、

  • 豊富なビタミンとミネラルが配合されている
  • 体脂肪を減らす成分が配合されている
  • 疲労回復をサポート

など、一般的なビタミンミネラルサプリより、ひとつ抜けたハイスペックになっています。ただし、アナバイトを摂取した選手がドーピング違反になったことがあり、ドーピングテストの予定がある人は摂取を控えたほうがいいでしょう。

今回は、アナバイトを一定期間使った感想と、成分の特徴、メリット・デメリットを紹介していきます。

マックス

がっつりレビューして、メリットもデメリットも書いているぞ! 

アナバイトを2年以上使って感じた効果

スクリーンショット 2015-05-13 22.48.40 1

私がアナバイトを初めて使用したのは2015年4月。効果の良さを感じて、2年以上使用しています。

当サイトではサプリレビューが多いため、アナバイトを使わない時期もありますが、やはりトップクラスの製品だと感じますね。

ということで、さっそく私が感じた効果を見ていきましょう。

トレーニングの疲労が軽減。朝起きるのが楽になった

普通のビタミンミネラルを摂取して目覚めると、「まあそう言われてみれば、なんとなく体が軽いかな〜」くらい。

アナバイトだと、「体軽っ!!」と、はっきりと違いを感じます。目覚めがまったく違いますね。

おそらく、トレーニングで激しく追い込む人ほど、その効果に驚くと思います。デッドリフトやスクワットをした後って、他のエクササイズとはまったく違う「ぐったり感」があるんですよね。でも、それが軽くなる。私は筋肉を大きくはしたいですが、別に疲労感は欲しくないのです…。

「ボディビルダーをターゲットにしたサプリだけあるなぁ」と関心しました。

私と同じく疲労回復を体感してる人のクチコミも発見。

体が軽く絞れたような感じに。減量中にも使えるかもしれない

脂肪燃焼効果がある高純度の「カルニチン」が配合されていて、3粒(規定量)飲むと、代謝が増えるのか、汗の量が増えました。

ギャスパリニュートリションと契約をしている、プロボディビルダー「山岸秀匡選手」は、「アナバイトをオフシーズンに飲むことで、余分な脂肪がつかなくなった」とのだとか。

カルニチンには体脂肪を減らすサポートをすることは科学的に報告されているため、多少なりとも効果はあったのだと思います。

参考:Boosting fat burning with carnitine: an old friend comes out from the shadow | NCBI

とはいえ、がっつりの減量用ではないため、あくまでも副次的な役割ととらえておくのがいいのかなと。

尿が少し黄色くなる

アナバイトを飲むと、尿が黄色く、そして臭くなるかもしれません。しかし、ご安心を。これは摂取したビタミンB2を、身体が吸収しきれないから排泄しているだけです。

水をたくさん飲んでいれば特に心配はいりません。むしろ、栄養がしっかりと含まれてる証拠です。

ベータアラニンでパワーを発揮

ベータアラニンとは、もともと私たちの体内にあるアミノ酸のこと。筋肉の疲労軽減や、筋力アップなどの効果が報告されており、アメリカ産のサプリには多く採用されています。

アナバイトにもベータアラニンが配合されており、トレーニング前に飲むことでトレーニングパフォーマンスの向上をサポートする働きがあります。

個人的に、2018年で試したサプリの中で、ベータアラニンは体感がトップクラスに良かったですね。

関連:確かに感じた筋力アップ:オールマックスのベータアラニン(Beta Synth™)レビュー | ワークアウトハッカー

皮膚がピリピリするのはベータアラニンが効いてる証拠。副作用ではない

アナバイトを摂取すると皮膚がピリピリする感覚があります。これはベータアラニンの摂取によって起こる現象です。

体に特に害はないとされており、心配することはありません。むしろ慣れてくるとこのピリピリ感が少しやみつきになってきます。

それでも気になる場合は、ベータアラニンが含まれていない国産のビタミンミネラルを使用するといいでしょう(後述)

ステロイドの危険性:スポーツ競技者は注意が必要!

