知らなきゃヤバい!今すぐやめた方がいい間違ったトレーニング方法

スポンサーリンク

medium_7658298768

こんにちは、からだデザインラボ管理人です。トレーナーしてまっする。

今回は私が見た中で、「これは今すぐに止めてあげないとヤバい!」と思ったトレーニング方法を挙げてみます。

無意識でこれをやってる人は是非とも見直して、楽しいトレーニングライフをお送り下さい。

photo credit: CollegeDegrees360 via photopin cc

ダンベルをブンブン振り回すのはヤバい

まず初めに、この方法はテクニックとしては存在します。ただし、これはなかなか上級者向けの方法です。

例えばダンベルカールで二頭筋を鍛えるとしまショウ。

良くある光景が、

ダンベルを巻き上げようとして体を前後に振り回しすぎ、

自分の体幹が振り回されている人。

これじゃあダンベルにコントロールされちゃってます。

当然のことながら、二頭筋に効いてる感覚もない。

次の日に筋肉痛になるのは背筋や腰付近、前腕だったりします。

肝心の二頭筋はまったく無事。。

トレーニングというよりは、重いダンベルを扱っているという満足感、周りへの誇示です。

じゃあなぜ上級者はこれで効くのか?

これはシンプルに経験の差です。

上級者はそれまで何度もダンベルカールをしているので、筋肉と神経の連携が非常に良い。

ここまでくると、何をしても効く、という状態になります。

初めたての人は絶対にマネしてはいけません。

初めはゆっくり丁寧に、筋肉が伸び縮みする感覚を確かめながらやるようにしてください。

ダンベルカールなら、4~5kgくらいから始めましょう。

ただし、初心者よりも、トレーニングに慣れ始めてきた人に多い傾向があります。

だんだん扱える重さが増えるのは楽しいかもしれませんが、無理なフォームを続けていると高確率でケガにつながります。

関節を伸ばすのはヤバイ

もうちょっと突っ込んだ内容にしましょう。

筋トレで関節を伸ばす動きはあんまり必要ないです。負荷が筋肉から逃げて、関節を通るからです。

例えば、ベンチプレスをするとします。

めちゃくちゃ頑張って、腕をビシッと伸ばすと、刺激が大胸筋から肩と三頭筋にうつります

これはパートナーがいれば自分の胸を触ってもらいながらやってみるとわかりやすいかと。

腕を伸ばしきると、胸筋から負荷がすっと抜ける感覚がわかります。

マシンのチェストプレスでもそうなりますので、ぜひ一度確かめて見てください。

ただし、効かせるのが上手なトレーニーは伸ばしても効いているので、全員がそうとは限りません。

(ちなみにウェイトリフティングのベンチプレスは腕を伸ばすので、ここではボディビル的なデカイ大胸筋を手に入れたい人向けに書いています)

フォームが崩れているのに続けているのはヤバイ

これもよく見かけます。

フォームが崩れているのにも関わらず、レップを続けている人。

わざとフォームを崩して効かせているのならOKですが、そうでない方は見ててすぐわかります。

首が左右にブレブレだったり…

足がバタついてたり…

右だけ肩が下がっていたり、上がっていたり…

スクリーンショット 2014-11-17 22.30.13
(例えばこんな人)
Epic Bench Press Maneuver – YouTube

こうなると筋肉への刺激は少なくなり、、負荷は関節や腱に逃げ、、、

それが積もりに積もってケガをします。

あの超有名バスケ漫画の某先生も言っています。

「フォームが崩れたらそこでセット終了ですよ…」

IMG_3102

きっちりとしたフォームでおこないましょう。

終了後にプロテインを飲まないのはヤバイ

トレーニング後の30分以内にプロテインを飲むとタンパク質合成が多くなるという研究結果が出ています。

いわゆるゴールデンタイムと呼ばれるタイミングです。

簡単に言うと、トレーニング後はすぐにプロテインを飲め!!ってことですね。

食事でも良いですが、食事が消化されるまでには3〜4時間かかるのに対して、プロテインは1時間程度で吸収されます。

これがプロテインを飲んだほうが良いという理由です。

ちなみに現時点でのベストな方法はホエイペプチドなどの吸収の早いプロテインも混ぜて飲むことです。

コストは多少は高くつきますが、鈴木雅選手、佐藤貴規選手、木澤大祐選手など日本のトップ選手はゴールドジムのホエイペプチド アミノコンプレックスを飲んでいます。

実は、Amazonでの評価が最高ランクです。
ホエイペプチド

ちなみに味はヨーグルト風味で、好き嫌いはありますが私は全然アリ。ヨーグルトなのにサッパリとしています。私的には超ウマい部類。

ホエイペプチド2

ペプチドというのは、プロテインよりも分子が細かくて、アミノ酸と同等かもしくはそれ以上のスピードで吸収されます。

普通のプロテインとは違い、20gくらいの摂取で十分です。ちなみにこういったホエイペプチド商品はゴールドジムくらいしか出してません。資金力があるところは違いますね〜。

本気で体を良くしたいならば、一回は飲んでみることをオススメします。
GOLD’S GYM ホエイペプチド アミノコンプレックス

編集後記

フォームは本当に大切ですし、もっと言えばテンポも大切。

筋トレが上手い人は、フォームとテンポがものすごく一定です。安定感が抜群。

日本の選手だと、田代誠選手はフォームに全くブレがありません。ホントすごい…。尊敬です。

それでは楽しいトレーニングライフを。