>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

アナバイトの効果・飲み方を解説。オススメだが、競技者は注意

アナバイトパッケージ

元トレーナー、サプリメーカー社員のワークアウトハッカー(@workouthacker)です。

ビタミンミネラルサプリを摂取していて、

「実際、これ効いてるのか?」

と、よくわからなかった経験はありませんか?

ビタミンミネラルは、筋肉が作られる時に大切な栄養素ではあるのですが、BCAAなどのように「その場ですぐ効き始める」サプリメントではありません。

体感があまり感じられないので、大切なのにも関わらず、軽視されがちです。

ですが、今回紹介するギャスパリニュートリション社の「アナバイト」は、すぐに体感ができ、効果もピカイチのビタミンミネラルサプリです。

どんな効果があるのか先に言うと、

  • 豊富なビタミンとミネラルが配合されている
  • 体脂肪を減らす成分が配合されている
  • 疲労回復をサポートする
  • 筋肉の分解を抑制する
  • テストステロンレベルを高める

などなど、単なるビタミンミネラルサプリとは思えないほどのハイスペックです。

がっつりレビューしてメリットもデメリットも記載しているので、ぜひ参考にしてください。

アナバイトを2年以上使って感じた効果

スクリーンショット 2015-05-13 22.48.40 1

私がアナバイトを初めて使用したのは2015年4月。効果の良さを感じて、2年以上使用しています。

当サイトではサプリのレビューを頻繁にしているので、使わない時期もありますが、やはりアナバイトはトップクラスの製品だと感じますね。

ということで、さっそく私が感じた効果を見ていきましょう。

疲労が軽減し、朝起きるのが楽になった

普通のビタミンミネラルを摂取して目覚めると、「まあそう言われてみれば、なんとなく体が軽いかな〜」くらい。

アナバイトだと、

「軽っ!!」

と、はっきりと疲労回復が感じられました。目覚めが違います。

トレーニングで激しく追い込む人ほど、その効果に驚くと思います。デッドリフトやスクワットをした後って、他のエクササイズとはまったく違う「ぐったり感」があります。ですが、それが本当に軽くなる。

筋肉は大きくしたいし成長させたいですが、疲労感は別にいらないですよね。

疲労回復を体感してる人のクチコミもありましたので載せておきます。

体脂肪が減った。減量中はさらに痩せるかも

脂肪燃焼効果がある高純度の「カルニチン」が配合されていて、3粒(規定量)飲むと体が燃えてるような感じになります。

ギャスパリニュートリションと契約をしている、プロボディビルダー「山岸秀匡選手」は、「アナバイトをオフシーズンに飲むことで、余分な脂肪がつかなくなった」とか。

ビタミンミネラルとして摂取しているのに、体脂肪も減らしてくれるとは、減量時に摂取するとさらに相乗効果が生まれそうです。

尿が若干黄色くなる

アナバイトを飲むと、尿が黄色く、そして臭くなるかもしれません(笑)。
でもこれは摂取したビタミンB2を、身体が吸収しきれないから排泄しているだけです。

異常ではないので心配はありません。水をたくさん飲んでいればOKです。

むしろ、栄養がしっかりと含まれてる証拠です。

皮膚がピリピリするのはベータアラニンが効いてる証拠。副作用ではない

「アナバイトを摂取すると皮膚がピリピリする」という声も良く聞きます。これは成分中のベータアラニンを摂取することによって起こる、「ベータアラニンフラッシュ」と呼ばれる現象です。

体に特に害はないとされていますので、特に心配することもありません。むしろ慣れてくるとこのピリピリ感が少しやみつきになってきます。笑

それでも気になる場合は、ベータアラニンが含まれていない国産のビタミンミネラルを使用すると良いでしょう。日本ではベータアラニンのサプリへの使用がまだ許可されていないので、配合されるといったことはありません(2017年8月24日時点)

ステロイドの危険性:スポーツ競技者は注意が必要!

