あまりにもかけ離れているアメリカと日本のトレーニング環境の違い

スポンサーリンク

96905377_8b32107779_z

スポンサーリンク

サプリメントの値段

例えばアメリカで2.5kgのプロテインだと4000〜6000円くらいで質の良い物を買えます。5kgという大容量サイズだとさらにお得です。
日本産のプロテイン2.5kgだと1万円は確実に超えます。中には安いものもありますが、アメリカのものと比べるとビタミンミネラルが入っていなかったり、水に溶けやすくする加工をしていなかったりします。
アメリカはさすがスポーツ大国なので品質へのチェックも厳しいし、市場競争率も高いので価格がバカ高くなるようなことはありません。私はヨーロッパにいたことがあるのですが、ヨーロッパでもアメリカの製品は安く買えました。日本で買うとやっぱり高くなってしまいますね。ただアメリカのは値段・品質は良いんですが、味が濃すぎて苦手です。

ジムの代金、大きさ、営業時間

私はゴールドジムさんに毎月10800円払っているのですが、アメリカではその何倍も大きくて24時間使えるジムが月2000円だったりします。いっても4000,5000円。2倍以上違うことになります。土地の安さ、通う人の多さが違うんでしょうが、さすがにこれは違いすぎでしょう。仮に日本で月2000円で良いジムが出来たらそれこそ皆通い始めると思います。それなら学生だって通えるし、トレーナーの需要も上がるんじゃないかな。
日本では「ジムに通う」ということ自体が若者にとってハードルが高い気がします。だって高いもん。あのトレーニングのメッカである、ゴールドジムでさえ年配の方が多いですからね。

ボディビルダーのオープンさ

アメリカの多くのプロボディビルダーはyoutubeで自分のトレーニングや摂取しているサプリメントを公開しています。

タダで。

さらにはトレーニングをしている一般人とプロボディビルダーがトレーニングをするという企画もたくさんあります。(親の協力もあり、英語を勉強させてもらえたのでその恩恵を受けれています)

さらに、アメリカではBodybuilding.comという有名なトレーニングサイトがあり、そこでは数多くのパーソナルトレーナーがトレーニングや栄養に関する記事を投稿しています。いわばパーソナルトレーナーたちが自分をアピールできるプラットフォームがあります。それを読めばトレーニング雑誌を読まずともすべて独学できます。すごいことですよね。

そこではあのアーノルドシュワルツネッガーがボディビル世界選手権を優勝するためにやったトレーニングをすべて公開しています。ちなみにトレーニングはすべて動画になっていて、筋肉を太くしたい場合はこのトレーニングプログラム、瞬発力をつけたい場合はこのトレーニングプログラム、というふうにプログラムも公開しているんですね。(ただめっちゃしんどいです笑)

Arnold Schwarzenegger on the day he received his American citizenship

これもタダです。

つまり、ボディビルダーやパーソナルトレーナーが一緒になってトレーニング市場を盛り上げているカタチができてるんですね。

そりゃレベルも上がるわ!

一方で、

日本ではそんなことはなく、日本でトップ10に入っているボディビルダーさんたちでトレーニングを無料で公開している方はいません。どうしてるかというと、DVDを出されています。そしてだいたい8000円〜、高いものは2万円くらいします。これもハードルが高いですね〜。トレーニングをしているとただでさえサプリメントにお金がかかるのに、これじゃあトレーニング好きの若手サラリーマンにはきつい…

完全にビジネスビジネスしてるんですね。それは需要との関係もあるので仕方がない部分もあるのかも知れません。プロとアマとの違いもあるでしょう。長年かけて掴んだ感覚は値段以上の価値があるのも理解できます。

別に批判しているわけではないのですが、アメリカの環境と比べるとどうしても違いが浮き出てしまいますね〜。でもここまで個人メディアの発信が影響力を持つようになっている時代で、自分のスキルや経験を公開しないのは絶対に損だと思うんですよね。絶対に自分のためになると思うんですよ。
こんなトップから程遠い奴がトレーニングブログやってるくらいですから(笑)

ただでさえ少なくて減少傾向のボディビル人口なのに、そうやってクローズにしてるとやっぱりパイは増えません。就活や恋愛もそうですが、まずは興味を持ってもらえるように努力するしか道はないと思います。気軽にでないとダメです。

本当は自分が日本でもトップに入るボディビルダーならそういったことをやろうと思うんですが、それをやるにはあと10年はかかりそうで…。だから今自分が持っているすべての知識をこのブログでシェアしようとしているわけで…。
パーソナルトレーナーが少しでも自分をPRできる場所を作ったろかなという野望はあるんですがね。今準備中です。これが出来たら絶対におもしろい。

ちなみに、アメリカではプロボディビルダーは一般人から尊敬の目で見られるそうです。
でも、日本では特異な目で見られます。この間プロテインを飲んでたら奥さんの友達に笑われましたよ。プロテインなんてプロスポーツ選手も飲んでるし、うまく使えばダイエットなんてカンタンにできるのにね。
ボディビルをしてると栄養学、解剖学など学ぶことがたくさんありますし、一般社会に貢献できるチャンスは多々あると思うんですがね…。

ここまでアメリカを褒めておいてなんですが、アメリカでもステロイドなどの問題はあります。アメリカにはプロボディビルダーのリーグ(薬物は暗黙の了解)と、ナチュラルボディビルダーのリーグがあるくらいですからね(笑)ここまで来たら笑けてきます。ただ世界選手権などの世界的な公式な大会ではステロイドユーザーは最近評価されなくなってきているそうです。

こう言うと悔しいんですが、やっぱり文化の違いが大きいんだなあ…。いつかアメリカでトレーニングがしてみたい…。