コンバットプロテイン(マッスルファーム)のレビューをしたよ

スポンサーリンク

4 (1)

さあ!きました、海外サプリ通販のサウスランドファーマシーさんとのコラボ企画第2弾!

今回は、多くのUFC選手が契約しているマッスルファームの「コンバットプロテイン」のレビューです。

1ヶ月くらいかけてじっくり試してきました。

そして言えるのは、「やっぱり海外製品は熱の入りようが全然違う」ということでした。

スポンサーリンク

開封の儀

サウスランドファーマシーさんのびっくりするところは、注文してから到着までが早いこと。1週間もしないうちに届きました。

1 (1)

この海外っぽい雰囲気が好き。

2 (1)

カッターで優しくダンボールを開けるとそこには、UFCマークの入ったコンバットプロテインと、サウスランドファーマシーさんのシェイカーがありました。

5 (1)

ベリベリっと、蓋のシールを取り中身を見ると、こんな感じです。

6 (1)

スプーンがでかい!日本では見たことのないサイズ。海外サプリはここらへんがたまらんよね。こだわってるなぁ。

7 (1)

スプーン1杯でなんと34.5gもすくうことができます。これは何気に便利。超ユーザー目線ですね。

8 (1)

粉を入れるとこんな感じになりました。水に入れただけで徐々に溶け始めています。

9 (1)

溶かすとこんな感じ。溶けもいいですね。若干ダマになることがありますが、強めに振れば消えてくれます。泡立ちはほぼありません。サウスさんシェイカーありがとう!

スポンサーリンク

味は?

今回は「トリプルベリー」という味をチョイスしました。トリプルベリーと言っていますが、味的には「ストロベリーミルク」って感じですね。ちょっと甘すぎる気もするのでおそらく意見がまっぷたつに別れるところだと思います。失敗したくない人は、海外系プロテインはとりあえずダブルチョコあたりを買っておけば間違いないかと。

成分表

成分内容(付属スプーン135g)

  • カロリー140
  • タンパク質24g
  • 脂肪2.5g
  • 炭水化物4g
  • 食物繊維1g
  • 糖分1g
  • コレステロール 90mg
  • ナトリウム 150mg
  • カリウム 240mg

まあこんなもんでしょう。可もなく不可もなくです。炭水化物が4g入っていますが、こんな量はトレーニングをしていたら余裕で消費できますのでダイエット中でも何の心配も入りません。

コンバットプロテインの特徴

さて、特徴を見ていきましょう。

8時間!タイムリリースプロテイン

5種類ものプロテインがミックスされていて、最大8時間にもわたって体内にアミノ酸を送り続けることができます。

配合されているプロテインとしては、

  • ホエイプロテイン(WPC
  • ホエイプロテイン(WPI
  • 加水分解ホエイプロテイン(WPH
  • ミセラーカゼイン
  • エッグアルブミン

WPCWPI、カゼインは聞いたことがあるかと思いますが、加水分解ホエイプロテインとエッグアルブミンは聞いたことがない人が多いのではないでしょうか?

加水分解ホエイプロテインとは何かというと、

濃縮、あるいは分離されたホエイたんぱく質を加水分解すると、たんぱく質をつくっていた長い鎖が切断され、細かく分かれる。この形態のホエイを摂ると、いわば消化の一過程を終えた状態で体内に取り入れることになるので、消化がより速く進む。こうした特長を持つ加水分解ホエイたんぱくは、分離型よりさらに消化吸収の時間が短縮され、ワークアウト後に摂るたんぱく質として最高ということになる。だがその分、価格は高くなる。加水分解の過程でアミノ酸の結合の350%が分解される(結合が分解されている度合いは味でわかり、たんぱく質が細かく分解されているプロテインは苦味がでる傾向がある)。成分表示の最初に加水分解ホエイたんぱく質の表示がある製品を選ぶようにしよう。

xfit—体づくり、フィットネスのためのトレーニング・栄養情報 – ホエイプロテインの活用法をマスターするための基礎知識

なんか難しいこと書いてますが、結局はホエイペプチドです。

プロテインとアミノ酸の中間のような存在で、「吸収が早いのに、タンパク質を大量に筋肉へ送り続けることができる」ものでございます。

近年ではこのタイプのプロテインがアメリカでも人気が出ていますね。

エッグアルブミンに関しては、これはプロテイン初期の頃に出ていたエッグプロテインのことを指します。体に良いとか、アルブミンは回復に効くとか聞きますが、私自身エッグプロテインだけを飲んだことはないので正直よくわかりません。

