>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

ダニーヘスター:ミスターオリンピア5日前のトレーニング

ハンマーストレングスチェストプレス

クラシックフィジーク選手、「ダニーヘスター」のトレーニング動画を紹介します。

ミスターオリンピア2016から5日前のトレーニングなので、体がバリバリに絞れており、血管が浮き出て迫力があります。

大会前のトレーニングなので、あまり追い込んではいませんが、トレーニングフォームがきれいです。
自分のトレーニングフォームが正しいのかどうか、確認したい人にとっては参考になるかと!

ハンマーストレングス チェストプレス(2:51〜)

ハンマーストレングスチェストプレス

ポイント
  • グリップをほぼ握っていない
  • グリップのもっとも内側を持っている
  • 目をつぶって集中している
  • 親指はバーに沿わせるだけ
  • 肘を深く下げている
  • 押すときは肘を内側に入れるようにしている
    (マシンの性質上そんな動きになる)

ハンマーストレングス ショルダープレス(4:18〜)

ハンマーストレングスショルダープレス

ポイント
  • 目をつぶってを集中
  • グリップはほぼ握っていない
  • 小指側で押している

ハンマーストレングス ラットプルダウン(5:15〜)

ハンマーストレングス ラットプルダウン

ラットプルダウン系種目で非常に大切な、「肩甲骨の動き」がわかりやすいです。まさにお手本。
背中のトレーニングが苦手な人は要チェックです!

ポイント
  • グリップは狭めて持っている
  • 親指はグリップに引っ掛けていない
  • 肩甲骨を下げて内側に寄せている
  • 肘をできるだけ下げている
  • 胸を張っている

マックス

それにしてもやべえ背中だな…。

EZバー バーベルカール&ドラッグカール(6:42〜)

バーベルカール

先にバーベルカール、次にドラッグカールをしています。

ポイント
  • 肩を動かさない
  • 腕だけを曲げている

ハンマーストレングス ディップス (8:43〜)

ハンマーストレングスディップス

こちらもあまり握らず、掌底だけで押しています。

マックス

腕の血管よ。

ダンベルハンマーカール(9:44〜)

ダンベルカール

ポイント
  • 前傾姿勢でカールをしている
  • ダンベルを親指側に詰めて持っている

ケーブルプレスダウン(11:30〜)

ケーブルプレスダウン

ポイント
  • 腕を身体の中央に向けて押し下げている

マックス

普通のケーブルマシンでやると、ケーブルが顔に当たって邪魔になるから、こういったケーブルステーションでやるのもアリかもしれないな。

トレーニングフォームの参考に

コンテスト直前ということもあり、追い込むというより、調整的なトレーニングです。きれいなトレーニングフォームが参考になりますね。

マックス

よく見たら、トレーニング開始前、ショップのプロテインバーを買う前に食べてるな。さすがアメリカ。

関連:ダニーヘスター、アーノルドクラシック2018直前の仕上がり、肩トレーニングを公開

関連:【アーノルドクラシックUSA 2018】すべてのクラス結果まとめ