>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

2018年日本ボディビル選手権の出場者リスト。鈴木雅選手は9連覇なるか

ミスター日本2018

2018年の「ミスター日本」を決める、日本ボディビル選手権大会の出場者が発表されています。

現チャンピオンの鈴木雅選手を筆頭に、須山翔太郎選手や田代誠選手など、2017年のトップ3を飾った豪華な顔ぶれとなっています。

2018年「ミスター日本」に出場するボディビル選手

全日本ボディビル選手権、俗にいう「ミスター日本」は、東京と大阪で交互に開催され、今年は大阪でおこなわれます。開催場所は例年どおり、「メルパルク大阪」です。

  • 日時:10月07日(日)
  • 開催:メルパルク大阪ホール
  • 住所:大阪府大阪市淀川区宮原4-2-1(地図
  • 最寄り:JR新大阪駅 西口出口より徒歩6分、地下鉄御堂筋線新大阪駅4番出口より徒歩5分

前売りチケットは発売してすぐに完売してしまったようです。ここ数年、世間のフィットネスコンテストに関する認知度が非常に高まり、テレビの取材が入ることも珍しくありません。

結果、ボディビルをあまり知らなくても、大会だけは見るというケースが増えています。良いことだ!
まぁ、そのおかげで私はチケットを取れなかったんですけどね。

さて、今回のミスター日本へのエントリー数は50人。例年どおりといった印象です。
今回出場する50人の中でも、シード権を得ている選手たちはこちら(2017年のトップ12位選手)

順位選手名所属年齢身長体重トレ歴ポイント
1鈴木雅東京37166821510
2須山翔太郎東京37171772122
3田代誠東京47164723328
4合戸孝二静岡57164703744
5佐藤貴規/////46
6横川尚隆東京2417078462
7木村征一郎大阪40160681568
8山口裕埼玉36165751584
9須江正尋東京51161703288
10高梨圭祐東京461657626100
11木澤大祐愛知4317082/105
12加藤直之神奈川371617114120

参考:JBBF

昨年5位に入賞した「佐藤貴規選手」はボディビル競技を引退されたため、2018年の出場者リストに名前はありません。

なお、モストマスキュラー賞、ベストアーティスティック賞ともに、鈴木雅選手が受賞しています。優勝を合わせると3冠です。

同選手は現在8連覇中で、今年優勝すると9連覇になります。ミスター日本に出場する選手に意見をお聞きしましたが、やはり鈴木選手が優勝する可能性は非常に高いと思われます。

誰が優勝するか、当サイトの公式ツイッターでもアンケートを取った結果、鈴木雅選手が優勝するという予想がほとんどでした。

カラーリングが使用可能に

今大会では、JBBF指定の業者を利用したときのみ、カラーリングが認められています。昔はJBBFでもカラーリングは認められていましたが、会場が汚れてしまったため、しばらく禁止されていました。

MEMO
カラーリング:肌に色を塗り、日焼けしたように黒くすること

カラーリングを実際に利用する選手がいるかはわかりません。
ですが、過度な日焼けは肌に良くありませんし、莫大な時間と費用がかかります。また、生まれつき肌が弱い人にとって、日焼けは地獄です。カラーリングという選択があるのは素晴らしいことだと思います。

紫外線によって起こる皮膚ガンはいずれも高齢になってから出てきます。これからの高齢化社会でますますその頻度が高くなることが懸念されます。若いうちから余分な紫外線を浴びない工夫が必要です。

引用:公益社団法人 日本皮膚科学会

ぜひ、みなさんテッカテカになってほしい。

マックス

「せーの!」でみんながカラーリングを始めたら、きっとすぐに広がると思うんだよな。

すべての選手データを比較してわかったこと

2017年のミスター日本のときもおこないましたが、今年もやりました。

全選手(トップ12以外)と、トップ選手のデータ比較です。

比較内容年齢身長体重トレ歴
全選手44.2167.672.120.1
トップ12選手41.4165.274.619.3

これらの数字だけを見ると、こんな事実が浮かび上がります。

  • トップ選手の平均年齢は、それ以外の選手の平均と比べて約3歳若い
  • トップ選手の身長は、平均で2cm低い
  • トップ選手のほうが、体重が2.5kg重い
  • トレーニング歴に大きな差はない

別の見方をすると、全日本レベルの選手になるためには、どんな条件をクリアしなければいけないかを知ることができますね。
一概には言えませんが、やはりボディビルでは、「身長が低めの人は有利」ということは言えるかもしれません。

また、20年のあいだ、死ぬほどトレーニングすればトップにいけるかもしれないということも・・・。

トレーニングだけではなく、栄養摂取もしっかりおこない、ケガとも戦い、アマチュアなので本業の仕事も頑張りながら、ということです。尊敬しかありません。

当日はJSPORTSでストリーミング放送が決定

さて、当日の結果はどうなるか?やっぱり鈴木雅選手なのか?
それともミスターオリンピアのように、新しいチャンピオンが生まれるのか?今からワクワクです。

なお、当日はJSPORTSでストリーミング放送される予定とのことです。現地まで行けない方はネットで応援しましょう。

ちなみに筆者は前売りチケットを買えなかったため、当日チケットが買えることをボディビルの神様に祈りながら会場まで向かう予定です。お願い!シュワちゃん!

関連:ミスター日本2017の結果はこちら

【2017年】ミスター日本(日本ボディビル選手権)結果:鈴木雅選手が8連覇、横川尚隆選手は23歳で6位入賞

はじめて観戦に行く方はこちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

「肩メロン!」ボディビルの”かけ声”を集めた本が発売