ミスターオリンピア2016の審査結果と写真を見ながら振り返る

スポンサーリンク

2016年のミスターオリンピアも終わり一段落ついたところで、オリンピア運営側が大会のスコアシート(結果表)を開示しました。

結果的に、各クラスの優勝者はほぼ圧勝といった形で終わっています。

スポンサーリンク

メンズフィジーククラス

メンズフィジークのスコアシートは以下の通りです。

1位は速報ニュース通り、ジェレミーブエンディアが3連覇をしました。他の競技は優勝者が圧勝していますが、メンズフィジークだけは超接戦だったようです。

順位でポイントを見ていくと(ポイントが低いほうが勝ち)、

5.Andre Ferguson(アンドレフェルグソン)・・・25pt

4.Brandon Hendrickson(ブランドンヘンドリクセン)・・・15pt

I can’t wait to train tomorrow..one goal in mind, being better??

Brandon Hendricksonさん(@ifbbbrvndonflexx)が投稿した写真 –

個人的には彼の馬鹿でかい大胸筋にとても憧れます。腹筋の形も素晴らしい。

3.Jeremy Potvin(ジェレミーポビン) ・・・13pt

Amazing shots captured by @gsoulgraphy

IFBB PRO Jeremy Potvinさん(@jeremypotvin_)が投稿した写真 –

ジェレミーブエンディアと兄弟?ぽいです(誰か教えてください)。このウェストの細さに対しての広背筋の広がりが尋常ではありませんね・・・。

2.Ryan Terry(ライアンテリー)・・・12pt

各海外メディアを見ていると、ライアンの評価が高く、ジェレミーブエンディアよりも良かったんじゃないか?という意見も。背中もバランスよく発達しているし、外腹斜筋あたりがものすごいことになっています。

1.Jeremy Buendia(ジェレミーブエンディア)・・・11pt


3位とは2ポイント差、2位とは1ポイント差で「圧勝」という形にはなりませんでしたが、やはり完成度がものすごく高い体をしています。Vシェイプというよりはもはや「Tシェイプ」。

そして今まで気づきませんでしたが、三頭筋がとても大きいですね。リラックスポーズでの二頭筋がここまで目立つのもさすが一流選手。

トップ3が超僅差ということで、メンズフィジークは来年がとても楽しみです。

クラシックフィジーククラス

2016年から開設されたクラシックフィジーククラス。メンズフィジークとボディビルの中間に位置するような部門で、パンツもメンズフィジークのサーフパンツとボディビルのブーメランパンツの中間くらいの長さです。でかすぎても、小さすぎてもいけなく、絞りすぎてもいけないわりと健康的なクラスです。


個人的にこの部門はこれから大流行すると予感しています。

5th Darrem Charles(ダレムチャールズ)・・・26pt

ダレムチャールズ選手のソロ写真がないのですが、右下の5番の彼です。大腿四頭筋にストリエーションが走っているあたり、さすがにレベルが高いですね。

4th Breon Ansley(ブロンアシュレイ)・・・19pt

4位の順位には本人も納得している様子。大腿四頭筋周りがえぐい・・・。

3rd Sadik Hadzovic(サディックハゾビック)・・・15pt

さて、2015年にはメンズフィジークに出場していた選手ですが、ミスターオリンピア以前の情報通り、クラシックフィジークに転向して出てきました。ジェレミーブエンディアに勝てないと思ったのか、それとも体をもっとボディビル寄りにしたかったのかわかりませんが、3位と上位に入り込んできました。

2nd Arash Rahbar(アラシュラーバー)・・・10pt

名前的におそらくアラブ系の選手。個人的にはノーマークの選手でしたが、すんばらしい肉体です。肩が大きく、腕も太い。足も内転筋が大きくて全身のバランスがとても良い。

見たところ若い選手ぽいんですが、来年がすごく楽しみですね。

1st Danny Hester (ダニーヘスター)・・・6pt

2位の10ptに対し、6ptと差をつけての優勝のダニーヘスター。ウェストがそこまで細くないのに優勝ということは、すべてのウェストが太いフィジーカーやビルダーに希望を与えた結果となりました。

