>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

1ヶ月で2.5kg減:ゴールドジム アルティメットファットバーン 効果レビュー

アルティメットファットバーン2

さすが、ゴールドジムクオリティ。

今回は、ゴールドジムの「アルティメットファットバーン」を試しました。

高いサプリを買おうとしているときは、「効果が出なかったらどうしよう」と不安に思うものです。

「で、アルティメットファットバーンって実際痩せられるの?」と疑問に思う方のために、レビューをしました。

結論からいうと、アルティメットファットバーンを1ヶ月ためして、体重が2.5kg減りました。
なお、病みあがりだったため、そこまでキツい食事制限はしていません。

私の中では、今まで試したファットバーンの中で上位に入ります。

「プチダイエットをしたい」
「増量で脂肪がつきすぎたので軽く減量したい」

など、脂肪を落としたい人の強い味方になるでしょう。

力を入れすぎて少し長い記事になりましたが、使用を検討している人の参考になれば幸いです!

アルティメットファットバーンを使用し、1ヶ月で2.5kg減

アルティメットファットバーンがオススメな人

結論からいうと、1ヶ月使用して、体重が2.5kg減りました。

  • 83kg→80.5kg

「え、たった2.5kg?」と思う人がいるかもしれません。ですが、筋肉を維持しつつ体重を減らすには、むしろこれくらいの減量幅のほうが適切です。

使用して1ヶ月の体重推移、トレーニングや食事内容についてまとめました。

最初の2週間でどんどん減っていった

ファットバーンを使い始めて2週間で、体重はスムーズに落ちていきました。具体的には、0.1〜0.2kgずつ毎日減った感じです。もちろん脂肪だけではなく、水分も減っているでしょう。

好調すぎるので「あ、これはもしかしたらすぐ(体重減少)が止まるかも」と思っていたら、案の定、止まりました。

3週間目から体重減少がストップ:考えられる2つの理由

減量を開始して3週間目以降は、体重の減少がストップしました。とはいえ、これは想定の範囲内。減量を始めてすぐはどんどん痩せますが、途中から体重は減りづらくなることはよくあることです。

考えられる理由は2つ。

  1. ただ体重の数値が減っていないだけで、ウェストは減っている
  2. 代謝が止まり、エネルギーが消費されにくくなっている

経験上、1)は減量初期に起こりやすいです。「体重の数値は変わっていなくても、ウェストサイズは減っている」という場合ですね。まどわされないために、減量中は体重だけではなく「ウェストサイズ」も計測しておくことを強くおすすめします。

2)の「代謝低下」ですが、これは減量を開始して2〜3ヶ月もすると起こります。人間に残っている「命を守るための反応」で、食事量が少ない状態が長いあいだ続くと、体は消費エネルギーをセーブし、体に貯めます。

対策としては、食事量をいつもの1.5〜2倍まで増やし、代謝を上げる「チート」という方法が一般的です。

ですが、今回は減量を開始してまだ2週間でした。よって、1)の「ただ体重の数値が変わっていないだけ」と判断し、変更は加えず。実際、ウェストサイズは減っていました。

結果的に、3週間目は体重がほぼ変わらず。増えもせず、減りもせずでした。

4週間目からは体重がまた減り始めて、最終的には80.5kgにまで下がりました。

2.5kg減はちょうどいい

実は、計画がすこし狂いました。

あまり筋肉を減らしたくなかったため、目標は「マイナス2kg」でした。結局は0.5kgオーバーしてしまいましたが、これくらいの誤差であれば及第点とします(自分に甘いので)

体におこった変化

見えるか見えないかくらいだった腹筋のラインが、はっきりと見えるようになりました。2.5kgも体重が減ったら、ウェストはかなり細くなります。

「それまで履いていたズボンがずれ落ちやすくなる」といったダイエット定番の反応も。

バキバキに絞れたわけではない(そもそもそこを目指していない)ですが、ビーチに行っても恥ずかしくないレベルの体にはなったかなと。

とくにきびしい食事制限はしていない

減量期間中は、それほど厳しい食事制限をしていたわけではありません。

  • 摂取カロリー:2500kcal〜2800kcal
  • タンパク質:体重の2.2倍(g)
  • 脂質:摂取カロリーの20%
  • 炭水化物:残り

それぞれの成分の、1日の摂取量はこちら

  • カロリー:2500kcal
  • タンパク質:170g
  • 脂質:60g
  • 炭水化物:300g
    (トレーニング日)

筋トレが休みの日は、炭水化物を250gに減らして、タンパク質と脂質を少しずつ増やします。

タンパク質(肉や魚)の食べる量を増やせば、自然と脂質量も増えるため、脂質の摂取量を意識して増やすことはしませんでした。

また、週に1日はダイエットをやめて、家族と焼き肉やラーメン、中華など、好きなものを食べていました。

MEMO
ゆるい減量だったので、週1回、好きなものを食べましたが、厳しくやるなら2週間に1回くらいにすると思います。

トレーニングは週3〜4日

実は、減量に入る直前まで、原因不明の体調不良に1ヶ月ほど悩まされていました。「大阪北部地震」を震源地近くでモロに体験したので、精神的なストレスもあったのかもしれません。

