>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

Mr.オリンピア2018:メンズフィジーク各選手 直前のコンディションを公開

きたるミスターオリンピア2018にむけて、メンズフィジークの各選手がコンディションをSNS上で披露しています。

注目の4選手をピックアップしました。

マックス

みんな、きっちり仕上げてるな。

メンズフィジーク

ジェレミー・ブエンディア

 

View this post on Instagram

 

4x Mr. Olympia Physique Champさん(@jeremy_buendia)がシェアした投稿

この仕上がりを見て、おもわず「おぉ〜!」と声が出てしまった。トレーニング中なので多少パンプアップし、血管も浮き出ている。とはいえ、それを差し引いてもさすがはチャンピオン。メンズフィジーク4連覇中の実力は伊達じゃない。

大胸筋の断裂という大怪我を経験しているはずなのに、「どこ怪我したんだっけ?」と思わせるコンディション。怪我でトレーニングがあまりできなかったぶん、サイズは多少減っているかもしれませんが、5連覇なるか。

関連:ジェレミーブエンディア「2018年のオリンピアが最後になるかもしれない」

アンドレ・ファーガソン

 

View this post on Instagram

 

IFBB PRO Andre Ferguson♎♎????????????????さん(@luckylibra213)がシェアした投稿

2018年のアーノルドクラシック、メンズフィジーク優勝者。残念ながら、服を着ているので全体はわからない。広背筋が横に45度くらいの角度で突き出ていて、リアデルト(三角筋後部)が大きく発達しているのがわかります。

「なにも怖くない」
「レジェンドのように生きろ」

とTシャツに書かれています。

これまでのコンテスト結果の成績からいうと、2番手につけるアンドレ。打倒ジェレミーなるか。

ライアン・テリー

 

View this post on Instagram

 

Ryan Terryさん(@ryanjterry)がシェアした投稿

調整がすこし遅れている」と言っていたライアンテリーですが、さすがプロ。きっちり仕上げてきています。

全身にうっすらと血管が浮き出ています。炭水化物を抜いているので体が多少フラットになっているものの、今後のカーボアップでどんなコンディションになるか。

2017年よりも大幅にサイズアップをしているだけに、期待大。これぞ「ザ・メンズフィジーク」という肉体。個人的に応援しています。

関連:ライアンテリー、オリンピア4週間前の上半身サーキットトレーニングを公開

ブランドン・ヘンドリクセン

 

View this post on Instagram

 

Brandon Hendricksonさん(@brvndonflexx)がシェアした投稿

ウェストが細い…!

腹筋の形がきれいで、腹筋下部まで血管が走っている。大胸筋のアウトラインがすばらしいですね。

あらゆるところで「ボンッ、キュッ、ボンッ」な肉体です。個人的に、ブランドンはダークホース的な存在なので楽しみ。

こう見ると、メンズフィジークの選手たちはウェストが細く、肩幅が広いのがあらためてわかります。顔の小ささも加わり、さらに逆三角形が強調されて迫力が出ていますね。

さあ、ミスターオリンピア2018、メンズフィジークの結果はいかに?
日程は以下より確認できます。日本だと何時に各クラスを観戦できるのか、まとめておきました。

関連:ミスターオリンピア2018情報まとめ:日本で見る方法、時間、見どころ

Mr.オリンピア2018の結果情報を総まとめ