週刊WH:トレーニングルーティンを変更。531プログラムへの回帰

週刊WH

週刊WHのお時間です。

今週はサプリとトレーニンググッズのレビュー記事を2つ書き上げました。

最近更新した記事

今週更新した記事はこちら。

減量用「エクステンドRipped」効果レビュー:本当に痩せるのか?

減量用の「エクステンド Ripped」をレビューしました。かなり期待していたのですが、思うような結果は得られず…

減量時に使用していないので断言はむずかしいのですが、減量用エクステンドを買うなら、減量に特化したファットバーナーなどを摂取したほうがいいのかなというのが現時点の結論です。

手首を頑丈に固定できるリストラップ「ギャングスタ」レビュー

次にレビューしたのは、ギャングスタのリストラップ。これ、本当に良い。手首がガッチガチに固まります。

はじめてのリストラップとしてもいいし、今のリストラップがフニャフニャになってきたらこれを使ってみてほしいですね。

筋トレのウォームアップ。セット・回数はどのくらいが適切か?

筋トレのウォームアップ、セット、レップ数について。寒い時期は多めにしてもいいですが、基本的には2〜3セットくらいで十分なのではないかと。

「ゴールドジム大阪十三店」に3年通った感想

私は関西在住で、神戸・大阪・京都など、いろんな関西系ゴールドジムに通ったことがあります。なかでも1番長くお世話になったゴールドジム十三(じゅうそう)について語りました。

ローカルネタにはなりますが、これからゴールドジムに通いたいと思っているへの参考になれば嬉しいです。

トレーニングルーティンの変更。531プログラムへの回帰

今週(2019年2月17日)から、トレーニングルーティンに変化を加えます。

プッシュ、プル分割の筋トレ方法:頻度別で紹介 」で紹介した、週4日のPush/Pullルーティンを1ヶ月ほどおこないました。

  1. Push
  2. Pull
  3. Push
  4. Pull
    (週4日トレ)

Pushには、大胸筋・肩・大腿四頭筋。Pullには、背中・ハムストリングス・リアデルト・上腕二頭筋などの種目を採用。

それぞれのセット数は2〜3と少なめにして、そのぶん頻度を増やしたルーティンです。

これはこれで良かったのですが、やはり、しんどいんです・・・。

私はだいたいの種目をフリーウェイトで設定しているため、毎種目でほぼ全身を使うトレーニングになります。
結果、トレーニング後の疲労感が大きく、仕事にも支障をきたすようになりました(私に体力がないだけなのですが)。

また、どうしても90分くらいかかってしまうんですね。
時間が無限にあるならいいのですが、仕事や育児もあり、筋トレ時間はなるべく短くしたいのです。

筋肉は普通に成長するのですが、体力と時間が足りない。

ということで、トレーニングルーティンを531プログラムに変更します。これなら、疲労感も少なく、さらに自分の成長がわかりやすく可視化されます。

計1トンを挙げるパワーリフターが開発した、筋力アッププログラム「5/3/1」

2018年、とくに成長を感じたトレーニング種目とプログラム

やはり、先人の知恵はありがたく使わせてもらいましょう。

もしあなたも伸び悩みを感じていたり、自分でプログラムを作る方法がわからないなら、誰か有名な人が作ったプログラムをまず試してみることをおすすめします。

一番ダメなのは、成長をトラッキングせずに、ダラダラやってしまうこと。これだといつか挫折します。

筆者は以前、「自分は筋トレが大好きだから、しているだけでいい」と考えていた時期があったのですが、トレーニングプログラムのメリットを体感して以来、この考えを改めました。

自分の成長を数値で計測したら、さらに筋トレが楽しくなることに気が付いたのです。

なぜ、もっと早く採用しなかったんだ・・・。

ということで、ぜひ531プログラム、やってみてください。

計1トンを挙げるパワーリフターが開発した、筋力アッププログラム「5/3/1」

さて、今週の週刊WHはここまで。
来週も良い筋トレライフを!

▼週刊WH バックナンバーを読む