>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

【アーノルドクラシック2018】クラシックフィジークのプレジャッジが終了。ブリオン、アラシュがトップ2か

アーノルドクラシック2018「クラシックフィジーククラス」のプレジャッジの動画が公開されています。

ブリオンアンズリーが優勢、アラシュラーバーが2番手。
ダニーヘスターは3〜4番手あたりにつけている状況です。

クラシックフィジーク:ブリオンが常にセンター

それぞれのポージングを見ていきましょう。

ブリオンが中央に。ダニーヘスターは4位あたり

ブリオンアンズリー(写真中央)は終始センター、アラシュラーバー(左から2番目)は2〜3番手につけています。

ダニーヘスター(写真右)は4〜5位あたり。
細かなカットを見るとダニーヘスターが圧倒しているようにも見えます。

MEMO
プレジャッジでは中央にいる選手がトップ評価を受け、その両脇にいると2〜3番手ということを意味します。2〜3番手の両脇だと4〜5番手ということです。

関連記事:バルク、カット、セパレーション・・ボディビルコンテスト用語をまとめて解説するよ

ブリオンの脚が際立ってますね・・・。 アラシュの上半身のバルクも迫力があります。

ブリオンの脚が際立ってますね・・・。
アラシュの上半身のバルクも迫力があります。

ブリオンの脚が丸々としていて、非常にキレイです。 対してアラシュは少し直線型。 丸々とした脚を作ることの大切さがわかるポージング。

ブリオンの脚が丸々としていて、非常にキレイです。
対してアラシュは少し直線型。

丸々とした脚を作ることの大切さがわかるポージング。

ブリオンはまだトップに。ダニーが右へ移動してきました。

ブリオンはまだトップに。ダニーが右へ移動してきました。

背中だけでみるとダニーがいいですね。
全体的に大きい、デコボコ感あり、下背部までしっかり充実しています。

ブリオンの背中もすばらしいですが、左の下背部が右に対して小さいです。
これがどう評価に響いてくるのか。それにしても上背部の充実度はさすがミスターオリンピアのクラシックフィジーク王者。

アラシュの背中は上記二人に比べるとやや迫力に欠けるか。

ブリオンとダニーだと、仕上がりはダニーのほうが良く見えます。

ブリオンとダニーだと、仕上がりはダニーのほうが良く見えます。

ブリオンとアラシュの一騎打ちに。

ブリオンとアラシュの一騎打ちに。

脚はブリオンが圧倒的です。
大腿四頭筋のストリエーション(線)がバリバリ出てます。

ブリオンの上半身はあまりカットが出ていないように見えます。

ブリオンの上半身はあまりカットが出ていないように見えます。

背中は明らかにブリオンが優勢ですね。

背中は明らかにブリオンが優勢ですね。

でもアラシュの肩もかなり大きいです。

三角筋中部の張り出しはアラシュが迫力があります。

三角筋中部の張り出しはアラシュが迫力があります。脚も絞れている。

ブリオンは全体的に分厚く、ハムストリングスも大きいです。

もしブリオンとアラシュの一騎打ちになるとしたら、ブリオンに軍配が上がる可能性が高いですね。

仕上がりでいうとダニーが1番良さそうです。どこまで上位に食い込めるか。

関連記事:ダニーヘスター、アーノルドクラシック2018直前の仕上がり、肩トレーニングを公開

「アーノルドクラシックUSA2018」は以下から生中継を見ることができます。