ビッグ3

BIG3(ビッグスリー)とは、トレーニング種目である、ベンチプレス/スクワット/デッドリフトを指した言葉です。
トレーニングをするうえで基本となる3大種目になり、この3つの重量を伸ばしていくことがトレーニングの基本的なスタンスになります。全身の筋肉を使いますので、スポーツや格闘技をやるうえでは避けては通れない種目です。

身体能力が向上する

ベンチプレス、スクワット、デッドリフトは全身の筋肉を連動させる種目です。つまり、体が筋肉を連動させることを覚えるので、結果的に身体能力が向上します。
また、どの種目においても正しいフォームでやれば腹筋は必ず使っているので、シックスパック(6個に割れた腹筋)を作るのにも役立ちます。

絶対に必要な種目か?

ただ、ボディビルダーに関しては「BIG3は必要ない」という考え方の人も多く、現代ではマシンが発達しているのでそちらを使用する方が効果的だという意見もあります。ボディビルのトレーニングの場合は、大胸筋なら大胸筋だけを発達させたくてトレーニングをするので、必ずしも全身の筋肉を動員しなくてもよいという考えです。

効くかどうかは人それぞれ

このビッグ3種目に共通することが、「ある程度の技術力も必要」ということです。
ベンチプレスはブリッジが重要になってきますし、スクワットは腹圧をかけることや重心の設定箇所が重要、デッドリフトも腹圧を使います。これはひたすら練習して自分なりのコツを掴んでいくしか方法はありません。
ただ、技術力が向上=それだけ効く=筋肉がつく、ということになりますので、やる価値は大いにありますし、実際有名なボディビルダーは嫌というほどこのビッグ3をやり込んだ人たちばかりです。

また、人間はそれぞれ骨格が異なり、主にベンチプレスで大胸筋を発達させたという人もいれば、主にマシンで発達させたという人もいます。ベンチプレスは苦手な人が多い種目ですが、苦手なら苦手でスパッと止めて、マシンの方が効くならマシンに切り替える、という潔さもたまには必要だったりします。
こちらはスクワット、デッドリフトにも共通して言えることです。

ちなみに私はスクワットはやりませんが脚はよく褒められるので、やはりボディビルにおいてBIG3はそこまで重要ではないのかなというのが現在の考えです(今後変わるかもしれません)。結局は人それぞれなので、自分に向かないとわかっても落ち込むことはありません。

当ブログの記事を「おもしろい」と思ったら、シェアしてもらえると嬉しいです。

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません