Workout Hacker厳選 サプリ&筋トレグッズ

パラチノース配合のクルミ餅「Enemoti」レビュー:筋トレ前の炭水化物補給に最適

enemoti

ただのお餅とあなどるなかれ。

今回は、スポーツ向けの炭水化物商品「Enemoti(エネモチ)」をレビューしました。

ゆっくり吸収される糖質「パラチノース」を配合しているため、スポーツ前の炭水化物補給として使いやすいです。

これは何?
  • ゆっくり吸収される糖質パラチノースを使ったクルミ餅
  • 筋トレ前の炭水化物補給に最適
  • 持久系スポーツをする人にもおすすめ

筋トレ前の炭水化物補給に使いやすい、パラチノース入のクルミ餅

enemoti

これは何か?
ひとことでいうと、「パラチノース」を配合したクルミ餅です。

成分(1本あたり)
  • 145kcal
  • タンパク質:1.6g
  • 炭水化物:27g
  • 脂質:3.4g
  • 食塩相当量:0.1g

「パラチノース」とは、ゆっくり吸収される糖質のことで、スポーツ界ではここ数年注目されている成分です。糖質がゆっくり吸収されると、エネルギーが持続しやすくなります。「運動中に低血糖になりにくい」というメリットも研究により報告されています。

参考:スローカロリーな糖質「パラチノース」ガイドブック

Enemotiに含まれる炭水化物は27g。
多すぎず、少なすぎず、ちょうどいい量です。

減量中でも、減量の前半と後半では、炭水化物に対する意識が違います。減量終盤になるほど、炭水化物量には敏感になるもの。「15gだと少ないけど、40gだとちょっぴり多い」という場合もあります。そんなとき、27gという炭水化物量はかなり絶妙かなと。

ただし、筋トレ後はなるべく吸収が早い糖質を補給するのが鉄則。こだわる人は「筋トレ前だけ」という食べ方になるかも。「そんな細かいこと気にしないよ」って人は、筋トレ前後の炭水化物補給として使うといいでしょう。

そしてこのEnemoti(エネモチ)、なにやらAmazonのレビューがとても良いようで。
そもそもは持久系スポーツ向けに作られた商品ですが、「筋トレにも使えるんじゃね?」と思い、持久系とは正反対の筋トレで試してみました。

脚の筋トレ前に食べてみた

enemoti

今回はEnemotiを脚トレ前に食べてみました。オブラートに包まれており、手がベトつきません。ウレシイ。

記事執筆時点では減量中なので炭水化物は少し減らしていますが、筋トレ前には軽く食べます。レビュー時の脚トレは合計30セットくらい。スクワット、レッグプレス、スミスマシンスクワットなど、コンパウンド種目が多めの構成で、時間にして約80分。ツラい。

結論、脚以外の部位を筋トレするなら、十分な炭水化物量だと感じました。パラチノースの効果に関しては、「普通のお餅よりも”まぁまぁ”エネルギーが持続してるかも?」くらいに感じました。そりゃ明らかに何倍も変わるわけではないですが、脚トレ後半でも少しの元気が残っていた感じ。持久系のスポーツ選手からの評価は高いので、私もマラソンなどをしていたらもっと体感できたのでしょう。

さてこのEnemoti、普通の筋トレをするぶんにはよいのですが、今回はゴリッゴリのボディビル的な脚トレをしてしまったので、「もうちょっと炭水化物量あればなぁ」とも思ってしまいました…。まぁカーボドリンク飲めって話なんですがね。

関連:筋トレのスタミナ切れ対策には糖質ドリンク!グリコ「CCD」がおすすめ

筋トレ中にカーボドリンクを飲まない人や、そこまで強度の高くない筋トレをする人、持久系スポーツをする人にはちょうどいい量だと思います。

持ち運びに便利。そして美味しい

enemoti

小さく、軽いので持ち運びにも便利なのは高評価。
カバンに突っ込んでおけるのは非常食としても心強い。

焼いたクルミが入っていて、そのサクサク感とお餅のモチモチ感が混ざっている、なんだか面白い食感です。増量中の3時のモグモグタイムにも使えそうだなーとも思いました。

▼購入はこちら

Enemoti(Amazon)
Enemoti(楽天)