Workout Hacker厳選 サプリ&筋トレグッズ

レビュー:フィットネス市場のトレーニングノート、かゆいところに手が届いてて好き

「フィットネス市場」がオリジナル販売しているトレーニングノートを10ヶ月ほど使用したのでレビューする。「かゆいところに手が届くトレーニングノート」で、トレーニング初心者から上級者まで、万人に向いた商品になっている。


迷わずトレーニング内容をメモできる

多くのことを記録できる

日時はもちろん、トレーニング部位、場所、時間、重量、レップ数など、いろんなことがフォーマット化されている。重量や回数を記録できるノートは多々あるが、インターバルまでメモできるノートはなかなか見ない。

メモできること:

  • 日時
  • 場所
  • 部位
  • 体重(体脂肪)
  • コンディション
  • 有酸素種目
  • 時間・レベル
  • 種目名、重量、レップ、インターバル
  • 食事・サプリメント

100均のノートなどに自由にメモをすると、乱雑に書いてしまいがちだ。どこに何をメモるかルールが定まっていないため、ムダに汚く書けてしまい、見直すときに読みづらい。

「ここにはこれを書く」とルール化されていることで、ムダな思考が発生せずトレーニングだけに向き合うことができる。

また、僕は各種目で5セットやることもあるため、5セットまで書く欄が用意されているのは絶妙にちょうどいい。

コメント欄が大きいのでたくさんメモれる

最大のメリットといってもいいかもしれない。トレーニングをしているなら、毎回の種目、セット、トレーニングに気づきや改善点があるはずだ。

僕の場合、セットを終えた後に「このフォームはダメだった」「この意識はダメだった」などと頭に浮かぶことが多い。コメント欄が大きいのでスペースを気にせず、気づきをガンガン書き込んでいけるのは嬉しい。

書きやすいリングノートタイプ

使い込んだため少しボロくなっている

リングノートなので開きっぱなしにできて、セットが終わっていちいちノートを開く手間が省ける。

外側が厚紙なので、片手で持ちながら書いても文字がブレにくいのも嬉しいポイントだ。トレーニング後に息が上がっている状況でも固定できる。ゴールドジムのトレーニングノートなど、厚紙が使われていないノートは書くときに安定せず、文字が汚くなりやすい。

写真のように、10ヶ月使い込んだにも関わらず原型をかなりとどめているのは厚紙の恩恵もあるだろう。

たっぷり書ける150日分

トレーニング150回分のページが用意されている。週に4日トレーニングをするなら、37.5週分ある。1月1日から始めたとすると、9月の半ばくらいまで使える計算になる。トレーニングノートとしては長い期間使える部類に入るだろう。

さいごに

実を言うと、このトレーニングノートの開発時にアドバイスをさせていただいた。といっても監修というほどではなく、ちょっと意見を出させてもらっただけだ。とはいえ、自分の意見が反映されたトレーニングノートが世に出るのは嬉しい。

トレーニングの記録を残すことは重要だ。「前回は100kgを10回できたから、今日は重量を増やそう」といった思考を逃さず、確実に前進できる。アプリでもノートでも好きなほうを使えばいいと思うが、記録をとっていない人はぜひ今日から始めてみてほしい。3ヶ月後、6ヶ月後の体の変化が大きく違ってくるだろう。