「効いてるトレーニング」って何なの?具体例を動画で紹介

スポンサーリンク

fitness-818722_640

前回は初心者向けのトレーニング記事を書きました。今回はそれに引き続き、「効いているトレーニングはまさにこれ!」というものを紹介します。

「え?ボディビルダーみたいな体にはなりたくないんだけど、、」というあなた。

大丈夫です。そう簡単になれるものではありませんし、自分が理想とする体型に近づいてきたらトレーニングの強度を低くすればいいだけです。

ここで大切なのは、「トレーニングが上手な人をパクりまくって、とっとと理想の体を手に入れようぜ」という意気込みです。

すべての道は模倣からですよ。

スポンサーリンク

マネしたい「小松慎吾選手」のトレーニング

すごいですよ。このトレーニングは。

と、その前に、ボディビルダーの小松慎吾選手の戦績をご紹介します。

2013ジャパンオープンボディビル選手権大会優勝
2014日本クラス別ボディビル選手権大会80kg級優勝
2015日本クラス別ボディビル選手権大会80kg級2位

要約すると、日本でもトップクラスのボディビルダーです。

言葉を変えると、「筋肉を発達させるのがとても上手な人」です。そんな人がトレーニング動画を公開してくれてるんです。ありがたや!

この凄さは動画でしかわからないので、目を見開いてご覧ください。

ベンチプレス

チンニング(懸垂)

バーベルカール

見ましたか?

動作がめっちゃ丁寧

ですよね。これには最初見た時びっくりしました。見てるだけで「効いている」のがわかるんですもん。

「ボディメイクをするのに、1番大切なのは重量ではない」ということを証明してくれていますね。これは初心者に限らず、みんなマネすべし!

栄養について教えてくれている動画もあります。あなたが「もっと体を良くしたい」と思うのなら、くまなく見ることをオススメします。

アメリカのプロボディビルダー「ジェイカトラー」

今はもうコンテストに出ていないみたいですが、現役当時は4回もボディビル世界チャンピオンに輝いたプロのボディビルダーです。彼もプロボディビルダーにしては軽めの重量を使用することで有名です。

ジェイカトラー 胸と腕のトレーニング

1分24秒あたりのスミスマシンベンチプレスを見てください。「効いてる」のがわかります。

重量は100kgしか扱っていません(このレベルの選手で100kgは超軽い)

これはとことんマネしたいベンチプレスですね〜。やってみるとわかりますが、ここまで丁寧な動作で100kgを扱うのは相当凄いです。

現役引退後の動画ですが、さすがプロ。

ちなみに現役当時のジェイカトラーはこんな感じです。体がヤバ過ぎる(笑)

14:45秒くらいからのベンチプレスも必見です。

まるで「これが完全にコントロールしたベンチプレスじゃい!」というのを見せつけられているようですね。ひゃぁ〜。

おわりに

トレーニングはプロから学ぶのが1番早いです。筋トレ経験者でも、こんなに丁寧な動作をしている人はなかなか見ません。

「ウェイトは振り回すのでなく、コントロールするもの」

トレーニングが上手な人がよく言う言葉です。いつも頭の中に入れておきたいですね。

合わせて読みたい記事