山岸秀匡選手が語る、二頭筋・三頭筋を太くするオススメの種目・レップ数

スポンサーリンク

Hidetada Yamagishi biceps workout 3

だいぶ前にyoutubeで見つけた山岸秀匡プロのセミナー動画です。こういった情報公開がボディビルの業界は特に少ないので、かなり貴重。

まとめ

  • 前腕とカーフは遺伝的要素が強い部位だが、鍛えれば太くなる。
  • ケーブルを使ったリストカールがフルレンジでトレーニングできてオススメ。限界がきたらもう片方の手で補助に入る。20レップが目安
  • 絞った時に上腕筋が太いと、迫力が増す。リバースのプリーチャーカールがオススメ
  • 腕は強度を低く、頻度を高めるので週2回くらいがちょうどよい
  • 山岸プロは肘を痛めているため、15−20レップくらいでトレーニングしている
  • 20代の人は高強度低レップなどいろんなことを試そう

まとめ

  • 腕を太くするには、高重量でやる必要はない。10−20レップでパンプを目指す
  • ダンベルカールで重くすると、負荷が抜けてしまうので、ストリクトなフォームを心がける
  • オススメはワンアームのダンベルカール
  • 三頭筋は肘が痛いので、ケーブルプッシュダウンから入る
  • 腕が弱点だと思っている人は重量にこだわらない方がいい

編集後記

やはりプロのアドバイスは参考になりますね。二頭筋が苦手という人は案外多いはず。チーティングを使わないフォームで、10−20レップでパンプを目指すのが1番良い方法だということですね。