ボディビル日本チャンピオンも愛用!イノヴェイトシューズ(F-LITE 235 V2 MS)は筋トレマニアにおすすめ

スポンサーリンク

どうも、@workouthackerです。

タイトルのとおり、今回の記事は、「イノヴェイトシューズ(F-LITE 235 V2 MS)2017年モデル」の自腹レポートです。

日本のボディビルチャンピオン、「鈴木雅選手」も使っているということで、サプリメント・トレーニンググッズマニアの私の血が騒ぎました(ゴールドジムで割引で売られていたのもありましたが)。

結論からいうと、このイノヴェイトシューズ(F-LITE 235 V2 MS)、ボディメイクをする人なら絶対に使ったほうがいいです。特殊な加工で作られていて、トレーニングのフォームが抜群に安定します。よって、筋肉への「効き」がまったく変わるんです。

特に、フリーウェイトをよく使う人は、その「効き」に絶対に驚きます。これは断言してもいい。

熱を入れたレビューを書いたので、どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

イノヴェイトシューズはデサントが販売している

http://www.inov-8-jp.com/

イノヴェイトシューズ自体はイギリスの会社が作ったシューズですが、日本で販売元になっているのは、大手スポーツメーカーである「デサント」です。

デサントといえば、東証一部に上場している超大手企業。デサントと言われてピンとこなくても、

  • スキンズ(コンプレッションウェア)
  • アンブロ(サッカーやラグビーのブランド)

などのブランドを取り扱っていると聞けばわかるかもしれませんね。

スキンズはスポーツショップに置いてありますし、トレーニングをする人は聞いたことくらいはあるのではないでしょうか。

また、2010年バンクーバー冬季オリンピックで日本選手団が使用していた「水沢ダウン」を開発したのもデサントです。めちゃくちゃ暖かいので、6〜8万円もするのにバカ売れしているらしい・・・(私はユニクロで充分だ)。

水沢ダウン(ミズサワダウン) / INNER SURFACE TECHNOLOGY ACTIVE SHELL JACKET (ダウンシャツ ブルゾン) L ブラック

水沢ダウン

というわけで、そんな大手スポーツ企業が取り扱うくらいのシューズなので、品質としては安心できます。

というか使ってみて実感したけど、もうこのシューズなしでトレーニングはしたくないと思うほど気に入りました。こりゃマジでいい。

いつも言うことですが、私がレビューをする基準は、「自分が一定期間使ってみて、本当に良いと思ったもの」です。これをもうかれこれ3年くらい続けている。こんなに長く続けるとだんだん基準が高くなってしまって、あんまりホイホイとレビューを書けなくなってくる(笑)。

が、イノヴェイトシューズはその基準を大幅にクリアしてきました。

というわけで、WH(ワークアウトハッカー)恒例の開封から始めていくぜっ。

「イノヴェイトシューズ(F-LITE 235 V2 MS)」を開封するぜ

さて、それでは「イノヴェイトシューズ(F-LITE 235)2017年モデル」を開封していきますぜ。冒頭でも言ったとおり、ゴールドジムで10%引きセールをしていたので、すぐさま飛びつきました。

※おそらくすでにセールは終わっていると思います(2017年3月28日現在)。

シンプルなデザインでかっこいい感じ。

ドンっ!イノヴェイトシューズのお出ましです。

箱の内側には、「obsessed is a word the lazy use to describe the dedicated」と書かれています。日本語に直訳すると、「”(取り憑かれたように)ハマっている”というのは、怠け者がひたむきな人を表すのに使う言葉だ」みたいな感じになります。

ようするに、「外野の言うことは放っておけ」という意味です。いきなり深い言葉を放り込んでくるじゃねぇか、イノヴェイトさんよ・・・。

さて、シューズを箱から取り出しました。どんなトレーニングウェアにも合うように、ブラックをチョイスしました。かっちょええ。

ちなみに、私は足のサイズは26.5cmで、イノヴェイトシューズも26.5cmを買ったらちょうど良かったです。自分が普段買ってるサイズを選んでおけば間違いないかと。

