プロテインを飲んで腹痛や下痢になる理由は「乳糖」が原因!解決策をお教えします

スポンサーリンク

どうも、元トレーナーで、サプリメントメーカーに勤めていた@workouthackerです。

突然ですが、あなたはホエイプロテインを飲んでお腹がゴロゴロになるといった不調は出ていませんか?
ひどい時には、お腹が痛くなったり、下痢になってしまっているかもしれません。

それは、ホエイプロテインに含まれる「乳糖(にゅうとう)」という成分が原因なんです。

乳糖とは糖質の一種で、体質によってはこれが上手く分解されず、腹痛の原因になっています。
このように、乳糖が体質に合わず分解されない症状を「乳糖不耐症」と言います。実はこの乳糖不耐症、日本人にとても多いとされているんです(ちなみに私もです)。

では、ホエイプロテインを飲んで、腹痛にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?
それは、「乳糖」を取り除いたホエイプロテインを選ぶのがポイント。
ホエイプロテインには色々な種類があり、乳糖を含まないタイプも存在するのです。

ということで今回は、ホエイプロテインを飲んで腹痛になってしまう原因と解決策についてお話します。

今まで「ホエイプロテインがお腹に合わなくて困っていた」という方に読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

なぜプロテインを飲むと下痢になるのか?

ホエイプロテインを飲むと下痢になってしまう理由は、ズバリ、

あなたが乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)だからです。

乳糖というのは、牛乳やホエイプロテインに含まれている糖質のことです。乳糖をうまく体内で消化吸収ができない人が、牛乳やホエイプロテインを飲み、下痢になる症状を乳糖不耐症と言います。

この乳糖不耐症、実は日本人にとても多い症状で、日本人5人のうち1人は乳糖不耐症だというデータもあるほど。なのであなただけがお腹を下しているわけではないので、安心してください。

ちなみに、私も乳糖不耐症です。

乳糖不耐症になる理由

では、乳糖不耐症になってしまうのはなぜでしょうか?

それは、乳糖を消化する役割を持つ、「ラクターゼ」という酵素が働いていないからです。

このラクターゼという成分、実は我々が赤ちゃんの頃はバリバリ働いています。

というのも、母乳にも乳糖は含まれていて、それを消化するためにラクターゼが機能しているんですね。

母乳を卒業して、年齢を重ねるごとに乳糖を分解する必要がなくなるので、ラクターゼはだんだんと機能を失っていくことになります。

こどもの頃は牛乳を難なく飲めたのに、大人になると下痢をしたりお腹が痛くなったりするのは、ラクターゼの機能低下が原因です。

プロテインを飲んでお腹を壊す人 パターン1

「プロテインを飲んでよくお腹を壊しちゃう、、」「プロテインを飲むとお腹にガスが溜まる気がする、、」

という人は間違いなく乳糖不耐症なのですが、こんな風にプロテインを飲んでいるケースが多いです。それは、

プロテインと牛乳を溶かしている人

解決策

この場合、まずはプロテインを水で溶かしてみることをおすすめします。

プロテインは牛乳から炭水化物や脂質をなるべく取り除いたものなので、この場合、原因は牛乳に含まれる乳糖である可能性があります。

プロテインを飲んでお腹を壊す人 パターン2

これはズバリ、ホエイプロテインそのものが体に合わない人です。

ホエイプロテインをいくら水で溶かして飲んでみてもお腹が壊れるという人は、ホエイプロテインに含まれる乳糖に極度に反応している可能性があります。

「じゃあ自分はホエイプロテインを一生飲めないのか!?」と思われた場合は、安心してください。

解決策はあります。

解決策

この場合の解決策としては、乳糖を含まないタイプのプロテインを選ぶことです。こうすることでほとんどのケースで、お腹のゴロゴロが解消されます。

では乳糖を含まないタイプのプロテインって何なのでしょうか?読み進めてください。

乳糖を含まないタイプのプロテインとは?

