>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

Mr.オリンピア2018 212ポンド結果:フレックスルイスが7連覇。今後はオープンクラスに挑戦へ

ミスターオリンピア2018、212ポンド(96kg)クラスの結果が出ました。

絶対王者「フレックス・ルイス」が7連覇し、今後はオープンクラスへの挑戦を発表しています。

ミスターオリンピア2018:212結果

212:トップ6
  1. フレックス・ルイス
  2. デレック・ランスフォード
  3. カマル・エルガーニ
  4. アマッド・アシュカナーニ
  5. ホセ・レイモンド
  6. デイビッド・ヘンリー

1位:フレックス・ルイス

 

View this post on Instagram

 

Flex Lewis™さん(@flex_lewis)がシェアした投稿

7連覇という偉大な記録を達成したフレックス。今後はオープンクラスへの移行を表明しており、212は今回がラスト。

いつもどおり、圧倒的な勝利でした。おそらく、このまま212クラスにいたら10連覇もじゅうぶんに射程圏内だったでしょう。

ですが、その安泰を捨ててでも、オープンクラスへ移行するのは、本当の挑戦者である証拠。かっこいい!
今回は、自身も納得できるコンディションを作れたそうで、「写真を見て、自分でもショックを受けた(良い意味で)」と語っています。

ーー選手コメント

「とにかく、ファンやフォロワーに感謝したいです。やりました!7年間、212のチャンピオンでいられて光栄です。

この競技は19歳の頃から大好きですし、これからももちろん続けます!これが最後ではありませんよ!未来は明るく、これからもたくさんの機会があります。多くのドアを開けて、誰もが不可能だというバリアを壊していくのが待ちきれません。」

2位:デレック・ランスフォード

 

View this post on Instagram

 

Derek Lunsfordさん(@mrusa2017)がシェアした投稿

自身初の準優勝のデレック。カマルやアマッドなど中東勢の前評判が高かっただけに、この結果は驚きでした。

このままいくと、2019年の212では新王者になる可能性が高いです。新しい王者の誕生に期待大!若いのにコンテスト後のコメントはなんだか哲学的。

ーー選手コメント

「私たちはみんな、心の中にチャンピオンがいる。自分の力を最大限に捧げられるかは、自分次第だ。毎日、最高の自分になる努力をするべきだ。私たちはみなタイトルを追って、成功を求める。チャンピオンになるために努力し、自分たちができる最高の努力を捧げる。

でも、もっとも大切なのは、自分がすでに持っているものや、成し遂げたものを大切にすることだ。幸せになり、自分が自分であることに誇りを持つ。ただし、自分の基準は上げていかなくてはならない。すべてに感謝して、自分のポテンシャルを最大限に引き出す。

フレックスルイス、おめでとう。彼は素晴らしいチャンプであり、伝説のボディビルダーであり、人格者だ。彼は本当のチャンピオンだ。」

3位:カマル・エルガーニ

 

View this post on Instagram

 

Ifbb Pro Kamal Elgargniさん(@ifbb_pro_kemo)がシェアした投稿

リビア出身のカマルは3位へ。46歳にしてアーノルドクラシックUSA(2018)で優勝した実力者です。今回はデレックに敗れはしたものの、堂々の3位入賞。

4位:アマッド・アシュカナーニ

 

View this post on Instagram

 

IFBB PRO AHMAD ASHKANANI ????????さん(@ahmd_ashkanani)がシェアした投稿

クウェート出身のアマッドは4位に入賞。カマルに引き続き、中東勢がランクインです。

「ほんとに96kgしかないのか?」と疑問に思うくらいのバルクです。ひとつひとつの筋肉がデカい!

5位:ホセ・レイモンド

 

View this post on Instagram

 

Jose Raymondさん(@theebostonmass)がシェアした投稿

「ザ・ボストン・マス(The Boston Mass)」の異名をもつ、バルク派のホセは5位に入賞です。

6位:デイビッド・ヘンリー

 

View this post on Instagram

 

David Henryさん(@davidhenry_ifbbpro)がシェアした投稿

ベテランのデイビッド・ヘンリーは6位にランクイン。個人的に好きな選手で、もっと評価されてもいいと思うのですが…。

ーー選手コメント

「これまででベストなコンディションだった。後悔も疑問もない。ベストの自分になるために必要なことをした。まだまだ終わりじゃないよ。」

スコアシート

順位選手スコア
1フレックス・ルイス5
2デレック・ランスフォード10
3カマル・エルガーニ15
4アマッド・アシュカナーニ21
5ホセ・レイモンド24
6デイビッド・ヘンリー30

フレックス(5pt)が2位のデレック(10pt)に2倍のポイント差をつけての圧勝です。といっても、デレックと3位以下も5ポイント離れています。

4位のアマッド(21pt)とホセ(24pt)が、3ポイントの僅差だったようです。

筆者ひとりごと

結局、今回も最後までフレックスの圧勝でした。もちろん今でもすごい体をしていますが、オープンクラスへ挑戦となると、さすがの彼もやはりサイズをもう少し増やす必要があるでしょう。

ただ、そこは王者「フレックス・ルイス」。私たちの想像を超える体を作り上げ、また必ずオリンピアの舞台に帰ってくるはずです。さすがの彼も2年くらいはサイズアップに専念するのではないでしょうか。

低身長でもやれることは、2017年に3位に入ったウィリアムボナックが証明しています。天才フレックスならばやってくれるでしょう。オープンクラスでも優勝して、前代未聞の「オリンピア2階級制覇」に期待!

Mr.オリンピア2018の結果情報を総まとめ