いよいよ今日!2017年「全日本ボディビル選手権」は誰が優勝するのか?

いよいよこの日がやってきました。

2017年のボディビルチャンピオンを決める大会『ミスター日本』こと、全日本ボディビル選手権が10月9日(月)に開催されます。
去年は大阪での開催だったので観戦に行きましたが、今年は東京ということで、家でおとなしく情報を待ちます。

さて今回は、2016年の結果を振り返り、注目するポイントについてつらつらと書いていきます。

2016年 全日本ボディビル選手権の結果

2016年のミスター日本は、鈴木雅の7連覇記録が樹立された年でした。順位は以下のとおりです。

【2016年:ミスター日本 順位】※敬称略

  1. 鈴木雅
  2. 田代誠
  3. 須山翔太郎
  4. 加藤直之
  5. 佐藤貴規
  6. 山口祐
  7. 須江正尋
  8. 高梨圭佑
  9. 木澤大佑
  10. 林英二
  11. 佐藤茂男
  12. 辻田勲

引用:2016年、全日本ボディビル選手権(ミスター日本)の結果

大阪で開催されたので、私も観戦に行きました。

2016年は合戸孝二選手がケガで欠場したため、トップ5がいつもと変わった年でした。
12位に大阪の辻田選手が入賞したのは嬉しかったですね。

「ミスター日本」は東京と大阪で交互に開催されています

さて、では今年はどんな選手が出るのでしょうか?

2017年 全日本ボディビル選手権、出場選手リスト

JBBFのホームページで出場選手リストが公開されています。

名前年齢身長体重
赤澤 範昭44歳155cm58kg
古志 啓司33歳156cm57kg
川辺 仁44歳158cm58kg
小川 明久43歳159cm60kg
岩尾 佳毅44歳159cm62kg
木村 征一郎39歳160cm68kg
児玉 賢太郎41歳161cm63kg
鷲巣 国彦53歳161cm66kg
加藤 直之36歳161cm70kg
須 江 正尋50歳161cm72kg
中西 健一54歳162cm62kg
佐藤 貴規38歳163cm71kg
合戸 孝二56歳164cm70kg
松尾 幸作35歳164cm71kg
岡田 隆37歳164cm72kg
田代 誠46歳164cm72kg
村松 幸大51歳165cm70kg
山口 裕35歳165cm72kg
髙梨 圭祐45歳165cm77kg
大関 淳45歳166cm64kg
寺地 進一41歳166cm70kg
郷 直樹46歳166cm71kg
太田 研二37歳166cm72kg
鈴木 雅36歳166cm82kg
徳田 克彦53歳167cm65kg
玉井 正宏52歳168cm70kg
新井 浩太34歳168cm72kg
高木 昇46歳168cm75kg
仲泊 兼也44歳169cm72kg
猿山 直史53歳169cm73kg
谷野 義弘52歳169cm77kg
佐藤 茂男43歳169cm81kg
三井 一訓31歳170cm70kg
篠田 真49歳170cm72kg
井上 桂将32歳170cm78kg
横川 尚隆23歳170cm80kg
久松 一貴47歳170cm80kg
木澤 大祐42歳170cm81kg
生稲 悦宏44歳171cm75kg
須山 翔太郎36歳171cm77kg
角田 信朗56歳171cm80kg
金子 芳宏45歳172cm79kg
林 英二50歳173cm85kg
佐藤 浩慈39歳174cm77kg
井上 浩54歳175cm86kg
河村 秀美49歳177cm85kg

ざっと見ただけでも、年齢層がかなり高く、身長は他のスポーツと比べて低いのがわかります。
もう少し細かい数字を見てみましょう。

【出場選手:平均】

・平均年齢:43.5歳
・平均身長:166.3cm
・平均体重:72.2kg

ちなみに中央値も調べてみたのですが、平均とほぼ同じだったので平均値だけを記載しています。見て分かる通り、ボディビルというスポーツの異色さが目立つ結果になっています。

平均年齢は43歳と、かなり高め。それでいて身長は166cmです。それなのに体重が72kgと、他のスポーツに比べて異色であることは間違いありません。

やはり「筋肉を大きくするには多くの時間がかかる」ということが、データから読み取れます。
他のスポーツでは、年齢が若いほうが有利ですが、ボディビルはそうとも言えないってことですね。

全出場選手とトップ選手の比較

2016年のトップ11選手の平均数値も出してみました。
(※去年12位の辻田選手は今年は出場していないようなので計算には含んでいません)

全選手トップ11選手
平均年齢:43.5歳41.5歳
平均身長:166.3cm166.2cm
平均体重:72.2kg76.4kg
身長はほぼ同じですが、年齢が2歳ほど若く、体重にはいたってはトップ選手は平均4kgも重いようです。
やはり、トップ選手は筋量が多いということはデータでも証明されました。
当たり前のことなのですが、4kgも差があるのは衝撃的です・・・。

注目選手:横川尚隆選手がどこまで残るのか?

私が注目しているのは、以下のポイントです。

  1. 鈴木雅さんの連覇
  2. 横川尚隆さんがどこまで残るか?
  3. 合戸孝二さん vs 田代誠さんの対決

※全日本ボディビル大会のインターネット中継は行われない模様です。

鈴木雅選手の8連覇は固い

まず、鈴木雅は間違いなく8連覇を達成すると思います。ファンも彼の優勝を期待しているはず!(私もその1人です)

横川尚隆選手の活躍に期待

次に注目なのは、「横川尚隆選手」です。

2016年のジュニアボディビル選手権をぶっちぎりで優勝し、「次のチャンプになるのでは?」とささやかれている23歳の横川選手。去年、私は大会会場にいましたが、彼が登場すると会場全体から「おぉ〜!」というどよめきが湧いたのを覚えています。

ボディビル雑誌でも何回も取り上げられ、ボディビル業界全体で彼を推している雰囲気さえあります。
170cm、80kgの横川選手がどこまで上位に食い込むのか、本当に楽しみです。

因縁の対決?合戸孝二 vs 田代誠

対立を煽るわけではありませんが、やはりファンの皆さんはこの2人の対決にも注目していることでしょう。私もその1人です。

むしろ、鈴木雅選手が優勝なのはほぼ確実なので、ミスター日本では「今年の2位は誰になるんだ?」という点のほうが注目されているようにも思えます。

2014年は田代選手が2位、
2015年は合戸選手が2位、
2016年は田代選手が2位(合戸選手は欠場)

という結果になっています。

今年はどちらが勝つのか、それとも他の選手が2位の座を奪うのか?非常に楽しみです。

ボディビル観戦は楽しい

出場選手リストには、あの格闘家の「角田信朗」さんの名前もあります。
ということは、テレビ局がおそらく入っていることでしょう。

最近は各大手メディアでもボディビルが取り上げられることが増えました。
このままボディビルへの注目度が上がり、競技人口が増えていけば嬉しいですね!