以前、アナバイトを摂取していた競輪選手がドーピング違反になったことがありました。その選手は、5年以上アナバイトを使用し、それまで問題がなかったのに、2017年のステロイドテストで違反判定だったとのこと。

原因は成分変更によるものではなく、コンタミネーション(異物混入)が発生したからです。コンタミネーションとは、サプリの製造工程で、たまたま他の成分が混じってしまうこと。ギャスパリが意図的に配合したわけではなく、アナバイトがステロイド剤ということではありません。

ただ単に、ギャスパリの管理が甘かっただけです(笑)
すべてのアナバイトにステロイド剤が入ってるということではありません。

たまたまコンタミネーションが発生してしまったとはいえ、今後もないとは限りません。
ドーピングチェックがあるスポーツをしている人は摂取を控えたほうがいいでしょう。

マックス

まぁ、ドーピングテストがある人なんて、この記事を読む人の1%にも満たないだろうけどな。

生殖障害があるのは本当なのか

アナバイトの販売ページには、こう書かれています。

カリフォルニア州での発表では、本製品には先天異常や生殖障害の原因となる化学物質が含まれています。

アナバイト(iHerb)

カリフォルニア州独自の規制により、こう判断されてるみたいですね。どう判断するかは個人の自由ですが、私は摂取している間に、子作りをして、無事産まれました。とくに問題もなく、少し困るくらいわんぱくに育っていますよ。

アナバイトの飲み方と摂取量

アナバイトの飲み方は、1回3粒とメーカーが指定しています。

ですが、私は3粒だと多すぎる(そして節約したい)ので、1回2粒にして、以下のタイミングで摂取しています。

アナバイト:摂取タイミング
  • 朝食後(2粒)
  • 昼食後(2粒)
  • トレーニング後(2粒)

合計すると6粒です。

「摂取量を減らしたら効果が減るんじゃ?」

と思われるかもしれませんが、私は3粒でも2粒でも体感はあまり変わりません。

トレーニングで脂肪燃焼効果を得たい場合は、3粒飲むとカルニチンを1000mg摂取できるので、トレーニング前に摂取するといいでしょう。

注意
カルニチンなので、この効果を狙う場合は、朝などの空腹時に飲むといいとされます。ただ、人によっては気持ち悪くなる場合があります。その時は粒を減らすか、空腹時には飲まないようにしましょう。

アナバイト到着 開封の儀!

いつも通り、安定で便利なAmazonで購入しました。

アナバイトの全体写真

じゃん!ギャスパリカラーの青が眩しく光っています。

パッケージの色が少し暗いのは、日光で成分が変わらないようにするためです。プロテインのパッケージがだいたい銀色なのと似たような感じで、サプリメントは太陽光でも成分が変わることがあります。


アナバイトの蓋

フタは押してから回すようになっています。小さな子どもが間違えて開けないようにしてるんですね。

まぁうちの1歳の子はなぜか簡単に開けちゃいましたが(笑)


アナバイトの粒

アナバイトの粒は黄色です。海外製なので粒が大きいですが、表面がツルッとしてるので飲みやすいです。大きいぶん、国内産よりは栄養素もぎっしりと詰まっています。

アナバイトは180粒入りで、1回で3粒の摂取が推奨されています。
1日2回飲めば6粒を消費するので、約30日分のアナバイトが含まれていることになりますね。


はい、開封の儀は終了です。
次は成分をじっくり見ていきましょう。

【アナバイトの成分】特許申請の成分ばかり使った、贅沢な1

アナバイトの成分表はこちらです。


3粒の成分

アナバイトの成分表前半

アナバイトの成分表後半


見て分かる通り、特許を意味する「®」の文字がズラリと並んでいます。とんでもない量の特許成分が使われているということが伝わったかと思います。ギャスパリ、こだわるなぁ・・・。

画像だと少しわかりにくいので、表にします。

成分配合量
ビタミンA5000IU (1.65mg)
ビタミンB115mg
ビタミンB220mg
ビタミンB610mg
ビタミンB12250mg
ナイアシン50mg
ビタミンC250mg
ビタミンD1000IU (0.025mg)
ビタミンE30IU (30mg)
ビタミンK45mg
葉酸200mcg
ビオチン300mcg
カルシウム121mg
パントテン酸カルシウム50mg
リン58mg
ヨウ素75mcg
マグネシウム200mg
亜鉛15mg
セレニウム35mcg
1mg
マンガン1mg
クロミニウム60mcg
モリブデン4mcg
カリウム49mg
ベータアラニン1600mg
カルニチン1000mg
ホウ素25mcg

(1000mcg =1mg)

さあ、この中でも注目すべき成分をピックアップしていきますよ!

