「フレックスウィーラー」、ミスターオリンピア2017のクラシックフィジーク部門へ出場

 

ワークアウトハッカー(@workouthacker)です。

そろそろ、ボディビルの祭典「ミスター・オリンピア」の季節がやってきますね。今年は9月14−17日に開催される予定で、続々と新たな情報が入ってきています。

以前、「フレックスウィーラーがミスターオリンピアにカムバックする」という記事を書きましたが、フレックスはクラシックフィジーク部門に出場することが判明しました。

ということは、去年の優勝者であるダニー・ヘスターや、実力者のサディク・ハゾビックと対戦するということ!

これは、おもしろくなりそうだ・・!

今回は、ミスターオリンピア直前のフレックスウィーラーを取材した動画を紹介します。

フレックスウィーラーの日常と脚トレーニング

彼は腎臓の病気のため引退しましたが、今回は15年ぶりにカムバックします。

ステーキを食べるフレックス。今はカロリー計算はあまりしていないそう。

そして、ステーキには「A1ソース」

すごく美味しいので日本のビルダーからも大人気です。

 

フレックスウィーラーが摂取しているプレワークアウトサプリメントは「Last Crusade」

初見だったので調べてみると、「Black Skull」という、昔の暴走族みたいな名前のブランドでした。
成分は、カフェイン・タウリン・ナイアシン、そして独自ブレンド。

シンプルな内容ですが、カフェインが280mgと、すさまじい量です・・。アメリカ人向けですね。
なお、独自ブレンドの「Last Crusade Blend」の内容はわかりませんでした。

 

フレックスウィーラーの現役の頃。手首やウェストなどが細く、丸々とした筋肉が有名でした。

 

ジムに到着したフレックス。ナンバーには「FLEX W」の文字が。
それにしてもいい車。

 

「シティアスレチックジム」は、プロボディビルダーの山岸秀匡選手が友人と共同運営しているラスベガスのジムです。

 

バケツでドリンクを飲む豪快なフレックス。この画だけ見るとかなりシュール。いかにもアメリカらしい。

 

「2017年3月3日、フレックスウィーラーは15年ぶりに2017年ミスター・オリンピアへカムバックし、クラシックフィジーク部門に出場することを公表した。」

 

レッグプレスを軽いテンポでおこなっています。足の位置を変え、効かせる部位を微妙に変えているとのこと。プロボディビルダーがよくおこなうテクニックです。

フレックスは週に2回、脚を鍛えていて、それぞれ4セット20レップスで構成しているようです。

ちなみに、フレックスが使用しているレッグプレスは、Nebula社の商品。

フットプレートが広く、足のポジションを自由に変更できるのが特徴です。日本だとゴールドジムに設置されていますね。

 

セット間には筋肥大を促進するため、大腿四頭筋をストレッチしています。

 

脚を触りながらレッグエクステンションをするフレックス。

「筋肉が痛く、熱くなってきてからがスタート。目をつむり、筋肉を触ってフォーカスしているんだ。」

彼いわく、今は「大きさを減らして、リーンな筋肉をつけようとしている」とのこと。

クラシックフィジーク部門は大きすぎると勝てないので、サイズを減らしつつ、筋肉の質を高めているのかもしれません。

大きすぎるといっても、日本のレベルからすると相当デカいんですが・・・。

関連ミスターオリンピア2016、メンズフィジーク・クラシックフィジーククラスの優勝結果発表

 

トレーニング後にはスポンサーの「Otomix社」へ。
トレーニングウェアを着替えずにそのまま行くあたりがワイルドです。

「Otomix(オートミックス)」とは、海外のプロボディビルダーやトレーニング愛好家がよく選ぶ、トレーニングシューズブランドです。

Otomix メンズ 8

Otomix

私はハイカットタイプのシューズが苦手なので履きませんが、日本でも海外ボディビルファンの人はOtomixを履いているイメージがあります。

ただ、もっと安くて似たようなアシックスのシューズを履く人も。私の友人が履いているのはこちらです。

靴底が薄くて踏ん張りが効きそうですね。
さすがに現役のダニー・ヘスターやサディク・ハゾビックに勝つのは難しいかもしれませんが、どこまで行けるのか、非常に楽しみです。

あわせて読みたい