ラットプルダウンが苦手な人に超オススメなエクササイズ

スポンサーリンク

kim-lat-pulldown-2-450

こんにちは、からだデザインラボの管理人です。

現役のトレーナーとして働いていて、お客さんが一番困っているエクササイズと言っても過言ではないのが

ラットプルダウン

画像のエクササイズですね。

初心者説明会等などにも必ずでてくる種目ですが、
これは本当に奥が深いエクササイズです。

というか、はっきり言って初心者向けではありません。

理由は肩甲骨の動きをコントロールする必要があるから。

腕で引くのでなく、広背筋で引くという感覚を
なかなか得ることができない人が多いです。

ラットプルダウンは見よう見まねでおこなっても難しいですが、
以下のポイントに気をつけてやってみると良いかと思います。

ポイントはたくさんあります(鎖骨付近に降ろすラットプルダウンの場合)

  1. 手はフックのようにして、親指はバーの上からかけるようにする
  2. 腕で引くのでなく、肘を引く
  3. 肩甲骨を寄せてから下げる
  4. 目線は上
  5. 背中は丸まらないで、アーチをキープする
  6. ウェイトを戻すときはゆっくりコントロールしながら

個人差はありますが、これをクリアして初めて広背筋で引いているという感覚が味わえます。もちろん例外はありますが。

ラットプルダウンは初心者がやるにはポイントが多すぎるんですよね。

なので私はあんまり教えません。

その代わり、広背筋の収縮を
感じやすい種目を教えています。

広背筋の動きをあまり意識しなくても
効きやすいのが片手ラットプルダウンという種目です。

singlearmlatpulldown

参考:Hátedzés, pihenők nélkül?

ラットプルダウンを片手でやるものですが、
コレはバンバン効きますよ〜。

是非試してみてください。

ポイントは、

肘を脇腹にくっつけるようにして引くこと。

ちょっと乱暴に言えば、肘で自分の脇腹を殴るようにして。

これをやると広背筋の収縮のコツがわかります。

ラットプルダウンがどうしてもできない、苦手だという人は、片手ラットプルダウンを先にやるべし