トレーニング中に飲むだけじゃない!?インスリン分泌にもカーボドリンク(糖質)が効果的だった!

スポンサーリンク

IMG_2568

こんにちは、からだデザインラボの管理人(現役トレーナー)です。

今回はカーボドリンクについて。

カーボドリンクとは、運動中に飲む、糖質が入っている飲み物です。一般的に有名なのは、アクエリアスやポカリスエットですね。

でも、あれはあくまでも一般向けです。筋トレ中に飲むカーボドリンクは、さらに本格的なものを飲むことをオススメします。

カーボドリンクとは、だいたいの方がトレーニング中に飲むと思います。

でも筋肉をつけるためなら、もっと効率の良い飲み方もあるんですね。
実際私はこれで2,3kgくらいは楽に体重を増やせたという感覚を持っています。

増量といっても、ただドカ食いして脂肪を貯めこむんじゃなくて、
筋量を増量するにはカーボドリンクの使い方がコツになってきます。

まあ先に結論を言ってしまうんですが、

トレーニング前後にも飲みましょう」ということです。

それはなぜか?読み進めて下さい。

激しくトレーニングをするならトレーニング前にも飲もう

ご存じの方も多いかとは思いますが、カーボ(カーボハイドレイト)というのは、
炭水化物(体内では糖質)のことを言います。

ではそもそもなぜトレーニングに糖質が必要なのか?

前提知識として知っていただきたいのが、糖質というのは筋肉内に貯蔵されてるということ。
筋肉内に貯蔵された糖質のことをグリコーゲンと呼び、簡単に言うと、これは筋肉を動かすガソリンになります。

炭水化物?糖質?グリコーゲン?一体何ですか?

と思われたかもしれませんが、これはとてもシンプルです。
物質の大きさで名前が変わっているだけなので何ら難しいことではありません。

つまりこういうこと↓

大→→→→→→→→→→→→小

炭水化物=糖質=グリコーゲン

なのでこの3つは基本的にすべて同じ意味と捉えてもらってもOKです。

筋トレのような激しい運動では、筋肉中のグリコーゲン(ガソリン)がたくさん使われます。
そりゃもう本当にたくさん必要なんですね。

そして、

筋肉中のグリコーゲンがなくなってくると、ヘトヘトになり始め、体は筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとします。

筋肉をつけようと筋トレをしているのに、
逆に筋肉が削られてしまってるんですね。

こんな状況、絶対嫌ですよね??私なら腹が立ちます(笑)

一生懸命筋トレしているのに、筋肉が減っているなんて。

というわけで、筋トレ中は一刻も早く筋肉に糖質を届けたいわけです。

ここでやっとカーボドリンクの出番が来ます。カーボドリンクは吸収を早く、スムーズになるように作られました。筋トレ中に飲んで糖質を補充できることにより、筋肉の分解を防ぎ、スタミナ持続効果が得られます。

ただ、カーボドリンクはいくら吸収が早い商品があるといっても、吸収には20〜30分くらいはかかります。

なので、トレーニングを始めたと同時にカーボドリンクを飲み始めてもすでに遅いんですね。
トレーニング前のカーボドリンク摂取の重要性については、アメリカで活躍するプロボディビルダー山岸秀匡選手も語っています。

「トレーニング30分前に摂取し、飲み始めると筋肉がパンパンに張ってきた」

参考:ファイナルエナジー ヴィターゴついに日本上陸! / 株式会社ファイン・ラボ ~ Meet the BEST supplements ~

これはカーボドリンクで有名なヴィターゴという商品の例ですが、
グリコのCCDドリンクでも私は似たような体験をしています。

・筋肉がパンプしてくる
・足のトレーニング日でも絶対にバテない
・1日3部位やるときでも体力が持つ

など、CCDの威力はものすごいです。

トレーニング後の栄養補給が命!ここでもカーボドリンクを絶対飲もう

激しいトレーニングを行ったあとですから、筋肉内のグリコーゲンは空っぽの状態です。

先程も述べたように、グリコーゲンが空っぽになると体は筋肉を分解し始めます。

この筋肉が分解されている状況を「カタボリック」といいます。

筋肉をつけたい人はカタボリックに対しては敏感にならなければなりません。
それほど避けたいものでもあります。

カタボリックを防ぐには、プロテインだけでは足りません。
上記した通り、吸収の早い糖質が一刻も早く必要です。

なので、ここでも吸収の早いカーボドリンクが有効というわけですね。
トレーニング後はトレーニング中に摂取していた2倍の量は取りたいところです。

さらに、トレーニング後に炭水化物を摂取すると、インスリンが分泌されて、血中のアミノ酸が細胞に取り込まれやすくなるという研究結果が出ています。

つまり、トレーニング後にはプロテインと糖質(吸収が早いタイプ)を摂取すると、筋肉が合成されやすいということ。

このタイミングは絶対に逃さないでください!!

初めてならグリコのCCDが絶対オススメ

ここまで説明してきたとおり、カーボドリンクを飲むメリットはたくさんあります。
ですが、トレーニング前、中、後に飲むとなると、気になるのはコストです(汗)

先ほど出てきたファインラボのヴィターゴは、ものとしては最高に良いのですが、1gあたり約4.5円です。一回に40gは飲んで欲しいので、一回約180円になり、3回飲むと約540円にもなります…。

「まだそんなにトレーニングに必死というわけでもないし、まずはカーボドリンクを飲んでみたいだけ」

という方は、
いきなりここまでお金をかけることむずかしいのではないでしょうか?

というか週4〜5くらいトレーニングしている筋トレ好きな私でもこんなコストかけられません(笑)

そこでオススメしたいのが、グリコのCCDというカーボドリンクです。

グリコ パワープロダクション CCDドリンク 大袋 10リットル用 900g

グリコ CCDドリンク 900g

美味しい、吸収がとにかく早い、安い。の3つが完璧に揃った商品です。

詳しい説明は省きますが、水よりもずっと体内への吸収が早くなるように特許技術が使われています。さすがグリコ!
ちなみにCCDといのは、サイクリック・クラスター・デキストリンの略を言います。これが商標登録にもなっていますね
参考:クラスター デキストリン[Cluster Dextrin]

CCDを飲んでいて、お腹がタプタプするようなことはありませんし、トレーニング中もこれを飲んでバテることはないです。

私はトレーニング前、中、後と飲んでいます。

値段もAmazonで買えば900g=1507円程と破壊的な価格(^^)

1g=1.67円なので、40g飲んだとしても、66円!!


2014/11/13追記

11/13現在では2,235円になっていました。つまり、40g飲んで99円デス。それでもまだ1番安い。


なんとゆうコスパ、、、。トレ後にオレンジジュースも良いとは言われていますが、だいたい120円なので、それよりも性能が良くて安いということになります。

ヴィターゴは製品としては素晴らしいのですが、ちょっと高いんですよね…。

今まで数え切れないほどのサプリメントを飲んでいますが、
CCDはその中でもBEST3に入る超優良サプリですね。

慣れてくると、トレーニングは自分でも追い込めるようになるんですが、差がつくのは栄養補給です。1日の食事、1週間の食事。そして最も重要なのが、トレーニング前・中・後の栄養補給です。

筋肉をつけたくて、筋トレ中は水しか飲んでいないという方は、今すぐAmazonでCCDを申し込みましょう。

グリコ CCDドリンク

編集後記

ちなみに私は定期購入しています。すぐ届きます。