>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

ダニーヘスター、アーノルドクラシック2018直前の仕上がり、肩トレーニングを公開

ダニーヘスター

ダニーヘスターとは、ミスターオリンピア2016「クラシックフィジーク部門」の初代王者。
アーノルドクラシックUSA2018で、初めて開催されるクラシックフィジーク部門へエントリーしています。

もしこれで優勝すると、ダニーヘスターは「ミスターオリンピア」と「アーノルドクラシック」、2大タイトルの初代クラシックフィジーク王者ということに・・・!

彼の肩トレーニング、アーノルドクラシック8日前のインタビュー動画があったので紹介します。

ダニーヘスターがトレーニングで力を入れている点

2016年のミスターオリンピア「クラシックフィジーク」では優勝したダニーヘスターですが、2017年は5位という結果に終わってしまいました。

関連記事:【ミスターオリンピア2017】クラシックフィジークの優勝が決定。オリンピア、212クラスは比較審査まで終了

そこからトレーニングを根本から変えて、腹筋・ハムストリングス・大腿四頭筋の強化に取り組んだといいます。

具体的には、腹筋を鍛える頻度や、レップ数を増やしたとのこと。

大腿四頭筋に関しては、アウタースイープ(大腿四頭筋の外側)の強化をしたそうです。もともとダニーヘスターの特徴であった「丸々とした筋肉」を、さらに目立たせようとしたとのこと。

動画を見る限り、血管バリバリで仕上がり状態も非常に良さそうです。

ダニーヘスターの肩トレーニング種目

動画を見ての通り、プレス系種目は一切なく、レイズ系の種目で構成されています。
コンテスト前なので、ケガのリスクがあるプレス系は外したのかもしれません。

1、ペックデック

ペックデックは通常は大胸筋の種目なのですが、もしかしたら三角筋前部を狙ってるのかも?

2、リバースペックデック:三角筋後部

1セット目で手のひらを内側に向けている点に注目

3、ラテラルレイズマシン:三角筋中部

日本だとゴールドジムや個人ボディビルジムくらいにしかないマシン

4、ダンベルフロントレイズ:三角筋前部、中部

反動をつけてレイズしています

5、ケーブルサイドレイズ:三角筋中部

少しフロント寄りのケーブルサイドレイズ。レンジを広くとり、ストレッチ感を高めている点に注目

ダニーヘスター

「今回は今までで最高のパッケージ(肉体)を作ることができた。勝つ自信は大いにあるよ」と語ったダニーヘスター。

オリンピアの初代クラシックフィジーク王者は、アーノルドクラシックのクラシックフィジーク初代王者になれるのか?

それとも、オリンピア2017「クラシックフィジーク」優勝者、若手の「ブリオン」が阻止するのか?

アーノルドクラシックUSA2018、クラシックフィジーク部門から目が離せません・・・!

関連記事:「アーノルドクラシック2018」の開催日時、注目選手を紹介