海外プロテイン初心者はオプチマムのゴールドスタンダードを選んでおけば間違いないと思う

スポンサーリンク

こんにちは、ワークアウトハッカー(@workouthacker)です。

いつも同じプロテインばかり飲んでいると、飽きて他の味を飲みたくなりませんか?

普段は味なしのプロテイン(バルクスポーツのアイソプロ)をばかり飲んでいる私ですが、無性に海外のあま〜いプロテインを体が欲していたので、海外プロテインとしては定番の「オプチマムゴールドスタンダード」を飲みました。今回はそのレビューです。

実際、何度もオプチマムは飲んだ経験はありますが、長い間、味がないプロテインばかりを飲んできたので海外製プロテインの刺激が欲しくなったんですよね(後で後悔することになるのですが)。

純度の高いプロテインを使用しているのはもちろん、吸収のサポートをする消化酵素が2つも入っているのもかなり嬉しいポイントです(しかもオプチマムって、世界で1番プロテインを売っている会社なんですよ)。

ということでゴールドスタンダードプロテインのレビュー、はじまりはじまり~

提供:海外サプリ通販「サウスランドファーマシー」

スポンサーリンク

オプチマムプロテインが届いたところを激写

ということで、届きました。オプチマムのホエイプロテイン、ストロベリー味です。

どん!約2.2kgなので大きいです。

さて、さっそく飲んでみた感想といきましょう。

甘すぎる!でも質はさすがに高いオプチマムゴールドスタンダード

まず、偉そうに恐縮ですが、このブログはなんでも正直に言うことがポリシーなので、不満足だった点を話します。それは、

ストロベリー味、甘すぎるっ!

この1点だけ。

海外プロテイン慣れしている読者諸君においては、「いや、海外のプロテインなんて甘すぎるのがスタンダードでしょ」というツッコミを入れたくなるかもしれません(私もあなたの立場ならそうします)。

でも、私の過去記事を読んでもらえばわかると思いますが、私も相当数の海外製プロテインを飲んできています。

そんな中でも、ゴールドスタンダードのストロベリー味はかなり甘いほうだと感じましたね。

ですが、世界的に有名なトレーニングサイト「ボディビルディングドットコム」のプロテイン売上ランキングでは、1位を獲得するほどの大人気ぶりです。

それに日本人でもオプチマム好きな人はたくさんいるので、やっぱり風味に関しては個人の味覚によるんだと思います。

逆に、「プロテインは絶対に甘党派!」みたいな人にはうってつけのプロテインだといえますね。経験上、甘いプロテインが好きな人のほうが、薄味好きより多い気もするし。むしろ自分がマイノリティなのでしょう。

さて、味についてはこんな感じでした。不満足というか、単に自分に合わなかっただけですね。

ということで、次は良い点をみていきたいと思います。

3種類のプロテインが配合されている

オプチマムゴールドスタンダードには、以下の3つのプロテインが配合されています。

  1. ホエイプロテインアイソレート・・・タンパク質の純度が高い
  2. ホエイプロテインコンセントレート・・・一般的なプロテイン
  3. ホエイペプチド・・・消化スピードが早いプロテイン

アイソレートタイプは、タンパク質の純度が高いプロテインです。タンパク質の濃度はだいたい83%前後ってところ。

コンセントレートは一般的なプロテインで、タンパク質の濃度は約70〜73%が普通ですね。

ホエイペプチドは、簡単にいうと「半分消化されたプロテイン」で、その分消化が早くなっています。なのでトレーニング後など、栄養を素早く体に取り込みたいときなんかにはうってつけ。商品は違いますが、日本のボディビルチャンピオンの鈴木雅選手もホエイペプチドを飲んでいます。

3種類のプロテインがバランス良く含まれているって感じですね。

2つの消化酵素がタンパク質の吸収を良くしている

ゴールドスタンダードプロテインには2つの消化酵素が含まれていて、それがタンパク質の消化を良くしてくれています。

具体的には、「ラクターゼ」「アミノジェン」という消化酵素が含まれます。

よく、「牛乳を飲むとお腹がゴロゴロなる」という人がいますよね。それは、牛乳に含まれる乳糖という糖質が悪さをしているからなんです。で、「ラクターゼ」はその乳糖を分解してくれる成分のこと。

