参考にしたいフィル・ヒースの胸トレーニング

スポンサーリンク

phil-heath-with-resolution1383x1222

こんにちは、からだデザインラボ管理人です。今日は天気がいいのでこの後散歩にでも行こうと思います(^^)

さて、以前書いた「カイグリーンとトレーニングしよう」という記事が長い間案外人気なのでそれに乗っかって今度はフィル・ヒースで書いてみました。

フィル・ヒースは業界では「ギフト」と呼ばれ、筋肉の発達具合はまさに才能ありまくり。でもどんな天才も素質だけでは勝てないのがボディビル。どんなトレーニングをしてでかくなっているのか?今回は胸のトレーニングを見てみますが、基本的にはPOF法を用いているように見えます。

POF法とは、Position of Flexionの略で、ミドルレンジ種目/ストレッチ種目/収縮種目の3つをトレーニングメニューに入れて刺激を変えていく方法です。

日本でも鈴木雅選手や、ここ数年急上昇中の佐藤貴規選手も用いていますね。この考え方が最近では主流になりつつあります。

1)インクラインチェストプレス ハンマーストレングス

3セット×10−12レップ

最初はだいたいこれで始めることが多いとのこと。アメリカのボディビルダーすべてに共通していることですが、大胸筋上部にかなりフォーカスしてますね!

日本はどちらかと言うと中部や下部を意識的に鍛えている人が多い印象。

ちなみにレンジは意図的に狭くしているように見えます。筋力アップに重点を置いたトレーニング方法だと言えます。よって、ミドルレンジ種目。

2)ペックデック

大胸筋の横幅と、中央部の盛り上がりを狙った種目とのこと。ここでは十分にストレッチは効かせてはいるものの、やはり収縮重視でしているように見えます。よって収縮種目。

3)ダンベルインクラインプレス

インクラインなんだけど、実はフラットベンチプレスの要素も入っているのでこちらを優先しているとのこと。つまり、インクラインでも大胸筋中部は鍛えられるからこっちをやったほうがイイヨ、ということです。

これは本日はフルレンジでのムーブメントと言っているので、全範囲で筋肉を刺激しているように見えます。ただ、腕を上げる時に内側に絞っていく様子がないのでやはりミドルレンジ種目にも見えます。筋肉ありすぎてそう見えるだけかな?笑

4)ダンベルインクラインフライ

そしてさらにインクラインフライとな。これは横幅をつけるためのストレッチ種目。肩の柔軟性は相当なものですね。さすが元バスケットボール選手。

5)チェストプレスマシン

プレスしたときに内側に絞るタイプのチェストプレスマシンですね。これ、ホントにいいんですよね〜〜…。日本だとガチなボディビルジムか、ゴールドジムくらいにしか置いてないので貴重。ゴールドジムでも置いていないところがありますから…。ということで、このマシンは基本的には収縮重視のトレーニングです。

6)ケーブルクロスオーバー 上部狙い

上部を主に狙った種目だが、中部も使っているとのこと。腕を高くあげ、大胸筋の上部を最大限収縮するようにしています。あそこまで腕を上げれば相当な収縮感があるはず。

フィル・ヒースが飲んでいるプロテインは?

ちなみにフィル・ヒースが飲んでいるプロテインはコレ。

プロテイン マッスルテック社フェイズ8 ストロベリー味:2kg

プロテイン マッスルテック社フェイズ8 ストロベリー味:2kg

ヘビーユーザー必見
懐を気にせずガンガン飲めるので、こまめに摂って最速で筋肉増量へ。
アメリカでは常にサプリメントランキング上位に位置する超人気商品です!!

6種類の高品質プロテイン
1. 加水分解ホエイアイソレート(高速吸収)
2. ホエイアイソレート(高速吸収)
3. ホエイコンセントレート(高速吸収)
4. ミルクプロテイン・コンセントレート(長時間吸収)
5. カルシウム・カゼイン(長時間吸収)
6. ミセラー・カゼイン(長時間吸収)
参考:【CORE japan】

アメリカでは売れに売れている、8時間吸収型プロテイン。8480円なので、1gあたり4.24円

30g飲んだとして、約127円のコスト。こんなに高機能でも、日本の自販機コーヒーよりも安いという、、、。日本にもこんなプロテイン出来て欲しい限りです。

編集後記

6種目のうち、4種目が大胸筋上部を狙ったエクササイズ。日本だとフラットが多めになりがちですが、アメリカは上部がメイン。上部を鍛えると胸が全体的にデカく見えますし、胸元が開いたTシャツを着たときにかっこいいですね(^^)

ちなみに激しく追い込みたいけど、体力が続かないという人はカーボドリンクを飲んだ方がいいですよ。一番良いのはファイン・ラボのヴィターゴ。コスパを気にして品質も良いのがいいならグリコのCCD。どちらも間違いなし。うん。