特許成分 カルノシン ベータアラニン

カルノシンは、ベータアラニンとヒスチジンが結合してできる、イミダゾールペフチドの一種です。「わけわかんねー」という人は、これだけ覚えてください。

カルノシンの効果
  • いつもより強い力を出せる(筋肉の収縮が大きくなる)
  • 疲労も抑えてくれるので、レップ数が多くなる
  • 抗酸化作用があるので、疲労の回復に良い
  • 力いっぱいの状態をキープできる効果がある
参考 イミダゾールペプチド日本補完代替医療学会誌

つまり、筋トレをするなら「カルノシン」を摂取しておいたほうが絶対にお得ってことなんですね。

なお、「抗酸化作用」と聞いたことはあっても、よくわからない人のために解説します。

「抗酸化作用」とは、体のサビを取り除くこと

そもそも抗酸化作用というのは簡単に言うと、

体についたサビを取り除くことです。

人間は酸素を吸って、その酸素と体内の栄養素がくっついてエネルギーを作り出しています。でも、すべての酸素が有効活用できてるわけではありません。人間の体って、燃費はそんなに良くないんです。

使われなかった酸素は他の物質を酸化させてしまいます。つまり、サビさせるんですね。

こんな酸素のことを、活性酸素といい、人間が吸った酸素のうち約2%は活性酸素になるといわれてます。

サビついた車が動きにくいのと同じで、人間の体も活性酸素が増えると疲れやすくなったり、生活習慣病の可能性が上がります。

このブログ読者の大半が、トレーニング頻度が多く、意識の高い人だと思います。
トレーニングが多い分、他人よりも多く呼吸していて、体内にある活性酸素も多いはず。

そんな活性酸素を抑制してくれるのが、カルノシンなんですね。
(ベータアラニン+ヒスチジン=カルノシン)

また、カルノシンの効果の一つとして、疲労回復の他にも、クレアチンのような筋力発揮効果があります。

カルノシンは鳥の胸や馬に多くある成分なので、最大筋力を長く発揮しやすくするんですね。

想像したら簡単ですよね。
馬や鳥は何100キロという距離をめちゃくちゃ早く、しかも難なく移動しちゃいますから、ものすごいスタミナです。

カルノシンのブランド「Carnosyn®」使用

そして、原材料にこだわるギャスパリらしく、カルノシンはブランドものを使ってます。

アメリカのカルノシンブランド、その名も、

Carnosyn®(カルノシン)

いや、そのまんまやん。
つづり変わってるだけやん!

公式ウェブサイトで調べたところによると、世界で唯一特許認定されてる成分だとか。

カルノシンと名前がついてますが、これは実際、ベータアラニンなのです。
質が良いベータアラニンとでもいいましょうか。

ベータアラニンとヒスチジンが体内で合成されて、カルノシンになるので、カルノシンと名乗ってるのかもしれません。

とりあえず、Carnosyn®というベータアラニン、とゆうことです。わかりづらいですね・・・(汗)

ベータアラニンは筋トレ界では比較的新しい成分ですが、効果は折り紙付きです。

また、クレアチンモノハイドレートと同時摂取で、クレアチン単体を摂取するよりも大きなパワーを発揮することがわかっています。

アメリカのボディビルダー周りでかなりの人気だそうです。

カルニピュアとは、カルニチンの高級ブランド

さて、ここで別の成分を見ていきましょう。アナバイトには「カルニチン」という成分が含まれています。

カルニチンは、従来であれば「脂肪をエネルギーに変える」という機能が目立っていたのですが、他にも色々な効果があるんです。

カルニチンの効果
  • 筋肉の分解を防ぐ
  • 脳の働きを活性化する
  • テストステロンレベルを高める

つまり、筋肉をつけるには欠かせない成分なんですね。脂肪燃焼だけじゃないんです。

カルニチンと言えば、カルニピュアというブランドが有名です。これは、世界でたったひとつだけ、特許が取れたカルニチン。それだけ貴重な成分を使用してるってことなんですね。

なぜ、ビタミンミネラルは筋肥大に重要なのか?

「筋肉を大きくするのにプロテインが大切」というのは多くの人が知っていることでしょう。

ですが、ビタミン・ミネラルの重要性について理解している人は少ないです。

ここでは、アナバイトに含まれるビタミン・ミネラルが、なぜ筋肥大に大切なのか、について解説します。

テストステロンの分泌を促す「ビタミンD」

ビタミンDが血中に多いと、筋肉を成長させる作用のあるテストステロンのレベルが高くなるということが研究でわかっています。

つまり、「筋肉をつけたいのならビタミンDもちゃんと摂取しないとね」ってこと。

筋肉に関するビタミンDの重要性に焦点をあてた2つの研究を紹介しよう。一つはドイツの研究で、血中のビタミンDレベルが高い男性のほうが、テストステロンレベルが高く、性ホルモン結合グロブリン(テストステロンに結びつき、同化作用を妨げる働きを持つ)のレベルが低いことが認められた。性ホルモン結合グロブリンのレベルが低ければ、より多くのテストステロンが筋肉の受容器に結びつき、成長を引き出すことができるのだ。