ホエイプロテインはおおまかに言うと、2つに分けることができます。WPCタイプのプロテインと、WPIタイプのプロテインの2種類です。

結論から言うと、

乳糖不耐症の人が選ぶべきなのは、WPIタイプのプロテインです。

「WPC?WPI??何の話?」という方のために、その違いをさくっと説明しますね。

ホエイプロテインの種類:WPCタイプとWPIタイプの違い

WPC(Whey Protein Concentrate)

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

最も一般的なプロテイン。

コンセントレートタイプとも呼ばれます。

タンパク質の含有は75%前後。炭水化物(乳糖含む)や脂質も含まれますが、価格は安め。プロテイン市場にもっとも多いタイプのホエイプロテインがWPCです。

WPI(Whey Protein Isolate)

Kentai 100%CFMホエイプロテイン マッスルビルディングタイプ 1kg徳用

WPCよりもグレードの高いプロテイン。アイソレートタイプとも呼ばれます。

タンパク質の含有は85%前後。炭水化物(乳糖含む)や脂質はほとんど含まれていないため、価格はWPCに比べるとやや高め。

おおまかですが、ホエイプロテインはこのように大別されます。

乳糖不耐症の人は、WPI(アイソレート)プロテインを選ぶべし

なんども言っていますが、ホエイプロテインを飲んでお腹がゴロゴロとなってしまう人は、WPCプロテインに含まれている乳糖という成分が原因です。

そして残念ながら、今のところ乳糖不耐症を治す方法はありません

牛乳を作って生活をしているモンゴルの放牧民でさえ、乳糖不耐症の人が多いらしいです(笑)

対策としては、WPIプロテインを選ぶことです。

WPIはやや高いのがネック

普段からホエイを飲んでいる人で、WPIではなくWPCを選んでいる理由は、99%がコスト面の理由からだと思います。

WPIは高いんですよね…。

GOLD'S GYM ホエイプロテイン プラス ペプチド&ビタミンB ミックスベリー900g

ゴールドジムのプロテインはWPIで品質もとても良いのですが、高い…。

900gでなんと6000円超え…。6000円あればWPCタイプなら2kgは買えます。その上プロテインはたくさん消費されるものですから、よほどお金に余裕である人じゃないと、WPIはなかなか手を出せないと思います。

だからといって、安い海外産のプロテインは何が入っているかわからないから怖い

栄養成分上、問題なさそうに見えても実は良くない成分が入っていたり、というのはよくあります。

普段は海外プロテインを飲んでいて、日本の大会に出るときの検査でドーピング反応が出て出場権を剥奪されるというケースも、国内ボディビルの大会ではわりとよくある光景です。

スポンサーリンク

安くておすすめなWPIプロテインは「アイソプロ」

私は今まで5年以上、何十種類のプロテインを試しました。

そして成分とコストを調べに調べた結果、最終的にバルクスポーツのアイソプロ(ナチュラル)というWPIプロテインに行き着きました。

後で説明しますが、価格においては国内最安値です。しかも溶けやすく、飲みやすい。もちろんお腹はゴロゴロならない。これ以上はないと断言できます。

アイソプロ 開封の儀

Amazonで買ってから2日くらいで届きましたが、プライム会員に対応しています。会員であれば明日にでも自宅に到着するでしょう。

IMG_4450

いつも通りのでかいダンボールです。

IMG_4453

バルクスポーツのプロテインには1杯約25gほどすくうことができるスプーンがついています。

海外プロテインでは当たり前ですが、国内でこれを付属しているのはバルクスポーツだけ。1杯だけすくえばいいので、ユーザーとしてはかなり使いやすいです。

こういった細かいところに「顧客目線」を感じますね(偉そうにすいません、、)

