【写真・動画】アーノルドクラシック(プロ)2015の結果を6位から紹介!ブランチウォーレン、デキスタージャクソン

スポンサーリンク

スクリーンショット 2015-03-14 15.09.14 (1)

アーノルドクラシック2015が終了し、各々の選手は9月のミスターオリンピアに向けて調整を始めたようです。
(今回212ポンドクラスで2位だった山岸選手にはぜひともミスターオリンピア212で優勝して欲しい!)

さてさて、今回はアーノルドクラシックのプロの結果を6位から写真とともに紹介していきます。
ここまで来ればもはや皆さんすごすぎて訳がわからないレベル。

元記事はこちら
Bodybuilding.com – Arnold Sports Weekend: Arnold Classic Report

スポンサーリンク

6位:ローリー ウィンクラー

スクリーンショット 2015-03-14 13.55.15 (1)6位はローリーウィンクラー。丸々とした筋肉が特徴的なオランダ出身ビルダー。

彼はジェネレーションアイアンの映画でも出演していました。信じられないかもしれませんが、彼のトレーナーはなんと60代そこそこのおばあちゃん(写真左)がやっています。

スクリーンショット 2015-03-14 14.22.06 (1)

元ビルダーだそうですが、女性(しかも高齢の)がアーノルドクラシック6位を育てたというのもすごい話で、さすが実力主義のアメリカはなんでもありなんだなと感じざるを得ませんでした。

元記事ではこう紹介されています。ポテンシャルの高さが評価されていますね。

もしローリーウィンクラーが良いコンディションを毎回キープできるとしたら、常に3位以内に入れる可能性がある。

トレーニング動画

ローリーウィンクラーの脚トレ動画を発見したので貼っておきます。

5位:エバン セントパーニ

スクリーンショット 2015-03-14 13.55.23 (1)美味しそうなパンの名前みたいなエバン・セントパーニ。肩だけでなく、全体的にめっちゃくちゃデカイです。さらに左右のバランスも良い。

元記事では

エバンは残念なことに、ハードさとフルネスが欠けていて、せっかくのサイズとシンメトリー(左右のバランス)が台無しになっている。

と評価されています。

トレーニング動画

彼の腕、肩、ふくらはぎのトレーニング動画を発見しました。トレーニングフォームがめっちゃくちゃ綺麗で丁寧です。初心者は彼のフォームをマネすると良いかも。

4位:セドリック マクミラン

スクリーンショット 2015-03-14 13.55.28 (1)バルク、全体のバランス、シンメトリーなどすべてが揃った選手。

ポージングもうまいですね〜。かっこいいです。ちなみにアーミーで働いているようです。
(こんなソルジャーに狙われたらすぐ土下座するわ)

元記事では

コンディションが良ければ常にトップ3に入れるもう一人の選手だ(ローリーウィンクラーと同じく)。

セドリックだけ結構コメントが短いのがちょっとかわいそう。

トレーニング動画

彼のトレーニング動画はあまり見当たりませんでしたが、脚トレを見つけました。レッグプレスを片足で斜めにしてやる(ブルガリアンスクワットのような)、方法を最近よく見ます。やってみよう。

3位:ジャスティン コンプトン

スクリーンショット 2015-03-14 13.55.34 (1)脚に関してはトップ3の中でも1番良かったのではないかと思います。

人の大殿筋はここまで肥大するものなのだろうか。そして若干顔がアントニオ猪木氏に見えるのは私だけだろうか。

元記事ではこう紹介されています。ミスターオリンピアにも期待ですね。

未来に期待できる選手。他は完璧なのだが、唯一、腹筋が緩んでしまっていた。それ以外はトップレベルで十分通用するレベル。

トレーニング動画

ひとつひとつの動作がとてもゆっくり、丁寧です。これはぜひ参考にしたいですね。

2位:ブランチ ウォーレン

スクリーンショット 2015-03-14 13.55.39 (1)2位はブランチウォーレン。ここ数年でもかなり良いほうの成績が出ました。

ブランチウォーレンはここ数年で最も良いコンディションだった。だが、デキスタージャクソンのベストを超えるには少し足りなかった。

アーノルドクラシック2015 フリーポーズ

迫力のあるサイドチェストは見もの。

ブランチウォーレンのトレーニング動画。けっこうブンブン振り回すタイプのトレーニング。
下手に彼の真似をするとケガの可能性がありますので、オススメできません。

1位:デキスター ジャクソン

スクリーンショット 2015-03-14 13.55.44 (1)完璧なプロポーションで優勝のデキスター・ジャクソン。

サイズ、全体のバランスなど飛び抜けて良かったと思います。

元記事では

デキスターは年を物ともせず、完璧なコンディションで5回目のアーノルドクラシックを獲った。オリンピアには挑戦しないかもしれないが、彼がもしこのサイズとシンメトリー(左右対称性)をもってしてオリンピアに挑戦するなら、5位以内には入れるだろう。

アーノルドクラシック2015 フリーポーズ

他の5人にはない、かっこよさがあります。

トップ3の比較動画です。

トレーニング動画

山岸選手にもついている、伝説のトレーナー”チャールズグラス”がデキスター・ジャクソンについています。
この動画では胸をトレーニング。

山岸選手のアーノルドクラシック直前トレーニングはこちら
アーノルドクラシック2015直前特集パート1!山岸秀匡選手がバキバキの体でトレーニング(胸)を公開してるよ!
アーノルドクラシック2015直前特集パート2!山岸秀匡選手のバキバキ背中トレーニング

編集後記

アーノルドクラシックも終わりましたので、これまで続いてきたアーノルドクラシック特集はひとまず終了します。

私が密かに応援していたBen Pakulskiが決勝に残らず残念…。
この人の筋トレ動画は教えるのが上手すぎて私としては参考になる&悔しいんですよ。

img_30781300119738足と肩がやばすぎて泣ける。
この人の特集も今度書く予定です。

次は9月のミスターオリンピアですね。
果たしてフィル・ヒースが5連覇するのか?カイグリーンがそれを阻止するのか?

特設サイトがすでに作られています。
日本もこんな風に盛り上がって欲しいなあ〜。

Mr. Olympia 2015

【オススメのボディビルドキュメンタリー映画】