>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

AirPods高すぎ!でもこの音楽体験は最高にオススメしたい

AirPods

「AirPods、欲しい。」
「でも、高すぎる。」
「それに、見た目がうどんすぎる。」
「でも、欲しい、気になる・・・。」

友人であるゴリミーさんの「AirPods レビュー」を読んでいたら、だんだん欲しくなってきた。
気づいたときには、AirPodsの配達を玄関で受けとっていた私。あれ、なんで?タイムワープ?

AirPods、これ、ほんとすごい。

多くの人がレビューしているように、ケースを開けるとあっという間に接続できる便利さは、他のイヤフォンでは体感できません。うどんとか言ってごめん。

買う前には「耳に合わなかったらどうしよう」とか「耳から落ちたらどうしよう」とか不安に思っていたけど、問題なし。
そして当サイトのテーマである「筋トレ」にも使えるのかどうかも試してみたけど、問題なし。むしろ他のイヤフォンより使いやすい。

装着感や機能面で感じたことをレビューしてみましたので、どうぞ。

装着感のレビュー

耳から取れない

私がもっとも不安だったのが、「耳に不快なく装着できるのか」と「動いても取れないか」でした。

結論、ぜんぜんとれない。

私の左耳はすこし小さく、イヤフォンが外れやすいという性質があるが、それもクリア。私の秘伝の奥義である「耳ピクピク動かし」をしても全然とれない。頭を前後左右に強く振ってもびくともしない。AirPods、やりよる。

「なにが人間工学にもとづいた設計だよ」と思っていたけど、科学者さんには全力で謝りたい。

軽いので首が疲れない。耳は長時間つけてるとすこし痛い

AirPodsはすっごく軽いので、下を見ながらノートを書いても首が疲れない。長時間のパソコン作業でも問題なし。カフェで仕事をするときに良い。

ただ、2時間もつけていると、耳が疲れてくるのでマッサージしたくなる。着け心地でいうなら、やっぱりSONYのヘッドが小さいイヤフォンのほうが私は好みかな。

運動時でも満足の使用感

私は週4〜5日で筋トレをしているので、AirPodsを筋トレ中に使えるのかも疑問だった。ただの筋トレじゃないですよ、Appleさん。筋トレガチ勢なめたらあきませんよ、と。

結果、ぜんぜん使えた。ズレないし、取れない。

スクワット、デッドリフト、ベンチプレスといった基本種目でも問題なし。アップライトローイング、ダンベルサイドレイズといった、体を前後に軽く降るような動作でもまったくとれない。

軽いランニングで30分ほど走ったけど、汗で落ちることもなく、快適。AirPods、おそるべし。

でもやっぱり見た目はうどん

AirPodsは、時価総額が世界一の会社が作った「超高性能うどん」
正直に言って、見た目は最高にかっこいいかというと、やっぱりそうは思わない。

とはいえ、ダサいとも思わなくなった。そもそも、私は毎日ユニクロの無地Tシャツを着るような、オシャレとはまったく無縁の生き物。そこらへんで散歩をしてるワンちゃんのほうがよっぽど良い服を着てる。だから、うどんを耳に着けてても気にしない。

機能面のレビュー

音質は普通に良い。音量を上げてもひび割れしない

そもそも、私は音質にこだわる人間ではない。というか、良い音がどんなものなのかもわからない、ド素人である。
500円のイヤフォンでも十分に満足できる人間なので、AirPodsの音質は私にとっては最高。というか、1万8000円もしたんだから、良くないと困る。

遮音性はほぼない

SONYのノイズキャンセリングヘッドフォンのような機能はAirPodsにはない。周りの音は聞こえてくる。

メリットは、道路を歩いているとき、後ろから自転車が来ることを知れたり、会話ができることかな。あと、家のチャイムが鳴ったことに気づくことができる。ノイズキャンセリング機能のイヤフォンつけてると、気づかないんですよね・・・。

デメリットは、カフェなどで完全に集中したいときに雑音が聞こえてしまう点。耳が敏感な人にはちょっと厳しいかも。声の大きい関西のおばちゃんの声はシャットダウンできませんでした(筆者は大阪在住)。

耳から外すと音楽が止まる

少し休憩しようと耳からAirPodsを外すと、音楽が自動で止まる。これがすごく便利。

片耳だけ外しても音楽が止まる。耳につけると、音楽がまた始まる。これはぜひ一度体験してみてほしい。感動しますよ。

マクドナルドで注文するときにも、片耳を外すだけでいいので、わざわざiPhone側で止める手間がない。

タップの設定ができるのが便利

デフォルト設定だと、左右どちらをタップしてもSiriが呼び出される。でも実際、Siriなんてあまり使いません。

音楽の再生/ストップ、次の曲を再生する、などに変更できるので、私はそう使っています。

ただ、ダブルタップのコツを掴むのにすこし時間がかかるかも。イヤフォンのヘッドではなく、うどん本体のほうをトントンする感じ。そうすると上手くいきます。

そうそう、バッテリー残量をウィジェットで確認できるのも便利です。いきなりバッテリーが切れたら困りますからね。

ケースを持っていると最大24時間はバッテリーが持続するようですが、たしかにバッテリー切れの心配は本当にありません。24時間も音楽聞かないけど。

やっぱり値段は高い。でも買ってよかった

AirPods

ここまで良い点、不満な点を語ってきましたが、最大の不満、それはやはり値段です。
Appleさん、高いよ・・・。1万8000円はやっぱり高い。せめて1万4000円くらいにしてよ・・・。

でも、AirPodsを3日ほど使った今、「高いけどやっぱり買ってよかったな」と思います。購入ボタンを押すときは心が痛みましたが。

ちなみに、買ったことはまだ嫁には言ってません。言えません。
もし何か聞かれても、聞こえないふりができるんですよ。そう、AirPodsならね。

【最新版】筋トレ効果を10倍上げるおすすめグッズまとめ