IMG_4454

開ける前に、成分表をチェック。アイソプロのナチュラル風味は炭水化物、脂質はほぼ入ってません。タンパク質の含有は86%ほど。賞味期限は約2年もちます。

IMG_4459

開けるとこんな感じ。粉が飛び散りません。たいていのWPIプロテインは粉がかなり舞います。飛び散らないのはかなり嬉しい。

IMG_4460

割りとザックリした感触ですね。このスプーン1杯で約25g

IMG_4465

水に入れただけで溶け始めてます。

IMG_4468

10回くらいふったらほとんど溶けました。泡立ちも少ないです。

甘味料不使用。ホエイの自然な味が美味しい

ナチュラルというのは、甘味料を使っていないという意味です。

ちなみに言っときますが、私は甘味料に対してアンチではないです。甘味料が歳を取るにつれて合わなくなってきたんです。

そしていい加減、プロテインを飲み過ぎた感があります。味付きプロテインに飽きちゃったんです。

アイソプロは甘味料不使用、もちろん着色料もなし。ホエイそのものなので、ほんわりした味で飲みやすいですね。

お腹がゴロゴロしない・膨れない・痛くない

WPIタイプなので、ムダな炭水化物や脂質を取り除いています。

乳糖ももちろん除去されています

私は乳糖不耐症なので、WPCタイプのプロテインを飲むとお腹を壊していたりしたので、それもなくなりました。

アイソプロは泡立ちも少ないので、トレーニング後に飲んでもぐいぐいいけます

泡立ちがすごいプロテインは飲んだ後にお腹がいっぱいになっちゃうんですよね。

私の場合はトレーニングが終わって40分後に食事をするので、泡立ちが多くてお腹が1杯になっちゃうと食べられないことがあったんです。

でもこのアイソプロは泡がほとんどないのでお腹が膨れないし、食事もすっと喉を通ります。これは意外に助かるんですよ。

ナチュラルのWPIプロテインでは1番安い

Amazonでの値引き後の価格をもとにちょっと計算してみました。正確にはビタミン・ミネラルとか、その他の成分が入っているので一概には言えませんが参考として。

同じWPIプロテインの価格はこんな感じ

GOLD'S GYM ホエイプロテイン プラス ペプチド&ビタミンB ミックスベリー900g

さっきも出ましたが、ゴールドジムのプロテイン。

・6,026円/900g
・6,7円/g
・167円/杯(1杯25gで計算)

ひえええええ。これじゃあ割引の効くゴールドジム社員しか続けられないよ…。ちなみに2kgタイプでも145円/杯でした。たかっ。

Kentai 100%CFMホエイプロテイン マッスルビルディングタイプ 1kg徳用

Kentaiのプロテイン

・4,581円/kg
・4,5円/g
・112円/杯

日本のプロテインのパイオニア。ゴールドジムよりは安いです。

ファインラボ ホエイ プロテインピュアアイソレート4.5kg(プレーン)

ファインラボのホエイプロテインピュアアイソレート

・16,300円/4,5kg
・3,6円/g
・90円/杯

上記2社よりもだいぶ安くなってきてます。

さて、バルクスポーツは?

バルクスポーツ アイソプロ (ナチュラル, 2kg)

バルクスポーツ アイソプロ ナチュラル

・3,332円/kg
・3,3円/g
・82円/杯

でもこれは1kgの値段での計算。2kgタイプはもっと安くなります。

・6,151円/kg
・3,07円/g
・76円/杯

WPIが1杯76円安すぎる・・・!

原材料は大丈夫なんだろうか?

ここまで安いと、逆にちょっと不安じゃないですか?

でも、実はバルクスポーツ(HALEOブランド含む)って、すべてのサプリの原産国を表示しているんですよ。

スクリーンショット 2015-05-05 23.05.27

(ホエイ原料の本場アメリカだそうです)

他の会社で自ら原産国を発表しているのを見たことがありません。製造は日本でっていうのを押す会社は多いですが、それは健康食品業界では当たり前です。

というのも、ほとんどのサプリメント会社が原料を海外から輸入して、日本国内の工場で製造しています。国内の工場で製造をすると、海外の原料を使用していたとしても「国内製造」とアピールできるんです。

ちなみに、プロテイン原料は国内で生産していないので、アメリカやオーストラリアなどの酪農が盛んな地域から輸入することになります。

なにはともあれ、正直に原産国を表記しているという点で、バルクスポーツの原料は安心だと言えます。

おわりに

というわけで、WPIでナチュラルのプロテインなら信頼できるバルクスポーツのアイソプロを選びましょう。

トレーニング情報メディア「ワークアウトハッカー」の中の人です。最高月間PV90万。ボディビルコンテストに向けて減量中。プロフィール詳細はこちら

また、健康系のライターとしても活動中。ライティングや編集など、お仕事のご相談がありましたらお問い合わせ欄よりご連絡ください。お問い合わせ