>> 当サイトおすすめのサプリまとめ

HALEO「フェノム」効果レビュー:安全で確実なパンプは、さすがHALEO

日本最高級のサプリブランド、「HALEO(ハレオ)
サプリメント界の「Apple」のような存在だと私は認識しています。

そんなHALEOが開発したパンプ系サプリ「フェノム(PHENOM)」。公式ホームページでは表記の関係で「パンプをうながす」とは記載できないものの、トレーニーのあいだでは「パンプ感が強くなる」と人気のサプリです。

この記事では、フェノムをトレーニングで使ってみた体感を、細かくレビューしていきます。

HALEO「フェノム」を使った感想

HALEOフェノム

まずは、「どのように使ったか」について。

使用条件
  • トレーニング10分前にフェノムを6粒摂取
  • トレーニング中にBCAA(エクステンド15g)摂取
  • 試用期間:10日
  • すべての部位のトレーニングで使用

マニアックな人のために、成分表も。

成分(6粒)内容量
L-アルギニン(OCAA®)1250mg
L-シトルリン(OCAA®)500mg
L-オルニチン塩酸塩(OCAA®)250mg
フルーツ果皮エキス(Vinitrox™)500mg
ブドウ種子エキス150mg
ブラックジンジャーエキス150mg
バイオペリン®5mg

結論からいいます。

結論

  • 「あらゆるサプリで最高級」とは言わないまでも、確実なパンプが得られた
  • トレーニング後半までパンプが続いた
  • カフェインなど神経的な興奮をさせる成分を含まず、トレーニング後の疲労が少ない

なお、こういったパンプをうながすサプリのことを「NO系」や「パンプ系サプリ」と呼びますが、本記事では「パンプ系サプリ」に統一します。

さて、それではいよいよ、マニアックなレビューのはじまりです。

安全で確実なパンプ:

フェノムは国産で、パンプ系サプリにありがちな「ちょっと怖い」成分は入っていません。

さらに、HALEOブランドを展開する「ボディプラスインターナショナル社」は、安全基準テストを設けています。ドーピング試験に引っかかることはなく、アスリートは安心して使用できます。

ほとんどの人がドーピングチェックを受けることはないけれど、それでもサプリメントは口に入れるもの。安全とわかっているほうが気持ちよく飲めるものです。

トレーニングで使ってみた感想

以下は、フェノムを飲んで各部位のトレーニングをした率直な感想です。上半身はパンプを感じましたが、下半身はそうでもなかったかなーと。

背中:ケーブルローで効果が顕著に出た

  • シーテッドケーブルローをすると、背中の広い範囲でもっこりとパンプする感覚を得られた
  • 僧帽筋の下部あたり、いわゆるクリスマスツリーを作る部分も翌日は筋肉痛になった

個人的には、パンプ系サプリが効いたかどうかは、「翌日の筋肉痛の強さ」を判断基準にしています。

僧帽筋の中部や下部など、刺激を入れるのが難しい部位まで痛い筋肉痛になったので、その効果を感じました。

肩:重たいアップライトローでもパンプした

私は筋力アップが目的でアップライトローをしているので、レップ数は5〜6回がほとんど。通常、このくらいの低回数だと、あまりパンプは感じないもの。

ですが、フェノムを飲むと三角筋中部が強く張り、筋肉の中からモコっとする感覚が得られました。

胸:収縮系種目でとくに強いパンプ

大胸筋の下部をメインにトレーニング。ベンチプレスやダンベルフライをおこなったが、とくに強いパンプは感じず。

ですが、大胸筋下部狙いのケーブルクロスオーバーをしたところ、大胸筋の外側がいつもよりはるかに痛く収縮しました。

収縮系種目:ケーブルクロスオーバーやペックデックなど、大胸筋が縮んだ点でもっとも負荷がかかる種目。筋肉が強く張りやすい

脚:パンプはあまり感じない

脚のトレーニング時に関しては、パンプは感じたものの、いつもよりほんのすこし強い程度。背中や肩、胸ほどのパンプは得られず。

ただし、レッグエクステンションなど、収縮感が強い種目をそもそもしていません。あまりパンプを感じなかったのは、スクワットなどの筋力アップがメイン種目(1〜5レップほど)が多かったからかも。