以前、アナバイトを使用した競輪選手がドーピング違反になりました。その選手は、5年以上アナバイトを使用し、それまで問題がなかったのに、2017年のステロイドテストで違反判定だったそうです。

原因は、「コンタミネーション(異物混入)」が発生したからと推測できます。コンタミネーションとは、サプリの製造工程で、たまたま他の成分が混ざることです。ギャスパリが意図的に配合したとは思えませんが、ドーピング違反になってしまったと。

すべてのアナバイトにステロイドが含まれるわけではありませんが、ギャスパリの製造管理の甘さが露呈してしまったかもしれません。たまたまコンタミネーションが発生してしまったとはいえ、違反は違反です。ドーピングチェックがあるスポーツをしている人は、摂取を控えたほうがいいでしょう。

生殖障害があるのは本当なのか?

アナバイトの販売ページには、こう書かれています。

カリフォルニア州での発表では、本製品には先天異常や生殖障害の原因となる化学物質が含まれています。

アナバイト(iHerb)

カリフォルニア州独自の規制によって、上記のように記載するルールがあるようです。どう判断するかは個人の自由ですが、私は摂取している間に、子作りをして、無事産まれました。とくに問題もなく、少し困るくらいわんぱくに育っていますよ。

アナバイトの飲み方と摂取量

アナバイトの飲み方は、1回3粒とメーカーが指定しています。

ですが、私は3粒だと多すぎる(そして節約したい)ので、1回2粒にして、以下のタイミングで摂取しています。

アナバイト:摂取タイミング
  • 朝食後(2粒)
  • 昼食後(2粒)
  • トレーニング後(2粒)

合計すると6粒です。

「摂取量を減らしたら効果が減るんじゃ?」

と思われるかもしれませんが、私の場合、3粒でも2粒でも体感はあまり変わりません。

トレーニングで脂肪燃焼効果を得たい場合は、3粒飲むとカルニチンを1000mg摂取できるので、トレーニング前に摂取するといいでしょう。

注意
カルニチンなので、この効果を狙う場合は、朝などの空腹時に飲むといいとされます。ただ、人によっては気持ち悪くなる場合があります。その時は粒を減らすか、空腹時には飲まないようにしましょう。

アナバイト パッケージ

アナバイトの全体写真

パッケージの色が少し暗いのは、日光で成分が変わらないようにするためだと推測しています。プロテインのパッケージがだいたい銀色なのと似たような感じで、サプリメントは太陽光でも成分が変わることがあります。

アナバイトの蓋

フタは押してから回すようになっています。小さな子どもが間違えて開けないようにしてるんですね。うちの子(当時1歳)はなぜか簡単に開けちゃいましたが(笑)

アナバイトの粒

アナバイトの粒は黄色。海外製だけあって大きめですが、表面がツルッとしてるので飲みやすい。大きいぶん、国内産よりは栄養素もぎっしりと詰まっています。

アナバイトは180粒入りで、1回で3粒の摂取が推奨されています。1日2回飲めば6粒を消費するので、約30日分のアナバイトが含まれていることになりますね。

次は成分をじっくり見ていきましょう。

アナバイトの成分を細かくチェック

アナバイトの成分表はこちら。

成分配合量
ビタミンA5000IU (1.65mg)
ビタミンB115mg
ビタミンB220mg
ビタミンB610mg
ビタミンB12250mg
ナイアシン50mg
ビタミンC250mg
ビタミンD1000IU (0.025mg)
ビタミンE30IU (30mg)
ビタミンK45mg
葉酸200mcg
ビオチン300mcg
カルシウム121mg
パントテン酸カルシウム50mg
リン58mg
ヨウ素75mcg
マグネシウム200mg
亜鉛15mg
セレニウム35mcg
1mg
マンガン1mg
クロミニウム60mcg
モリブデン4mcg
カリウム49mg
ベータアラニン1600mg
カルニチン1000mg
ホウ素25mcg

(1000mcg =1mg)

さあ、この中でも注目すべき成分をピックアップしていきます!

