>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

【レビュー】ホエイペプチド配合!サッパリ味の「ナイトロテック 100%ホエイゴールドプロテイン」は私のスタメンサプリ

ナイトロテックホエイゴールド(チョコ)

人気サプリメントブランド「マッスルテック」が発売するホエイプロテイン(アイソレート)、「ナイトロテック 100%ホエイゴールド」をレビューしました。

「アイソレート」とは、タンパク質の含有量が多く、炭水化物と脂質が低めのプロテインのことを指します。

今回、私が試したフレーバーは以下の2つです。

  • ダブルリッチチョコレート
  • クッキー&クリーム

両者とも、文句のつけようがない美味しさでした。甘みが薄く、サッパリした味で、毎日飲んでも飽きません。もはや私のスタメンサプリとなっています。

「甘いプロテインが苦手」「余計な炭水化物や脂質を摂取したくない」という方にオススメしたいですね。

マックス

めっちゃええで。

タンパク質量が多く、炭水化物と脂質が少ない

ナイトロテックプロテインパッケージ写真

ナイトロテックホエイゴールド(以下「ホエイゴールド」)の成分的な特徴としては、ざっと次のとおり。

ホエイゴールド:特徴
  • アイソレートプロテイン、ホエイペプチドを使用
  • タンパク質量が多い
  • 炭水化物と脂質が少ない
  • 1食に4gのグルタミンと前駆体を配合

1食(33g)あたりの栄養成分はこちら。

ホエイゴールド:成分
  • カロリー:120
  • タンパク質:24g
  • 炭水化物:2g
  • 脂質:2g

後述するホエイプロテインアイソレートとホエイペプチドを使用しているため、タンパク質の量が多く、炭水化物や脂質は少ない設計になっています。素晴らしい!

それではさっそく、私が感じたことをお話します。

美味しくて、溶けやすい

チョコレートのイラスト

さっぱりして美味しい

ホエイゴールドは、サッパリしていて非常に飲みやすいです。

一般的な海外のプロテインは、とにかく甘いんですよね…。
甘党派はそれが良くて海外産を選ぶのですが、薄味派の私は、海外プロテインを買うたびに「これは甘すぎないかな…?」とビビリながら選んでいます(笑)

また、マッスルテックのプロテインは以前にも試したことがあって、かなり甘かったんです。

そんな甘いプロテイン嫌いの私でも飲めるほどに、ホエイゴールドはサッパリしています。
後述しますが、アイソレートタイプのプロテインとホエイペプチドが主に含まれているので、サッパリした味になっているのでしょう。

私はダブルリッチチョコレートとクッキー&クリームを試したのですが、どちらも濃すぎることなく、ちょうどよい味になっています(他ブランドのプロテインならもっと濃い味付けのはず)

クッキー&クリームは、かなり薄いカフェオレのような味で、とてもあっさりしています。

クッキークリーム

iHerbでのレビューを見てみると、どの味も比較的サッパリしているようです。

「薄味のプロテインが好きなので、海外プロテインはいくら品質が良くても飲めない」という人にはうってつけのプロテインといえるでしょう。

また、水にさっと溶けるので、シェイカーに力を入れてシャカシャカ振る必要もありません。泡立ちも少ないです。

アイソレートプロテインとホエイペプチドを使用

前述のとおり、ホエイゴールドにはアイソレートタイプのプロテインと、ホエイペプチドが配合されています。

ここで、プロテインの種類について少し見てみましょう。

プロテインはおもに、以下の3つの種類に分けられます。

  • ホエイプロテインコンセントレート(WPC)
  • ホエイプロテインアイソレート(WPI)
  • ホエイペプチド(WPH)

それぞれの違いはこちら

種類吸収タンパク質量価格
WPC普通約70%安い
WPI普通約80%高め
WPH早い約80%かなり高め

とくに「ホエイペプチド」は最近注目されているプロテインで、吸収が速く、多くのアミノ酸をすばやく体内に送り込むことができます。

マッスルテック社のホームページによると、「ホエイペプチドは素早い回復を促し、インスリン分泌もサポートする」とあります。

たしかに、ホエイペプチドは成分としては非常に優秀ですが、私は内心「はいはい。どうせアメリカの会社だし、誇張してるんでしょ」と話半分に受け止めていました。

マックス

ひねくれてんなぁ。

ですが、臨床的にも証明されているということがわかり、態度を改めました(笑)

参考 Human insulinotropic response to oral ingestion of native and hydrolysed whey proteinPubMed - NCBI

よって、予算に制限がないなら、トレーニング前後はホエイペプチドプロテインを摂取するのをオススメします。

マックス

 日本のトップボディビル選手も「ホエイペプチド」を飲んでるからな。

ナイトロテック ホエイゴールドの飲み方

マッスルテックの指示
  • 付属スプーン1杯を170mlの水や牛乳に溶かして飲む

私は2杯(48gのタンパク質)を、250〜300mlの水に溶かしてトレーニング前後などに飲むようにしています。

以下の写真は、クッキー&クリームに付属するスプーン(1杯33g)です。

プロテインパウダー

水にさっと溶けて、泡立ちが少ないあたりはさすがマッスルテック。

シェイクされたプロテインドリンク

なお、プロテインの効果的な飲み方は以下の記事に書いています。

関連記事:少食でも筋肉は増量できる!たくさん食べられない人が筋肉を大きくするための基本戦略を解説します

アイソレートなのに安い

ホエイゴールドが優れているポイントは、「美味しい」「溶けやすい」だけではありません。

アイソレートプロテインとホエイペプチドを配合しているのにも関わらず、価格が安めなのも素晴らしいポイントです。

国内で最安値クラスのWPCプロテイン、「エクスプロージョン」と比較してみると、おそろしいことがわかりました…。

(右へスクロールしてください)

商品価格g単価1kg単価
エクスプロージョン(いちご)¥6,4583,000g2.2円¥2,153
ホエイゴールド(ダブルリッチチョコ)¥6,6082,500g2.6円¥2,643
ホエイゴールド(クッキー&クリーム)¥3,3431,000g3.3円¥3,343

(2017/12/13時点の価格)

なんと、国内のWPCプロテインと、アイソレートとホエイペプチドを含む「ホエイゴールド」のグラム単価に大差がないのです。1kg単価にしても500円ほどしか変わりません。

マッスルテックは製品検査にも厳重な注意を払っていることでも有名なので、異物混入が起こるとは考えにくいですし…。

マックス

よし、これは見なかったことにしよう。

とくに欠点が見当たらない

プロテインのパッケージ

私がサプリメントのレビューをするときは、メリットとデメリットを明確に書くように心がけています。ですが、ホエイゴールドに関しては欠点が見当たりません。

あまのじゃくな私がケチをつけられないとは、ホエイゴールド、恐るべし・・・。


ということで、「ナイトロテック 100%ホエイゴールド」のレビューは以上。

なお、マッスルテック商品は、2017年の12月31日まで20%オフセールを開催中です。
さらに、iHerbコードを使えば25%オフ

iHerb、相変わらず攻めてるなぁ・・・。

年末年始はプロテインが切れやすく、配達も遅れます。早めにゲットしておきましょう。

5%オフコード
LTR168