>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

BCAAサプリ「エクステンド」を2年使ってわかった良い点、不満な点

ピンクレモネード

エクステンドを使い始めて、はや2年以上。いろんなBCAAサプリを試しても、なんだかんだ、エクステンドにもどってきてしまいます。

なぜ、エクステンドをリピートしてしまうのか?

その魅力と、使っているうちに見えてきた不満な点もレビューしました。

良い点

「効いてる感」が強い  パワー持続

スポーツドリンクと混ぜなくても、パワーを持続できるのがエクステンドの魅力の1つ。筋トレの後半まで力を保つことができて、集中が切れにくい。

もっとも体感できるのは、起床後に空腹で有酸素運動をするときです。朝食前にエクステンドを摂取して、走りに出かけると、まずバテない。私はマラソンをしていませんが、おそらくマラソンランナーならもっと恩恵を受けられるはず。

BCAA単体のサプリを摂取するよりも、エクステンドを摂取するのほうが、あきらかにパワーが持続します。だから、これだけ多くの人から選ばれているのでしょう。

電解質を摂取できる  熱中症対策にも

個人的に、エクステンドの最大の魅力は「電解質」だと思っています。

電解質とは、薬局に売ってる「経口補水液」にも含まれる物質です。電解質があると、水が体に吸収されやすく、たくさん飲んでも胃がタプタプしない。胃がタプタプしている状態で重たいスクワットを担ぐと、最悪の場合は吐いてしまいますからね・・・。呼吸もしにくいですし。

エクステンドを長年使ってみて気づいたのは、エクステンドのテーマはあくまでも「筋トレ・運動の効率化」。BCAAにこだわっているというよりは、コンセプトにこだわっている。ユーザー体験と言い換えてもいいでしょう。

水分補給を効率化をする上では、電解質の摂取はマスト。水だけ飲んでてもダメなんですね。

このように、筋トレだけではなく、健康管理にも応用できるのがエクステンドの良いところ。私は、夏の暑い時期に外出するときも持参しています。経口補水液を飲むよりも、熱中症対策に有効だと思ってます。

シトルリンが含まれる 回復促進サポート

エクステンドは「シトルリン」を含むので、運動からの回復が早くなります。血管が拡張されて血のめぐりが良くなり、栄養が体のすみずみまで行きわたるよう、工夫されています。

ここをあえてアルギニンではなく、シトルリンを入れているのもさすがだなと。

というのも、アルギニンの一部は体内でシトルリンに変換されるんですね。「血管の拡張効果」を狙うなら、シトルリンよりも安価なアルギニンを配合してもいいわけです。そのほうが利益を多くとれます。

でも、アルギニンの欠点は、パウダーで摂取すると人によっては胸焼けしてしまうこと(アルギニンサプリにカプセルタイプが多いのは胸焼けを防ぐため)。また、アルギニンのすべてがシトルリンに変換されるわけではないため、利用効率もそこまで高くない。

BCAAサプリにアルギニンが含まれることはあっても、シトルリンが含まれることはほとんどありません。エクステンドを魅力的にしているポイントの一つです。

味が豊富  えらぶ楽しみ

エクステンドは味の種類が豊富なので、「次はどの味を試そうかな」という楽しみがあります。

たいていのBCAAサプリは、たいてい3つ、多くても5つ程度。ですが、エクステンドは、15種類以上も用意しています。さすが、ほぼBCAAだけで勝負している企業は気合いが違う。

はじめてエクステンドを試す人にとっては、選びづらいかもしれません。ですが、何度もリピートする身としては、味が多いのはうれしいです。

インフォームド スポーツを取得 ドーピング対策に

エクステンドは、国際的なドーピング認証「インフォームド・チョイス」を取得しています。

私自身、ドーピングテストを受けるわけではありません。ですが、やはりこのマークがあると「体に有害な成分は含まない」という意味なので、毎月たくさん飲む私にとっては安心材料のひとつです。

不満な点

粉が固まる

エクステンドは味の種類が豊富なので、買うときはついつい2〜3つほど買ってしまいます。

ですが、2ヶ月も放置してると、粉が固まってしまうのがやっかいな点。さらに放置すると、パッキパキになって捨てるしかなくなります。つまり、お金を捨てるのと同じ・・・。まぁ、毎回3つも買うなって話なんですけどね。

アミノ酸系のサプリにはよくあることですが、エクステンドも例外ではなく。開封したらできるだけ早く飲まなければいけません。

濃い味が多い

エクステンドは外国人向けに作られているため、味が濃いんです。グレープ味は特に濃い。申し訳ないが、うす味が好きな私は2度と買わないと思う…。

付属スプーン1杯程度ならまだ大丈夫ですが、2杯入れるとかなり甘くなってしまう。うす味も用意されているものの、割合でいうと濃いほうが多い。それに、「味がうすい」といっても、そこはアメリカ人に合わせています。日本基準での「うす味派」の人だと、それでも甘いと感じてしまうかもしれません。

本当なら、日本のサプリブランドがエクステンドと似たような、「うす味BCAAサプリ」を販売したら最強になるはず。でも、サプリメーカーにいた身としては、おそらく不可能かと。

もし、エクステンドと同じ成分のBCAAサプリを日本で作るとしたら、おそらくエクステンドの2倍以上の値段になると思います。海外サプリの弱点である「うっかりドーピングの可能性」も、インフォームド・チョイスを取得していることで潰されていますし。

クエン酸を混ぜると味をうすめられるので、濃い味を選んでしまって絶望している人は試してみてください。

マックス

逆に、濃い味が好きな人にとっては問題ないけどな。

うす味のエクステンドについては下記の記事で紹介しています。

グルタミン、いるか?

エクステンドには、グルタミンがスプーン1杯あたり2.5グラム含まれています。そりゃ、ないよりはましですが・・・必要あるかね?

というのも、グルタミンを飲むような意識が高い人は、グルタミン単体のサプリを用意する人なんですよね。そんな人は、自分で勝手に追加したり、トレーニング後に別途摂取します。グルタミンは単体がもっとも使いやすい。

グルタミンの代わりに、シトルリンやBCAAを多く配合してくれるなら、もっとハッピーになるんだけどなぁ。

BCAAが微妙に足りない

エクステンドの付属スプーン1杯に含まれるBCAAの量は、7.75グラム。

  • スプーン1杯:7.75グラム

決して少ない量ではありませんが、あえてわがままを言うと、ハードにトレーニングをするなら10グラムは欲しい。

もちろん、スプーンを2杯にすればBCAA量は15グラム程度になる。実際そう摂取している人も多いでしょう。でも、今度は味が濃くなってしまう。味を薄めるには水分量を多くしないといけなくなってしまう。むー…。

よって、今は「トレーニング前にBCAA単体サプリを飲み、トレーニング中にエクステンドを飲む」という、二度手間になっています。

そこまで不満というわけではないのですが、あえてケチをつけてみました。

マックス

ぜいたく言うんじゃねぇよ。

まとめ:それでもエクステンドは良いBCAAサプリ

筆者があまのじゃくな性格なので、不満な点を挙げたものの、それでもやっぱりエクステンドはBCAAサプリとしては最高峰ブランドのひとつ。BCAAサプリランキングの上位に、長年君臨しているのも納得です。

今までありがとう、エクステンド。
これからもよろしく、エクステンド。

エクステンド ブラッドオレンジ味