【WH厳選】おすすめサプリメントまとめ

波動拳が打てる…!?e-sports「HADO」がおもしろそう

HADO

「波動拳を打ちたい」

少年時代に「ストリートファイター」をプレイしたことのある人なら、一度はこう思ったことがあるでしょう。私もその1人です。

そんな願いをAR 技術で可能にした、「HADO」というEsports をご存知でしょうか?

波動拳を打てる

波動拳を打ったり、シールドを作ってガードしたりして、ポイント数を競うゲームです。

モンスターを波動拳で倒すこともできるのか…。

モンスターと戦うこともできる

対戦の様子は、YouTubeのHADO公式アカウントで公開されています。本当にすごいので、知らなかった方は一度見てください。

ヤバすぎる・・・。

ヘッドマウントディスプレイをつけてるとはいえ、非常にリアル。時代はもうここまで来てるのか…!

マックス

俺も波動拳打ちたい…ゴリラだけど。

「HADO」は、日本を含めアジアを中心に展開され、すでに世界大会も開催されているとのこと。

開催地
  • 日本
  • アメリカ
  • シンガポール
  • スペイン
  • ベトナム
  • マレーシア
  • 韓国

最初から世界を見据えて展開しているのがいいですね。

日本国内だと、以下の都市でプレイできるようです。

日本でHADOをプレイできる場所
  • 渋谷
  • 横浜
  • 香川
  • 埼玉
  • 長崎

※2018年5月9日時点
引用:HADO ARENA – HADO店舗情報

新しいスポーツの形

これって、新しいプロスポーツの形ですよね。プレイしているのは運動神経バツグンのプロスポーツ選手などではなく、一般人です。

プロスポーツのように特別な技術は必要なく、誰でも参加できます。
誰でもできるのに、他人の対戦を見ていてもすごく面白く、エキサイティング。ビジネスとしての拡張性もあります。

子どもと一緒に、家族で楽しむこともできそう。プレイヤーでカテゴリ分けをして、「ファミリーVSファミリー」といったバトルも展開できるかもしれません。

「選手がいて、観客がいる。見ていてシンプルに面白い」

これはどんどん伸びていくような気がします。

e-sportsの世界的な市場規模は年々伸びているそうで、2017年には約1600億円だったそう。日本では法規制の面でクリアすべき点があるようですが、世界に遅れを取らないよう、国には柔軟な政策を期待したいところです。

参考:世界と比較した日本のesports市場、その現在と未来とは? [ファミ通App]

「HADO」を仕掛けているのは、日本の「meleap」という、2014年に設立したばかりの企業です。会社のメンバーを見てみると、いろんな国の方がいて、国際色豊かなのが伝わってきます。

仮想空間とはいえ、身体を動かしているので、新しいフィットネスの形でもありますね。これは本当にやってみたい!

マックス

でも世界に展開する前に、まずは大阪に来てくれ・・・!

HADO