カルノシンのブランド「Carnosyn® ベータアラニン」を使用

さきほどもお話した「ベータアラニン」ですが、ギャスパリはベータアラニンの最高ブランド「Carnosyn® ベータアラニン」を使用しています。

簡単に言うと、あらゆるベータアラニンの中でもっとも研究されており、信頼度が高いベータアラニンです。

CarnoSyn® beta-alanine is a leading ingredient in sports nutrition formulations and the only beta-alanine licensed under NAI’s global patent estate for use as a human dietary supplement.

CarnoSyn® – The Alpha of the Betas

ベータアラニンは、プレワークアウトサプリなど、トレーニングパフォーマンスを上げることを目的としたサプリに配合されているのが一般的です。しかし、それをビタミンミネラルサプリに入れてしまうあたり、さすが元ボディビルダーのギャスパリ社長は考えることが違うなと感心しました。

ベータアラニンの効果
  • いつもより強い力を出せる(筋肉の収縮が大きくなる)
  • 疲労も抑えてくれるので、レップ数が多くなる
  • 抗酸化作用があるので、疲労の回復に良い
  • 力いっぱいの状態をキープできる効果がある
参考 イミダゾールペプチド日本補完代替医療学会誌

つまり、筋トレをするなら「ベータアラニン」を摂取しておいたほうが絶対にお得ってことなんですね。また、クレアチンモノハイドレートと同時に摂取することで、クレアチン単体を摂取するよりも大きなパワーを発揮することがわかっています。

カルニチンのブランド「カルニピュア」を使用

サプリ業界では、カルニチンといえば「カルニピュア」です。「CarnoSyn® 」と同じように、カルニチンサプリメントの中ではもっとも信頼されており、各サプリメーカーが採用するのはほとんどがカルニピュアなんです。

カルニチンは、従来であれば「脂肪をエネルギーに変える」という機能が目立っていたのですが、他にも色々な効果があります。

カルニチンの効果
  • 筋肉の分解を防ぐ
  • 脳の働きを活性化する
  • テストステロンレベルを高める

つまり、筋肉をつけるには欠かせない成分なんですね。

なぜ、ビタミンミネラルは筋肥大に重要なのか?

「筋肉を大きくするのにプロテインが大切」ということは、多くの人が知っています。しかし、ビタミン・ミネラルの重要性について理解している人は少ない。ここでは、ビタミン・ミネラルが「なぜ筋肥大に大切なのか」について解説します。

テストステロンの分泌を促す「ビタミンD」

ビタミンDが血中に多いと、筋肉を成長させる作用のあるテストステロンのレベルが高くなるということが研究でわかっています。

つまり、「筋肉をつけたいのならビタミンDもちゃんと摂取しないとね」ってこと。

筋肉に関するビタミンDの重要性に焦点をあてた2つの研究を紹介しよう。一つはドイツの研究で、血中のビタミンDレベルが高い男性のほうが、テストステロンレベルが高く、性ホルモン結合グロブリン(テストステロンに結びつき、同化作用を妨げる働きを持つ)のレベルが低いことが認められた。性ホルモン結合グロブリンのレベルが低ければ、より多くのテストステロンが筋肉の受容器に結びつき、成長を引き出すことができるのだ。

引用:xfit—体づくり、フィットネスのためのトレーニング・栄養情報 – ビタミンDは筋肉づくりの重要ビタミン

なんか難しそうなことを言っていますが、つまりは単純に「ビタミンDは筋肉を増やすホルモンを増やしますよ」ってことなんですね。

ビタミンDを多く含む食品は、シャケ、さんま、マグロなどの魚系に多いです。

でも、海産物が豊富な地域に住んでいる人以外は、なかなか魚って食べる機会ないんですよね。サプリで補助的に摂るのが賢い選択でしょう。ちなみにビタミンDが不足すると、筋肉や骨が弱くなっちゃうと言われているので注意してください。