病み上がりだったため、まずは体調をもどすためのトレーニングから開始することに。

それまでは週4〜5日、体を4〜5部位に分けて筋トレをしていました。いきなりこのレベルから開始するとまた体調をくずします。まずは週3日、それぞれ全身トレーニングを軽くおこなうことにしました。

2週間ほど続けて「もうそろそろ大丈夫だな」と感じたため、ゆっくりとギアを上げていきました。といっても、仕事やいろんな事情があり、トレーニングは週4日までです。

ルーティン
  1. 胸、肩
  2. 背中
  3. オフ
  4. オフ
  5. 肩、胸
  6. オフ

オフは週3日で、足の日の前後にオフをそれぞれ入れます。ただ、あとから気づいたのですが、全身トレーニングをしていたほうが体感的には痩せやすかったです。

毎回のトレーニングで全身を使うので、エネルギー消費量が増えたのでしょう。減量時で体重が減りにくい場合は試してみてください。

アルティメットファットバーンを使ってみた実感

アルティメットファットバーン2

ここからは、ゴールドジムのアルティメットファットバーンを使ってみて感じたことの紹介です。

頭や胃に違和感が出にくい

脂肪燃焼サプリにありがちなのは、「カフェイン」や「カプサイシン」の量が多すぎること。

結果、「頭痛」「胃痛」「胸やけ」などの感覚がして、トレーニングに集中できないこともしばしば。いくら効果があっても、不快に感じるサプリは続けられません。

一方で、アルティメットファットバーンでは不快な感覚はありませんでした。海外の脂肪燃焼サプリのように大量の成分が入っているわけでもないので、安心。バランスがとれた成分内容です。

カプセルがツルツルしていて飲みやすい

カプセルがツルツルしていて飲みやすい

アルティメットファットバーンのカプセルは、小さくて表面がツルツルしていて、喉をスルッと通りやすいです。

ファットバーナーに限らず、カプセルタイプのサプリはノドにひっかかる感じがありますが、アルティメットファットバーンだとそれがありません。

今まで飲んだファットバーナーの中で、ダントツに飲みやすいです。ジムに向かう車内で飲む時、信号待ちの少ない時間でもさっと飲むことができてラクちんです。

ドーピング違反成分はなし 競技者でも安心

ほとんどの人に関係ないかもしれませんが、アルティメットファットバーンは国内で製造されているため、ドーピング成分が入っていません。

ドーピング検査をするボディビル団体「JBBF」の選手でも使用しているので、ボディビルやフィジーク、ビキニなどのフィットネスコンテストに出る場合でも安全に使用できます。

ただ、安全とはいえ、アンチ・ドーピング組織「JADA」の認証は受けていません。団体によっては、「JADAマークが入ったものしか使ってはいけない」など決まりがあります。アスリートは確認することをおすすめします。

マックス

まぁ普通に大丈夫だと思うけどな。

ファットバーンの成分:いろんな素材をバランスよく配合

アルティメットファットバーンの成分

ここからは、アルティメットファットバーンに含まれる成分を、研究エビデンスをもとに見ていきます。成分内容に興味がなく、「飲み方」を知りたい人は飛ばして次へ進んでください。

カルニチン

脂肪燃焼系のサプリには、必ずといってよいほど含まれるのが「カルニチン」。
カルニチンは、脂肪をエネルギーとして使うサポートをします。

脂肪が燃える仕組みをカンタンにお話すると、細胞の中にある「ミトコンドリア」という場所で、脂肪はエネルギーとして変換され、使われます。これがいわゆる「脂肪燃焼」です。

運動や筋トレなどの刺激で、脂肪は血中に流れ出します。血中にある脂肪を、「カルニチン」がミトコンドリアの中に運んでくれるのです。いわば、行き場を失った脂肪の「導き役」のようなものですね。

カルニチンが脂肪をミトコンドリア内に運搬する

カルニチンが助けてくれることで、脂肪はエネルギーとして使われるのです。

参考:L-カルニチンと脂肪燃焼

EGCG

緑茶に含まれる成分を抜き出したのが「EGCG」です。「green tea extract(緑茶抽出物)」として、国内外問わず、多くのファットバーナーに含まれる定番の成分。定番ということは、それだけみんなが効果を認めているのです。

  • 抗酸化作用
  • 認知機能改善
  • 代謝を活性化させる
    参考:12

以上の効果が確認されています。

なかでも「EGCG」で有名なのは、「カフェインサプリと組み合わせると脂肪燃焼が進んだ」こと(*, *)。

つまり、アルティメットファットバーンを摂取するときは、濃いめのコーヒーを飲むと良い相乗効果が得られるってことなんですね。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10には、目立った脂肪燃焼効果はありませんが、運動パフォーマンスを上げる効果があります。