私の推測としては、マッスルファームはただこれを入れてサプリメントに付加価値を付けたかっただけなんじゃないかなと思ってます(笑)。

あとこれは卵なので、卵アレルギーの人は選ばないようにしてくださいね。

消化酵素入り!プロテアーゼとラクターゼ

近年、アメリカのプロテインは消化酵素を入れるのがスタンダードみたいな感じになっています。コンバットプロテインにもプロテアーゼとラクターゼという消化酵素が含まれています。

プロテアーゼとは簡単に言うと、タンパク質をぶつ切りして分解を早めてくれる成分のことです。

タンパク質とは、20種類のアミノ酸がつながっている固まりです。そのアミノ酸同士って、めっちゃ強い力で結合されているんですよ。

その結合をスパっと切って、ざくざく分解してくれるのがプロテアーゼです。なので、いっこくも早くプロテインを吸収したいトレーニング直後なんかにぴったりということです。

ラクターゼとは、これまたシンプルに言うと、お腹のゴロゴロを減らしてくれる酵素のことを言います。

プロテインを飲むとお腹がゴロゴロ鳴る人(私がそう)がいますが、そういった人は腸内にこのラクターゼが少ないんです。お腹をゴロゴロ言わす張本人は「乳糖(ラクトース)」という成分なのですが、これをうまく分解できないと腹痛の原因になったります。なので、おそらくラクターゼが少ない私には超向いているプロテインということになります。ラッキー!

飲んでみた感想

このプロテインの良いところはずばり、

摂取タイミングがいつでも良い

というところにあります。

というのも、吸収時間が早いものとゆっくりのものが入っているので、トレーニング直後でも良いし、逆に寝る前にカゼインプロテイン的にも使える

私はプロテインに関しては、朝食時、トレーニング直後、就寝前など、コンバットプロテイン1本で統一してます。これめっちゃ楽ですよ。しかも普通のプロテイン(WPI)よりも腹持ちが断然違います。ホントに良い。

なかなかお腹が減らないので、ついつい食べ過ぎてしまう人にはダイエット用としても使ってもいいでしょうね。

プロテイン愛好家の方には「朝はコレ」「トレーニング直後はコレ」「夜はコレ」みたいに分けて摂取している方もいるかと思いますが、もうこれ1本に絞っちゃっていいのかなと。

さすがに1ヶ月しか使用していないので、「こんなに体が大きくなりましたよ!」なんて口が裂けても言えないのですが、普通のプロテイン(WPCとかWPI)より良いということは絶対に間違いありません。

特にプロテインの使い分けがわからない初心者の方はこれ選んでおけばいいと思います。

最後に

というわけで、マッスルファームのコンバットプロテインについてパッとまとめますと

  • 8時間も続くタイムリリース型プロテイン
  • 2種類の消化酵素入り
  • 摂取タイミングがいつでもいいのでこれ1つでOK

てな感じですかね。マッスルファームは海外ブランドですが、NO系のサプリがWADA(世界ドーピング機構)の認証を受けるなど、けっこうクリーンな印象があります。

「うっかりドーピングは怖いけど、海外サプリには惹かれる!」とか「別に大会なんて出ないけど、体に良い物を摂取したい」なんて人はマッスルファームを選んでおけば間違いないのでは?

コンバットプロテインをチェックするならサウスランドファーマシーさんのサイトへ

◯サウスランドファーマシーさんとの以前の企画はこちらへ

ギャスパリニュートリション「サイズオン」を徹底的にレビューしたら、かなりオススメということがわかった | ワークアウトハッカー

トレーニング情報メディア「ワークアウトハッカー」の中の人です。最高月間PV90万。ボディビルコンテストに向けて減量中。プロフィール詳細はこちら

また、健康系のライターとしても活動中。ライティングや編集など、お仕事のご相談がありましたらお問い合わせ欄よりご連絡ください。お問い合わせ