コンセントレートタイプのプロテインには乳糖ががっつり含まれているので、このラクターゼが活躍してくれます。

さて次に「アミノジェン」についてすが、これは以前書いた記事「オプチマムのハイドロホエイプロテインをレビューしました」でも説明したとおり。

この中でも特筆すべきは、アミノジェン®。これは特許取得済みの消化酵素ブレンドです。

簡単に言うと、「タンパク質」の吸収を劇的に高めてくれるものです。タンパク質をたくさん取るのもいいんですが、それが「吸収されないと意味がない」ってことで開発された酵素。

なんでもアメリカのサプリメント業界ではかなり革命的なものだったとか。BCAAの利用率は250%上がり、タンパク質の吸収が32%もアップしたという驚異的な数字が出ています。

むずかしいことを考えたくない人は、「とりあえずタンパク質の吸収をめちゃくちゃ高めてくれるものだんだな」ととらえておけば大丈夫です。

筋肉の回復を助ける「グルタミン」も配合している

「グルタミンの効果、飲み方、そして選ぶポイントはこれ 」の記事でも解説していますが、トレーニングをするならプロテインだけじゃなくてグルタミンも摂取したいところです。

  • 風邪をひきにくくなる
  • 疲れがとれやすくなる
  • 筋トレからの回復が早くなる

グルタミンは上記のような効果が得られるので、プロテインに配合されているのは便利です。自分でグルタミンを単体で買って混ぜる手間が省けるのでウレシイ。

さすがオプチマム、溶けやすい

以下の動画を見てもらえれば、その異常なまでの溶けやすさが伝わるかと思います。

海外プロテインって基本的に溶けやすいものが多いのですが、オプチマム系統のサプリメントは群を抜いて溶けやすい。ダマにならない。

というのも、だいたいのプロテインには、溶けやすくなる「乳化剤」という成分を配合されています。乳化剤は体に悪いという主張をする人もいるのですが、乳化剤なんて乳製品ならだいたい配合されている成分です。みんな大好き「プッチンプリン」にすら入ってます(笑)。

・・・

話がまとまらなくなったので次へいきましょう。

オプチマムの成分情報

成分内容は以下のとおりです。
(付属スプーン1杯30.4g)

  • エネルギー 120Kcal
  • タンパク質 24g
  • 脂質 1g
  • 炭水化物 3g
  • 糖分 1g
  • BCAA 5.5g
  • グルタミン 4g
  • ナトリウム 60mg

1杯で120kcalなので、高くもなく低くもなく、まさにスタンダードといった感じですね。

あと、BCAAが含まれていると書かれていますが、通常のプロテインなら入っていて当たり前。というのも、プロテイン(タンパク質)を分解していくとアミノ酸になり、そのうちの3つがBCAAと呼ばれる成分なのです。おそらくこれは多くのプロテイン会社がやっている「BCAAアピール」かと(笑)。

でも、やっぱり1杯にグルタミンが4gも入っているのはグルタミン好きな私にとっては嬉しいですね。筋トレ後のグルタミンは筋肉の回復にはマストですから。

どんな人におすすめか

オプチマムゴールドスタンダードは、こんな人たちにおすすめです。

  • 海外製のプロテインをはじめて試す人
  • 甘いプロテインが好きな人
  • タンパク質だけじゃなくて消化酵素も摂取したい人
  • プロテインを飲んでお腹がゴロゴロなってしまう人
  • ただの海外サプリ野郎
  • スティーブクックのファン(玄人ネタでごめん)

さて、これまでオプチマムゴールドスタンダードについて書いてきましたが、最後に「これだけは絶対にオススメしない摂取方法」をお教えしましょう。それは、

味付きのオートミールと混ぜること

です。

いや、というのもね、プロボディビルダーのウィリアムボナックがオートミールにプロテインをぶっかけて食べていたんですよ。

こんな感じで↓

海外ビルダー好きの私にとっては良いチャンスじゃないですか、パクるためのね(別に良くはないか)。

ということで、コストコで買ったフレーバー付きのオートミールと混ぜてみたんですよ。

Quaker クェーカー 52パック入り インスタントオートミール・フレーバーバラエティー [並行輸入品]

もう味すらも思い出したくないので、箇条書きで失礼しますね。

  • ピーチ味のオートミール+ストロベリー味のプロテイン=く◯ま◯い
  • ブルーベリー味のオートミール+ストロベリー味のプロテイン=く◯ま◯い
  • バナナ味のオートミール+ストロベリー味のプロテイン=く◯ま◯い

でした・・・。◯のところは自由に想像して文字を当てはめてみてください。

ということで良い子のみんなは、ぜってぇにマネしないでくれよな!

提供:海外サプリ通販「サウスランドファーマシー」