  • 運動能力の向上
  • 疲労軽減
  • 活性酸素の除去
  • ATPの生成サポート

運動パフォーマンスが上がると、エネルギー消費量が増えるため、より多くのカロリー消費が期待できます。

関連:CoQ10(コエンザイムQ10)の筋トレへの効果、摂取量と飲み方

黒こしょうエキス

黒こしょうエキスは、他の成分の吸収をアップすることがわかっています。

たとえば、コエンザイムQ10と黒こしょうエキスの同時摂取で、コエンザイムQ10の吸収がアップします。

アルティメットファットバーンにはコエンザイムQ10も配合されており、「さすが考えられているなぁ」と感心しました。

黒こしょうエキス自体にも、多少の脂肪燃焼効果は認められているものの、効果としては微妙です。それよりも、他の成分の吸収を向上する効果のほうが強く、引き立て役になっています。

関連:「HALEOハイパードライブエナジー2.0」効果レビュー:ゾーンに入り、筋肥大を目指す

カプサイシン

トウガラシに含まれる成分を抽出したもの。ホットチリソースなどにも含まれています。

カプサイシンには、エネルギー消費量を増やす効果が認められています。ダイエットの基本はエネルギー消費量を、エネルギー摂取量よりも多くするのが基本です。

  • エネルギー消費量>エネルギー摂取量

仕組みは完全には明らかになっていませんが、カプサイシンの摂取で「ノルアドレナリン」という成分が体内で分泌され、それが脂肪の酸化をサポートするのではないか、と言われています(*, *)

アルティメットファットバーン:飲み方

アルティメットファットバーン 飲み方

アルティメットファットバーンの飲み方について解説します。

最初は少ない量から始め、経過を見て増やす

飲み方
  • 摂取量:6〜9粒
  • タイミング:運動をする20〜30分前

ファットバーンのパッケージには「6〜9粒を摂取」と書いてあります。「結局、どれだけ飲めばいいの?」と疑問に思うかもしれません。

個人的に、脂肪燃焼サプリを摂取するときは、少ない量から始めることをおすすめします。というのも、いきなり多い量から試すと、胃痛や頭痛が起こることがあるためです。

この場合、まずは少ない粒数から始めて、体重の推移を見ましょう。たとえば、6粒の摂取で体重がずっと減っているなら、量を増やす必要はありません。

私の場合は6粒から始めました。今回はハードに絞るのが目的ではなかったため、最後まで6粒のまま。たまに9粒などに増やしてみましたが、頭痛や胃痛などはおこらず、体にやさしい脂肪燃焼サプリだと感じました。

プレワークアウトと一緒に使っても大丈夫

一般的な脂肪燃焼サプリには「カフェイン」が含まれるため、同じくカフェインをおおく含む「プレワークアウトサプリ」との併用は推奨できません。カフェインを過剰摂取すると、体に影響が出るからです。

ですが、アルティメットファットバーンにはカフェインは含まれません。よって、普段からプレワークアウトサプリを摂取する人でも、アルティメットファットバーンと併用が可能です。

注意:飲めば痩せるわけではない

ファットバーンは減量向けのサプリですが、もちろん、飲むだけで痩せるなんてことはありません。かといって、とてもハードな運動が必要かというと、そうでもありません。

暴飲暴食は避け、適度に運動をしてさえすれば、ファットバーンは減量の大きな味方になってくれることでしょう。

また、体重が減らないからといって、摂取量を2倍、3倍に増やす人がいますが、おすすめしません。脂肪燃焼サプリはあくまでも減量のサポートをするだけです。

摂取量を極端に増やしたところで、経験上、効果はそんなに変わりません。体重が減らない場合は、食事量を減らしたり、有酸素運動量を増やすなどして対処するのがいいでしょう。

アルティメットファットバーンはどんな人におすすめできるか?

アルティメットファットバーンがオススメな人

オススメな人
  • 1〜2ヶ月間だけ、軽く絞りたい
  • 普段から週2日以上筋トレをする人
  • 肩や腕の筋肉の境目を目立たせたい
  • ドーピング検査がある競技者
  • 他の脂肪燃焼サプリで胸やけしてしまう

「ゴールドジム アルティメットファットバーン」は、初心者、中級者、上級者、すべての人が使っても満足できると思います。

ただし、残念ながら、運動をしていない人が飲んでも痩せません。定期的に筋トレをする人向けですね。

  • 「2ヶ月後に結婚式がある」
  • 「ビーチやプールのために軽く絞りたい」
  • 「増量しすぎたので、1ヶ月だけ絞りたい」
  • 「フィットネスコンテストへ向けて、最後の一絞りをしたい」

など、いろんな用途に使えるでしょう。
ぜひ、試してみてくださいね!

(調べてみたら、Amazonよりゴールドジム公式サイトが安く買えます)