フィジーク競技だとウェストの細さは審査の対象にもなりますからね。クラシックフィジークという名前はついていますが、やはりボディビル寄りの審査基準なのかもしれません。

いかんせん、この競技は新設されたばかりなので評価基準も曖昧で私自身もよくわかっていまえせん。

ただ、ダニーヘスターを見るとトータルバランスが非常に優れていてウェスト以外にウィークポイントが見当たりません。いわゆる「トータルパッケージ」が重要な要素になってくるのでしょう。審査まわりの事はこれからも継続して調査していきたいと思います。

来年のクラシックフィジークに期待です。ハゾビックもどこまで上がってくるか、どうなるか。

212クラス

さて、疑惑の212クラスです。アーノルドクラシックで優勝した山岸選手は6位という、おそらく誰も納得してない結果に終わりました。ネットを見ていると大荒れで、「なんで山岸が6位なんだ!」「ホセよりも良かっただろ!」という声が多数でした。
ポイントはこちら

順位的には、

5位 デイビッドヘンリー・・・24pt


1番左がデイビッドヘンリーです。今大会はめちゃくちゃコンディションが良かったデイビッドヘンリーですが、5位という結果に終わりました。本人はあまり納得がいっていない様子。個人的にもこのコンディションとセパレーションだったらもっと順位が上でも良かったのでは、という印象。

4位 エドワード(Eduardo Correa)・・・21pt

なんて読めばいいのかわからないのですが、ブラジルの選手です(写真左)。

3位 ホセレイモンド・・・15pt

1番右がホセレイモンド。ごりごりの体ですが、やはり少しセパレーションに欠けます。なぜ山岸選手が彼より下の順位なんだ・・・。悔しいなぁ。

2位 ハマッドアシュカナニ・・・11pt

写真中央が同選手。完全ノーマークだったハマッド選手。ビッグラミーといい、アラブ系選手が近年とても活躍しています。上半身は完璧だと思いますが、脚が課題かもしれません。それでも二頭筋のピークは素晴らしいですし、広背筋の広さにも注目です。来年が楽しみな選手。

1位 フレックスルイス・・・5pt

2位に6ptの差をつけて優勝。確かに大きさもセパレーションも素晴らしいですが、はっきり言ってなんでこんなコンディションで優勝できたか疑問です。勘違いのないように言うと、私はフレックスのファンですし、尊敬しています。確かに2015年は彼の圧勝だったと思います。

もとともそこまでヴァスキュラリティが出る選手ではありませんが、にしてもトップ5の選手の中で1番甘いコンディションでした。これで優勝なのか、と考えるとどうしても「政治的な匂い」を感じざるを得ません。実際、海外のコメントを見ていたら結構荒れてます。

来年こそはきっちり仕上げて欲しい。そしてそんなフレックスに山岸秀匡選手が勝って優勝して欲しい!