引用:xfit—体づくり、フィットネスのためのトレーニング・栄養情報 – ビタミンDは筋肉づくりの重要ビタミン

なんか難しそうなことを言っていますが、つまりは単純に「ビタミンDは筋肉を増やすホルモンを増やしますよ」ってことなんですね。

ビタミンDを多く含む食品は、シャケ、さんま、マグロなどの魚系に多いです。

でも、海産物が豊富な地域に住んでいる人以外は、なかなか魚って食べる機会ないんですよね。サプリで補助的に摂るのが賢い選択でしょう。ちなみにビタミンDが不足すると、筋肉や骨が弱くなっちゃうと言われているので注意してください。

ビタミンB群(1,2,6,12)

体内でたんぱく質を作るときに必要だったり、炭水化物や脂肪をエネルギーに変換するのに必要だったりします。Kindle書籍「ビタミンのすべて: 山本義徳 業績集 6」では、筋トレの後に大量にビタミンB群を摂取すると筋肉痛が減ったと山本氏が仰っています。

もし、筋トレをするうえで1番大切なビタミンは?と言われたら、

「ビタミンB群だよ」

と私は即答します。

クロム、亜鉛

ブロッコリーに多く含まれるクロムや、牡蠣などに含まれる亜鉛は、炭水化物、たんぱく質、脂質の代謝になくてはならないミネラルです。

また、クロムと亜鉛はミネラルの中でも「インスリンの力を高める」作用があることもわかってます。

インスリンは筋肉を作る働きがあるホルモンと言われていて、筋肥大をしたいならインスリンをいかに分泌させるかが鍵になります。

プロのボディビルダーの中にはインスリン分泌を高めるために、「インスリン注射」を打つ人までいます。もちろんこれはドーピングなんですけどね。それだけインスリンの筋肥大効果は認められているという証拠でもあります。

話を戻しますが、クロムや亜鉛を摂ることは、インスリンレベルを高めて筋肥大を促すことに繋がるということです。こういったミネラルは軽視されがちですが、トレーニーには必須です。

ビタミンC

ホルモン、たんぱく質の合成に関わる栄養素です。免疫機能を上げる効果も確認されてます。

筋肉づくりにはとっておきたい栄養素ですな。ただすっぱいだけではありません。


まだまだありますが、割愛させてもらいます。これだけわかっていれば大丈夫。

いくらたんぱく質をたくさん取ったところで、体内でしっかりと分解され、筋肉へと合成されなければ意味がありません。

それを助けてくれるのがビタミンミネラルなんですね。

普通のビタミンミネラルサプリを買うよりも安い

こんなにギャスパリの魂が感じられるアナバイトが、実はAmazonで2,700円と非常にコスパが高いです。

国内産よりも良い成分を使ってて、さらに安い。

危険性を考慮するなら、国産サプリを使おう

さきほども言ったように、アナバイトは以前にコンタミネーション(異物混入)がありました。

これはすべてのアナバイトにステロイド物質が入っているということではなく、製造段階で何かしらの原因で、たまたま混入してしまったということです。

アナバイトだけではなく、海外のサプリはコンタミネーションの可能性はつきものです。
よって、ドーピング検査がある競技をする人は、国産のサプリを使いましょう。

国産のビタミン・ミネラルサプリだと、以下の2つがおすすめです。

VIVO:国産で最高品質のビタミンサプリ

国内のビタミン・ミネラルサプリメントで最高品質なのは、HALEOの「VIVO」だと断言できます。

コストは高くつきますが、効果は確実です。アナバイトに匹敵するといってもいいくらい、体調が良くなりますよ。

関連:元サプリメーカー社員が解説!筋トレサプリで本当にオススメできる最強12選

ビタマックス:必要な成分を十分に取れる、コスパ最高のビタミン・ミネラル

VIVOの品質は最高級ですが、コストが高いのがデメリット。

コストを抑えつつ、必要最低限の成分を摂取したいなら、バルクスポーツの「ビタマックス」がおすすめです。

関連:バルクスポーツの「ビタマックス」がオススメすぎた

まとめ

ビタミンミネラルをたくさん補給できて、筋力も発揮できて、脂肪を燃やせる効果が期待できる。

「体を大きくしつつ、脂肪を減らしたい」なら、ぜひ1回試してみてください。