>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

アジアグランプリ2018結果:ブランドン、メンズフィジーク優勝でオリンピアにつづき2冠

韓国で「アジアグランプリ2018」が開催されました。

ミスターオリンピア、メンズフィジークで新チャンピオンとなった「ブランドン・ヘンドリンクソン」がまたもや優勝。
212ポンドクラスの優勝は、イランの「ハディ・チョーパン」でした。

アジアグランプリ結果

アジアグランプリとは、規模を小さくしたミスターオリンピアのアジア版です。ミスターオリンピアに出た一部の選手たちが韓国へ移動し、コンテストで戦います。

212:ハディ チョーパン

 

View this post on Instagram

 

Hadi Choopanさん(@hadi_choopan)がシェアした投稿

212:順位
  1. ハディ・チョーパン(IRAN)
  2. デイビッド・ヘンリー(USA)
  3. メイサム・ケシュバリ(IRAN)
  4. ホセ・レイモンド(USA)

太い足や腕、デカい肩が特徴のハディが優勝。インスタグラムを見てみましたが、アラビア語で何が書いてあるのかまったくわからず・・・。

2位にはベテランのデイビッドヘンリーが入賞しています。

メンズフィジーク:ブランドンがオリンピアに続き2冠達成

メンズフィジークでは、ジェレミーブエンディアを倒し、2018年ミスターオリンピアに輝いたブランドン・ヘンドリンクソンが優勝。2冠達成となりました。

 

View this post on Instagram

 

Brandon Hendricksonさん(@brvndonflexx)がシェアした投稿

メンズフィジーク:順位
  1. ブランドン・ヘンドリンクソン(USA)
  2. ライアン・テリー(UK)
  3. モハメッド・アシュカナニ(IRAN)
  4. アンドレ・スミス(USA)
  5. ジョセフ・リー(USA)

ミスターオリンピアでは3位だったライアンテリーは、2位にランクインしました。オリンピアに引き続き、素晴らしいコンディションです。

 

View this post on Instagram

 

Ryan Terryさん(@ryanjterry)がシェアした投稿

クラシックフィジーク:スタンが優勝

クラシックフィジークはわずか4人のエントリーで、やや盛り上がりに欠けてしまった様子ですが、優勝はフランス出身のスタンという結果に。

 

View this post on Instagram

 

Stan “Stanimal” De Longeauxさん(@stanimal.fr)がシェアした投稿

クラシックフィジーク:順位
  1. スタン・ドゥ・ロンジュ(USA)
  2. スン・ジン・クワン(KOREA)
  3. サハッド・ニカンプー(IRAN)
  4. アリ・シャムガハマー(IRAN)

「スタニマル(Stanimal)」の愛称で親しまれるスタン選手が初優勝。彼はフランス出身ですが、IFBBへの登録だとUSAになっている模様。2位には地元韓国選手がランクインです。

それにしても、すべての階級でイラン出身の選手が目立ちますね。ビッグラミーもエジプトですし、中東勢の活躍はこれからも続きそうです。

なお、11月にはミスターオリンピアの選手たちが日本にもやってきます。NPCJのJAPAN PROに参加するため、デイビッドヘンリーやホセレモンド、そしてメンズフィジーク新チャンピオンのブランドンも!これは見に行くっきゃないでしょう。

NPCJ

メディア枠として当サイトも取材に行けないかなぁ・・・。検討中です。

Mr.オリンピア2018の結果情報を総まとめ 初心者はどの大会に出たらいいのか?日本のボディビル・フィットネス団体をまとめてみた