ビタミンB群(1、2、6、12)

体内でたんぱく質を作るときに必要だったり、炭水化物や脂肪をエネルギーに変換するのに必要だったりします。

「筋トレの後に大量にビタミンB群を摂取すると、筋肉痛が減った」

引用:ビタミンのすべて: 山本義徳 業績集 6

クロム、亜鉛

ブロッコリーに多く含まれるクロムや、牡蠣などに含まれる亜鉛は、炭水化物、たんぱく質、脂質の代謝になくてはならないミネラルです。

また、クロムと亜鉛はミネラルの中でも「インスリンの力を高める」作用があることもわかってます。

インスリンは筋肉を作る働きがあるホルモンと言われていて、筋肥大をしたいならインスリンをいかに分泌させるかが鍵になります。

プロのボディビルダーの中にはインスリン分泌を高めるために、「インスリン注射」を打つ人までいます。もちろんこれはドーピング違反。しかし、それだけインスリンの筋肥大効果が認められているという証拠でもあります。

話を戻しますが、クロムや亜鉛を摂ることは、インスリンレベルを高めて筋肥大を促すことに繋がるということです。こういったミネラルは軽視されがちですが、トレーニーには必須です。

ビタミンC

ホルモン、たんぱく質の合成に関わる栄養素です。免疫機能を上げる効果も確認されてます。筋肉づくりにはとっておきたい栄養素ですな。ただすっぱいだけではありません。

ここまでをまとめると、たんぱく質をたくさん取ったところで、体内で分解され、筋肉に合成されなければ意味がありません。それを助けてくれるのがビタミンミネラルなんですね。

ポイント
タンパク質をたくさん摂取するなら、ビタミンミネラルも摂取しよう。

普通のビタミンミネラルサプリを買うよりも安い

こんなにギャスパリの魂が感じられるアナバイトが、非常にコスパが高いです。

国内産よりも良い成分を使ってて、さらに安い・・・。

危険性を考慮するなら、国産サプリを使おう

さきほども言ったように、アナバイトを使用した選手がドーピング違反になりました。

そもそも、アナバイトだけではなく、海外サプリはドーピング違反の可能性が常につきまといます。ドーピング検査がある競技をする人は、国産のサプリを使いましょう。

国産のビタミン・ミネラルサプリだと、以下の2つがおすすめです。

VIVO:国産で最高品質のビタミンサプリ

国内のビタミンミネラルサプリでトップクラスなのは、HALEOの「VIVO」です。

コストは高くつきますが、効果は確実。私の中ではアナバイトに匹敵するといってもいいくらい、体調が良くなりました。もし私がお金持ちなら、毎日摂取したいサプリですね。

関連:元サプリメーカー社員が解説!筋トレサプリで本当にオススメできる最強12選

ビタマックス:必要な成分を十分に取れる、コスパ最高のビタミン・ミネラル

VIVOの品質は最高級ですが、そのぶん価格も最高級・・・。

コストを抑えつつ、必要最低限の成分を摂取したいなら、バルクスポーツの「ビタマックス」がおすすめです。

関連:バルクスポーツの「ビタマックス」がオススメすぎた

アナバイト:競技者以外におすすめできるビタミンミネラルサプリ

ビタミンミネラルをたくさん補給できて、筋力も発揮できて、脂肪を燃やす効果も期待できるのは、今のところアナバイトだけ。

競技者には向きませんが、趣味の範囲内で使う場合に限っては、やはりクオリティの高いビタミン・ミネラルサプリだといえます。

ぜひ、一度試してみてください。