かかとや靴底など、いたるところにイノヴェイトロゴが。

靴の裏はきめ細かく線が入っていて、これのおかげなのか、全然すべらないのでフォームがすごく安定します。

さて、実際にイノヴェイトシューズを履いてトレーニングした感想はどうだったか?を見ていきましょう。

イノヴェイトシューズを使ってトレーニングをした感想

ここからは、イノヴェイトシューズを履いてトレーニングをして感じた、率直な感想です。

フォームが安定するので筋肉に効かせやすくなる

何度も言いますが、「もうイノヴェイトシューズなしではトレーニングしたくない」、そんな体験ができました。というのもこのシューズ、

フォームがめちゃくちゃ安定するので、筋肉に刺激が入りやすくなる

のです。

たとえば、私がもっともこのシューズの凄さを体験したのは、スクワットデッドリフト。これらのエクササイズをしたことがある人はわかるかもしれませんが、スクワットとデッドリフトを上手くおこなうためには、下半身の安定が欠かせません。

というのも、下半身がブレブレだと、上半身が固定されず、筋肉に効かせようとしてもなかなか効かせられないからです。

スクワットで下半身がブレると、足というよりは腰に効いてしまう。デッドリフトも同じで、腰で引いてしまい、怪我の原因にもなります。スクワットやデッドリフトで筋肉に大きな刺激を与えるためには、重たい重量を使用しなければいけないため、下半身がブレやすくなってしまうんですよね。

それほど、「フォームの安定感」というのは、筋肉に効かせるためには大切なポイントなんです。

ほんで、イノヴェイトシューズがすんばらしい安定性をもたらしてくれたので、私はとてもハッピーな気分で今こうして記事を書いているわけでございます(笑)。

では、なぜイノヴェイトシューズを履くとフォームが安定するのか?それは、イノベイトシューズの特徴につながります。

【イノベイトシューズ特徴その1】
足が横にブレない

まず、「足幅がかなり狭い」という特徴があります。足幅が狭いので、普通のシューズとは違い、足が横にブレなくなります。

幅が狭いぶん、シューズを履く時に少し入れにくいですが、すぐに慣れます。

あと、カカトの部分もわりと固めに作られていて、それもまた良い安定性を生み出してくれるんですよ。うーん、憎いねぇ、イノヴェイト。

ちなみに、紐もしっかりと丈夫なもの使っているので、ちょっとやそっとじゃちぎれないと思います。

【イノベイトシューズ特徴その2】
裸足の感覚で地面をつかみやすい

「イノヴェイトシューズ(F-LITE 235)」では、つま先からカカトまでの高さが変わりません。イノヴェイトの言葉を借りると、高さが変わらないシューズを「ゼロドロップ」というらしい。

このゼロドロップによって、足と地面の距離が近くなり、地面をより”掴む”感覚が味わえます。地面との距離が近くなるぶん、ソールが薄くなるので、クッション性はあまりなくなるのですが。そのぶん、ホールド感が増すんですよ。

この「ホールド感」がとても大切で、ホールド感があることで、筋肉への効きも格段に変わってきます。

たとえば、ゼロドロップじゃないクッション性のあるシューズでレッグプレスをするとしましょう。この場合、レッグプレスでウェイトを押す時に、ウェイトが少しポヨンと浮く感覚があり、足とウェイトが離れる瞬間があるんですよね(めちゃくちゃマニアックだが笑)。

だけどイノヴェイトシューズだと、クッション性があまりないので、ウェイトと足がすごく近い。なので、筋トレの動作中は、足とウェイトがずっとくっつているような感覚があり、それによって、足に負荷が乗り続けます。つまり、負荷が抜けないので筋肉にかなり刺激を入れられるということです。

これは、イノヴェイトシューズを愛用している鈴木雅選手も雑誌で語っています。

「土踏まずが少しだけ高くなっていて、しっかりと母指球で踏んでいる感覚があります。軽量でソールも厚すぎず薄すぎず、つま先部分も広がりがあることで、足の隅々まで感覚が行き渡ります」

ー鈴木雅選手のコメント「アイアンマン 2017年4月P.32」よりー

【イノベイトシューズ特徴その3】
通気性が良い

イノベイトシューズの他の特徴として、通気性が良いのが嬉しいポイントです。

メッシュがつま先に使われていて、これが風通しを良くしているの要因なのでしょう。メッシュといえばなんかすぐに破けそうなイメージがありますが、高重量のスクワットやデッドリフトをしても全然へたれません。すげぇ。