オープンボディビルクラス

結果はこちら。


トップ5の選手を見ていきたいと思います。

5位 ウィリアムボナック・・・49pt

A day after @mrolympiallc waking up as the top 5 best bb of the world #vennivettivecci ??_______________________________________________ 2 fans & haters whenever you think of me remember this: Never underestimate just how awesome you are? All Thanx & glory to the almighty” my GOD?? To my family my moms & dad my sister @evon.b My brother @jaymagic_ my sponser #teamusn , thanx to the IFBB federation the promotors and judges. Thanx to my bro @far_shahbazi from supllement store Almere!! To my supporters and hardcore fans my friends @bigal_lewis and @this_is_bodybuilding thank you for motivating the hell out of me. Thanx 2 My diehard trainingspartner @candrick29 & @rebeccaandrewsfilms for the road 2 Mr O documentaries and ofcourse my coach @neil_yoda_hill1 the best coach any athlete could ever wish for..my compagnon @jeffreysuijkerbuijk and my everything my eyeapple my son Jeshua Bonac..and ofcourse big Thanx & love to his mom Yvanka Augustinus?? ?? Powered by #teamusn #gaspclothing @flex_magazine With my coach @neil_yoda_hill1 my trainingspartner @candrick29 & compagnon @jeffreysuijkerbuijk #Ready4War?? @usnuk @usnkenya @usnsa @usnaus @usnfit @usniceland @usnfrance @officialgasp #Y3TDisciple #flexmagazine #O2gym #williambonac #arnoldclassic #aesthetics #ironaddicts #beastmode #instamuscle #mrolympia. #alleyesonme #inspire #thethunderfoundation #theconqueror #againstallodds

IFBB William The Conquerorさん(@william_bonac)が投稿した写真 –

黒人さんの特徴でもある、「丸々とした筋肉」を持っているウィリアムボナック。特に二頭筋の迫力はすごい。外側広筋の張り出しも素晴らしいし、コンディションも良い。やっぱり丸々とした筋肉はかっこいい。

4位 ビッグラミー・・・46pt

GM

Big Ramyさん(@big_ramy)が投稿した写真 –

今回かなり仕上げてきたビッグラミー。ステージ上での振る舞いにも非常に余裕があり、ポージングにも迫力がありました。去年は下半身がでかすぎて上半身とのバランスが良くなかったのですが、それも改善していきています。残念ながら3位以内には入りませんでしたが、来年は本当にどうなるかわかりません。

3位 デキスタージャクソン・・・30pt

I placed 3rd in the biggest stage in our sport last night. Do I think I should have won or placed higher? Of course! But placing 3rd at 47 is a blessing and I’m very happy! I know this was my best package ever and no matter what no one says or how I place.. I did my homework! I’m happy with my placing but you know me.. I always strive to be better Everytime I step on stage. I compete against myself and no one else. Thanks to all you!! Y’all are my amazing support system.. My fans!! You guys are what keeps me going. Thank you so much for every message you guys send to me. Sorry I let you down.. But I promise to continue bringing it and making you proud. Rumor has it.. I’m retiring.. Well I’m going on record right now and squashing that rumor. I have no intention on retiring anytime soon. I laughed my new website yesterday as well so check it out and be sure to subscribe because I will be releasing a lot of good content on there. Builtbyblade.com I LOVE YOU GUYS AND THANKS FOR RIDING WITH ME!

Dexter “The Blade” Jacksonさん(@mrolympia08)が投稿した写真 –


去年の2位から1つ順位が落ちて3位の結果になったデキスタージャクソン。トップ3にもなってくると体のクオリティがガラッと変わります。47歳でこんな体をキープできること自体が素晴らしい。

2位 ショーンローデン・・・25pt

ショーンローデン、惜しかった・・・。やはりウェストが細く、全身のバランスが最高に良いです。唯一の弱点は背中でしょうか。背中がもっと改善されたら来年こそはフィルヒースの牙城を崩してくれるはず!

優勝 フィルヒース(6連覇)・・・10pt

振り返ってみると、結局フィルヒースの圧勝でした。去年は少し甘かったのが今年はきっちりと仕上げてきています。ショーンに比べるとウェストは太いですが、それにしてもトータルパッケージで見ると最強ですね。

これで彼はミスターオリンピア6連覇。最高記録はリー・ヘイニーとロニー・コールマンの8連覇。フィルは10連覇を目標にしているそうなので、このまま毎年しっかりインプルーブして、きっちりと仕上げていけば10連覇は達成するんじゃないかなーという感じです。

まとめ

気がつくとこんなに長い記事になりました。来年も楽しみですが、今週末には韓国でのオリンピアGPが開催されます。そこに山岸選手も出場されるとのことで、パソコンにかじりつきながらこの週末を過ごすことになりそうです。

現場からは以上です。