日本人選手が大活躍!アーノルドクラシック2017の結果

スポンサーリンク

2017年3月2〜5日にかけて開催されたアーノルドクラシックは、去年よりも日本人選手の活躍が目立った大会でした。我々日本人としては、本当に嬉しい限りですね。それではさっそく結果を見ていきましょう!

スポンサーリンク

アマチュアクラス

  • 鈴木雅選手、80kg級2位
  • 須山翔太郎選手、75kg級4位

鈴木選手は去年の優勝に引き続き、2位という好成績。しかも直前にインフルエンザにかかってしまったのにも関わらずこの結果。本当にすごいとしか言いようがありません。須山選手も世界選手権3位に引き続き、アーノルドでは4位に。カッコイイ!

※まだざっくりとした情報ですが、写真等は今後アップデートしていきます。IRONMAN BLOGで選手たちの写真が少しだけ見ることができます。

フィジーク

  • 佐藤正吾選手 優勝
  • 湯浅幸大選手 優勝

素晴らしすぎる結果!おめでとうございます。日本人フィジーカーは強い!

【追記】湯浅選手の画像がありました。

残念ながらオーバーオール(体重無差別クラス)では優勝とはなりませんでしたが、このまま行けば、日本人がオーバーオールで勝つのは時間の問題かと思います。

212クラス

まずは212ポンドクラスの結果からいきましょう。日本の星、山岸秀匡選手は6位に入賞といった結果になりました。本人の臨む結果ではないかもしれませんが、世界6位に入るだけでも信じられないことです。これからも応援し続けたいと思います。

フリーポーズ動画はこちら

212クラスの結果としては、以下のとおりです。

1位 アハメドアシュカナニ

2016年のミスターオリンピア212クラスでは2位だった選手が今回は優勝しました。以前書いた記事「ミスターオリンピア2016の審査結果と写真を見ながら振り返る」にも登場しています。それにしても素晴らしいバルク。212クラス絶対王者「フレックスルイス」と良い勝負をするかもしれませんね。

2位 デイビッドヘンリー

ここ数年パッとした成績を残せていなかったデイビッドヘンリーですが、2016年あたりから復活してきた感があります。とにかくコンディションが素晴らしい。筋肉が丸々としていてかっこいい。

3位 ホセレイモンド

ホセレイモンドといえば常にバッキバキのイメージがありますが、今回は去年に比べるとあんまり?の様子。それでも3位に入るのはさすが。

プロボディビルクラス

プロボディビルクラスでは、前評判の高かったセドリックマクミランが優勝。ウェストが細く、かつバルクも備えていて、アーノルドシュワルツェネッガーが太鼓判を押している選手です。ちなみに優勝賞金は日本円で約1480万円・・・。アメリカは夢があるなぁ!

2位はダラスマカーバー。彼はプロボディビルダーとしては若く、なんと1991年生まれの25才!しかも182cmと、これからが期待の”大型”選手です。ミスターオリンピアでの活躍が見たいですね。


(左がダラス、右がセドリック)

以下、順位です。

1位 セドリックマクミラン、アメリカ
2位 ダラスマカーバー、アメリカ
3位 マックスチャールズ、アメリカ
4位 ライオネルベイケ、フランス
5位 ジュアンモレル、アメリカ
6位 フォードアビアッド、カナダ

こうみると、ミスターオリンピアには出ないような新しい選手たちが見れておもしろいですね。

おわりに

日本人選手が大活躍したアーノルドクラシックでした。

ここ数年、ボディビル・フィジークともに、日本人選手の美しい体が評価されています。これからもどんどん同スポーツが盛り上がっていくことを望むとともに、自分も業界を盛り上げる活動(ブログ等)を粛々とおこなっていきたいと思います。

去年(2016)のアーノルドクラシック情報はこちら

鈴木雅選手、アーノルドクラシック2016アマチュア80kgで優勝!世界一に! | ワークアウトハッカー

【アーノルドクラシック2016】山岸秀匡選手が日本人初の優勝! | ワークアウトハッカー