8〜12レップあたりでトレーニングすれば、脚でもパンプが得られると思います。

トレーニング後半までパンプが続く

フェノムを飲んで気づいたのが、トレーニングの後半でもいつもよりパンプを感じること。

私のトレーニング時間は約60〜80分で、1回につき2つの部位をトレーニングします(肩と胸など)。
最初の30〜40分ほどでひとつの部位を終えて次の部位へ移るのですが、いつもよりパンプが残った感覚がありました。

でもこれ、もしかしたら、私がトレーニングの10分前にフェノムを摂取していたからなのかもしれません。20〜30分前に摂取すると、トレーニング開始直後あたりから良いパンプが得られそうです。

カフェインなし:頭痛がしない

フェノムにはカフェインが含まれていないため、頭が覚醒する感じがありません。

ほとんどのパンプ系サプリには「カフェイン」が含まれます。カフェインには集中力を高める効果がありますが、カフェインの質によっては、トレーニング中に頭が痛くなったり、トレーニング後に疲労が残ることも

これは好みで分かれるところでしょうが、私はどちらも好きです。

カフェインを含まないメリットとしては、「夜にフェノムを飲んでトレーニングしても、カフェインによる睡眠障害の心配がない」点があげられますね。

飲みやすい、持ち運びしやすい

フェノムは、丸い粒なので、喉をスルッと通ります。喉に引っかかる感じもなく、飲みやすい。

また、コンパクトなパッケージなので、カバンに入れてもスペースを取りません。仕事のカバンに入れたり、ジムの契約ロッカーに置いても邪魔にならないでしょう。

パンプの強さは「中程度」

あくまでも感覚的な指標ですが、「パンプ感の強さ」だけでいうなら、「ファイナルパンプNFA(ファインラボ社)」や「スーパーパンプマックス(ギャスパリニュートリション社)」のほうが強く感じます。

おそらく、これらのサプリには神経的な興奮をうながす「カフェイン」や「チロシン」が含まれるからなのかなと。これらで得られるパンプを100とするなら、フェノムは70〜80といったところ。

とはいえ、これだけのパンプが得られるなら十分だとも思います。

HALEO「フェノム」飲み方

HALEOフェノム成分

基本は6粒でOK

HALEOによると、1回の使用は6粒。180粒入りなので、30回分です。

サプリは薬品ではないため、メーカーは明確な摂取タイミングを指示できないのですが、トレーニング20〜30分前に摂取すれば大丈夫です。

タブレットが思っていたより飲みやすい

HALEOフェノム粒

今まで「パンプ系サプリ」といえば、パウダーを水に溶かして飲むのが一般的でした。

ですがフェノムは錠剤なので、水に溶かす必要がなく、トレーニング前にさっと飲むことができます。思っていたより摂取がラクでした。

粒数を増やすとパンプが少しだけ強くなる

試しに6粒から8粒にしてトレーニングしてみたら、パンプ感は多少強くなりました。ただ残念ながら、劇的に強くなるわけではなく…。もったいないので、普通に6粒の摂取でいいかと。

コスパ良く使いたいなら、特に効かせたい「弱点部位の日」に飲むといった使い方もおすすめです。

注意:水を飲むことを忘れずに!

パンプ系サプリを飲むときは、水分を多く摂取しましょう。そのほうが体感しやすくなります。

筋肉がパンプしている状態というのは「筋肉に水分が集まっている状態」。よって、体内に十分な水分がないと、パンプを感じにくいんですね。

トレーニング中は最低でも800ml〜1000mlの水を摂取しましょう。

HALEO「フェノム」はどんな人におすすめか?

HALEOフェノム2

私が思う、フェノムがオススメなのは次のような人。

  • パンプ系サプリはとりたいが、カフェインが苦手な人
  • 夜にトレーニングをする人
  • 仕事帰りにトレーニングをする人
  • 安全なパンプサプリを飲みたい

最終的に、フェノムは「総合的にハイレベルなパンプ系サプリ」、といった印象です。さすがHALEO、にくいねぇ。

パンプサプリにありがちな「クレイジーな成分」を使わず、中程度のパンプが得られるのは嬉しいポイントでした。

興味が湧いたら使ってみてくださいね。
あなたの感想も聞かせてください。購入は下記からどうぞ!

関連記事

「いや、私は強烈なパンプを味わいたいんだ」という方は、ファインラボの「ファイナルパンプNFA」をオススメします。ただし本当に強烈なのでご注意を。詳しくはレビューをどうぞ。

関連:ファイナルパンプNFA効果レビュー:痛いパンプを得るのにオススメ