日本のトップビルダーたちの増量時の食事

スポンサーリンク

IRONMAN (アイアンマン) 2014年 02月号 [雑誌]

もうそろそろ大会のシーズンが始まるということで、減量を始めている方もいるかとは思いますが、まだまだバルクアップしてるよ!という方もいるはず。
でも、トレーニングを続けているのにも関わらず、なかなか増量がうまく進まない!というトレーニーは多いですよね?
そこで、偉人から学ぼう!ということで、日本のトップビルダーの方々が増量時に一体どんなものを食べて大きくなったのか?ということが良くわかるのがこれ↓↓

少し前のアイアンマンなのですが、鈴木雅選手、田代誠選手、合戸選手、佐藤選手、木澤選手、須江選手などなど、日本のトップビルダーの方々の食事についての特集があります。

鈴木雅選手は以前に1升近くお米を食べていたとか、、、

田代選手は主食はコンビニ食とか、、、

合戸選手の昔の欲しかった時期の写真ものっていたりして、当たり前ですが、チャンピオンも昔は細かったんだなと。

よく昔のボディビルダーは肉を何キロ食べた、とかいう話がありますが、経験上、日本人と外国人を比較したところで

手に入る食べ物、体質や体格などが全然違うので案外参考にならないことも多いんですよね。

私自信、増量しても82kg以上なかなか増えません。。。お米の量を増やそうにも、胃袋が小さいのですぐ満杯になっています。少食な方が多い日本人だと、共通の悩みだったりしますよね。

今回のアイアンマンでは、ジャガー佐藤こと佐藤貴規選手も特集されています。佐藤選手は少食だそうですが、色んなテクニックを使ってバルクアップに励んでいるようです。私が少食なので、非常に参考になりました。ありがとうございます。

そして増量=バルクアップということでもないですので、そこは自分で偉人たちから勉強させていただく他ありません。

DVDなども、やはり日本人は日本のトップビルダーから学べることが多いと思います。

こういった日本人がどういったバルクアップメニューをとっているのか、ということは本当にためになります。