>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

ジェレミーブエンディア「2018年のオリンピアが最後になるかもしれない」

ミスターオリンピア11週間前の、「ジェレミー・ブエンディア」の近況がYouTubeにアップされました。

ミスターオリンピアのフィジーク部門を4連覇中のジェレミーですが、「2018年のミスターオリンピアが最後になるかもしれない」と語っています。

「2018年が最後かもしれない」

なぜ2018年が最後の出場になるのか、ジェレミーは理由をはっきりと述べていません。ただ、身の回りで色々なことがあったとのこと。

ファンとしては寂しいかもしれませんが、「かもしれない」と、断言はしていません。また戻ってくる可能性はあります。もしかしたら、クラシックフィジーク部門に移行するとか?

トレーニング、コンディション

きれいな女性のパーソナルコーチをした後、ジェレミーは胸のワークアウトをしています。

トレーニング中は血管が浮き出やすいとはいえ、11週間前でこのコンディション。順調といってもいいのではないでしょうか。

今回は、次の種目をしているようでした。

  • インクライン・ダンベルプレス
  • ケーブル・クロスオーバー
  • チェストプレス
  • インクライン・バーベルプレス
  • 腕立て伏せ(追い込み)

ジェレミーは、2017年に右胸を断裂し、手術を受けています。動画の途中では、その右胸が映っています。

ほんとにケガしたのか…?順調に回復しているようで何より。

トレーニング後にはポージング。
ボディビルのサイドチェストポーズをして、ここでも断裂した右胸を見せています。

もうちょっと絞らないとわからないのかもしれませんが、やはり大きな違和感は感じられません。

しっかし、相変わらず腕が太い。背中を見せる「バックポーズ」では、ジェレミーの大きな特徴でもある「横に広い広背筋」も際立っています。

「準備はできている。5回目のオリンピアになる」

「(他の奴らは)今年は勝てるチャンスがあると思ってるだろうね」

「右胸、左のふくらはぎで負けてたって、何も問題ない」

と、強気なジェレミー。そりゃ4連覇もしてたら自信もあるでしょう。

インスタグラムでもポージング動画がアップされていました。

こう見ると、右胸は少しだけ薄い気も…?

フィリピンのストリートチルドレンに2万ドルを寄付

ジムを出た後、ジェレミーはビジネスパートナーと食事件ミーティングへ。

自身が関わるアパレルブランド「HERA×HERO」の関係者とのミーティングとのこと。食べてるお寿司が美味しそう。何やらエキサイティングなことが始まるようです。

また、以前にフィリピンを訪れた際、靴すら履いてないストリートチルドレンにショックを受けたというジェレミー(ジェレミーはフィリピン系アメリカ人)。

ジェレミーブエンディア基金を立ち上げ、2018年のミスターオリンピアで、勝っても負けても賞金2万ドル(日本円で約225万)をフィリピンのストリートチルドレンに寄付する予定とのこと。

動画の中で、ジェレミーは「GIVE BACK(恩返し)」という言葉を発しています。

賞金をすべて寄付するというのは、日本にはあまりない価値観です。まさに「チャンピオン」としてふさわしい振る舞い。

ワークアウト以外でも、ジェレミーから学べることはたくさんあるようです。

関連:筋肉を落とさず脂肪を落とす!「ジェレミーブエンディア」の減量トレーニングプログラム

関連:ジェレミーブエンディア、手術から復帰後の脚トレーニングを公開

Mr.オリンピア2018の結果情報を総まとめ