通気性が良くて助かったことがあります。

私はゴールドジムの個人ロッカーを契約していて、そこにシューズや他のトレーニンググッズを入れているのですが、通気性の悪いシューズを入れていると、どうしてもロッカーが臭くなるんですよね(笑)。そして、それって汗が染み込んだシューズが原因だったりするんです。

だれも臭いシューズでトレーニングしたくはないですよね・・・。その点でも、イノヴェイトシューズは良いなぁと思います(これから臭くなるのかもしれないが・・・)。

私が実際に使ってみて感じたこと

具体的には、以下のようなことを体感しています。

  • スタンディングバーベルプレスが安定した
  • スクワットでしゃがみやすくなった
  • デッドリフトのとき、下半身が安定するので背中に効かせやすくなった
  • バーベルローイングも同じ
  • 靴底がすべりにくいので、ベンチプレスでしっかり踏ん張れる

クッション性があまりないので、ランニングやウォーキングといった有酸素運動をがっつりやりたい人にはあまり向いてないかも。私は有酸素運動とトレーニングは分けていて、有酸素運動をするときは「アルトラシューズ」という走っても疲れにくいシューズを履いています。

劣化もまだ少ない

こういったシューズのがっかりするところ第一位に、「すぐに壊れる」「すぐにヘタって使い物にならなくなる」といったものがあるんですよね。

ですが、これはガンガン使っているけどまだまだ全然ヘタレない。重たいデッドリフトやレッグプレスをしても平気です。安いシューズってほんとにすぐに壊れて履けなくなりますからね。

もう一足欲しかったのですが、買おうとしたときにはゴールドジムの割引セールが終わっていたので、次のセールを待つことにします(笑)。

パワーリフター向けのイノベイトシューズもある

イノベイトシューズは数多くの種類がありますが、その中でも、ワークアウトに特化したイノベイトシューズはふたつあります。

それは、今回紹介している「F-LITE 235」と、「FAST LIFT 370」と呼ばれるタイプのシューズです。

違いとしては、次のとおり。

  • 「F-LITE 235」→ボディメイクをしたい人向け
  • 「FAST LIFT 370」→パワーリフター向け

普通に筋トレをしている人は「F-LITE 235」を選んでおけばまず間違いないでしょう。私もF-LITE235を買ったし、大満足しています。こっちのほうはいわば、「筋肉に効かせることを目的としている人向け」って感じですかね。

FAST LIFTはパワーリフターやウェイトリフターなどの、競技者向けです。私は別に競技をしたいわけではないので、必要ありません。こちらは、筋肉には効かせるというより、「重量の重さを追求していきたい人向け」です。

イノベイトシューズがおすすめな人

イノヴェイトシューズF-LITE 235」がおすすめな人は、こんな感じの人たちかな。

  • スクワットやレッグプレスをより安定させて足に効かせたい人
  • デッドリフトを安定させたい人
  • がっつりトレーニングする人
  • ゼロドロップシューズを試してみたいけど失敗したくない人
  • ビブラムなどの5本指シューズを使っているが、5本指ソックスを履くのがめんどくさい人(笑)

私は以前、5本指シューズを履いていましたが、もうイノヴェイトシューズに切り替えました。5本指シューズも好きだけど、短気なので、5本指ソックスを履くのがイライラしてしまうんですよね(笑)。

おわりに

たかがシューズ、されどシューズ。

シューズが違うだけで、こんなに効きが違うのかと思いました。技術の進歩ってすごいですね。

2017年3月28日現在、Amazonだとなぜか普通の価格よりも高くて、25,000〜35,000円もするのですが、楽天は15,000円と適正価格で販売されてます。どうなってるんだろ?

トレーニング情報メディア「ワークアウトハッカー」の中の人です。最高月間PV90万。ボディビルコンテストに向けて減量中。プロフィール詳細はこちら

また、健康系のライターとしても活動中。ライティングや編集など、お仕事のご相談がありましたらお問い合わせ欄よりご連絡ください。お問い合わせ